「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ファイトカード

高田総統劇場

 高田総統が、ついに北の台地に姿を現した! 親衛隊を引き連れて登場した高田総統は、ガムをかみながら葉巻をふかせ、しばしブーイングを楽しむ。
「みんな、楽しんでるようだね?」
 ますます大きくなるブーイングに、高田総統は「喋っていいかな?」。自分でブーイングを要求しておきながら、全く身勝手である。
「せっかくの土曜日だというのに、何もする事がない札幌のしみったれたプロレスファンの諸君、ご機嫌いかがかな? 北海道といえば何にもないド田舎だ。観客もせいぜい牛か熊と思っていたら、何だよ! 人間が来てるじゃないか!」
 地元をバカにされた観客から一斉にブーイングが飛ぶが、高田総統は涼しい顔。「中途半端なブーイングだ。ガッカリだよ!」と吐き捨て、さらにブーイングが大きくなると「いま喋ってんだよ」とわがまま爆発。
「例えていうなら札幌の名所のひとつ、時計台に行って見たときのガッカリにも匹敵する! どうだ、いいこと言うだろう?」とてもご満悦な表情の高田総統!
「まあいい。挨拶が遅れた。キミたちにもしてあげよう。我こそが高田モンスター軍総統、高田だ! 今日は我がモンスター軍が勝利を収めたのは明白だ。したがって、明日のカード決定権はこの崇高な私が頂いた」
 そう、本日の対抗戦はモンスター軍がハッスル軍に4勝1敗で圧勝を収めたのである。これで試合前にGMが提案したとおり、明日の札幌大会はモンスター軍のマッチメイクとなるのだ。
「高田!…総統か。毎回毎回、下らない事をやりやがって。これがお前の哲学か?」川田の怒声が場内に響き渡る。
「おやおや、川田君。最近めっきりおしゃべりになったと思っていたら、トークの時間が長すぎる。ここは私の時間だ!」と川田をあざ笑うかのような高田総統。続けて、「我がモンスター軍の精鋭であるFUJIN…」と続けたところ、絶妙のタイミングでファンから「マリモ!」という声が。「マリモじゃない! どいつだ、いま言ったのは! 何を言おうとしたか忘れちゃったぞ、バカモノ!」と、やや動揺した高田総統。北海道のファンはなかなかパワフルだ。さらに総統が喋り続けようとすると、再び「マリモ!」の声。「いいから黙れ!」とさすがに高田総統も怒り出す。
「もう一度、最初から言うぞ。我がモンスター軍の精鋭中の精鋭であるFUIJINとRAIJINが、キミに興味を持っているようだが、どうかな?」と、川田に最強親衛隊との対戦を提案した。
「上等だよ、明日ここでやってやる!」即座に対戦を受けた川田。
「ただし、条件がある」と、引き受けさせておいてから条件を言う高田総統。「どうしても闘いたいのなら、キミのパートナーは石狩だ!」と、パートナーまで指名する。
 川田は客席を一瞥し、「石狩の親を前にして言いたくないが、こんな情けないヤツは嫌だ!」と、ハッキリ言ってしまった。よほど嫌だったのだろう。その言葉には強い拒否が感じられた。
「私もそう思う」と同意する高田総統に、石狩も面目丸つぶれだ。彼にとっては、最悪の地元凱旋試合となってしまった。高田総統は続ける。
「しかし、キミに拒否する権利はない。なぜなら、カードの決定権は私が持っているからだ」
 そこで、キャプテン・ハッスル小川直也がマイクを握った。「おい、高田! 新潟ではありがとう。この借りは必ず返す。お前の首を必ず獲ってやる! その前に明日、シングルでそこのコールマンとやらせろ!」と、コールマンへのリベンジ戦を要求。しかし、「断る!」と高田総統の返事は相変わらずつれなかった。
「キミは私の話を聞いていなかったのか? それとも鳥目に鳥頭か? 何度も言うが、明日のマッチメイク権は私が持っているんだぞ」と、ここで三度「マリモ!」との声。北海道のファンは、すっかりマリモ・ブラザースが気に入ったようだ。しかし、そんな郷土愛は高田総統には通用しない。
「マリモじゃない! ジャマをするな! どうしても闘いたいと言うのならチキン君、キミが負けたらモンスター軍に入れ! いまならあのインリンの靴磨きをさせてやるよ」と、驚愕の“小川、高田モンスター軍入り”を要求したのである。
 負けたら即、モンスター軍入りマッチ。あまりにも危険な条件だ。あの非常な高田総統の事、どんなに屈辱的な事をやらされるか分かったものではない。しかし、小川は…
「おう、負けたら何でもやってやるよ! 三等兵でもな。でも、よく聞けよ。いままでの俺じゃねぇぞ!」とまんまと術中にはめられてしまった。よほどの自信があるのだろうが、危険な賭けである。「明日、キッチリとコールマンを用意しとけ!」と小川。これにより、小川VSコールマン、川田&石狩VSRAIJIN&FUJINのビッグマッチ2試合が決定した事になる。
「チキン君、今日は随分と強気だな。怖くて冷や汗をかいてきたよ」ニヤリと笑う高田総統。
「我がモンスター軍の日本全国洗脳ツアーも、順調に進んできている。この札幌も私の手中に収まったようなものだ。したがって、今回は我がモンスター軍が締めさせてもらう。いいな!」と高田総統は有無を言わせない。そう、ハッスル軍のハッスルポーズは禁止、ビターンポーズとなる。
 島田二等兵が勝ち誇る。「いいかお前たち、ビッグニュースがある。インターネットでチキンの無様な姿を見たインリン様が、明日、この会場に来日するようだぞ」。それまでブーイングを浴びせていたファンから、一斉に「見たーい!」の声。「インリン様のM字ビターンを、生で見たくないのか!」との島田の問いかけに、さらに大きな「見たーい!」。すっかり北海道のファンもGM化しているようだ。
「立ちたまえ!」高田総統の命令に従うファンたち。これもインリン効果か? 「それではやりたまえ、3、2、1、ビターン!ビターン!!」
「バッドラック!」マントを翻して、去っていく高田総統。果たして、明日は他にどんな策略を練ってくるのだろうか?
 リング上でただその光景を見ているしかなかった小川と川田。小川は「今日は大変にお見苦しいところを見せてしまいました。みんな、ごめんな」とファンに詫びる。川田は「明日はみんなが盛り上がるように頑張るから、インリンとやらのM字ビターンに負けないハッスルを見せるから、また明日来てください!」と明日の“ハッスル”を誓った。
 深々と頭を下げ、バックステージに消えていった二人。ハッスル軍の二台巨頭が、暗闇のトンネルを抜ける日がやってくるのだろうか? 明日、全てを賭けた大勝負が行なわれる!

メインハッスル

5分40秒 投げっぱなしジャーマン→体固め

 控室に藤井軍鶏侍が駆け込んできて言った。「失礼します。出番です!」
 だが、小川も川田もリング衣装を着込んではいるもののスチール製の椅子に、それぞれ前屈みに腰掛たまま動かない。それを見た軍鶏侍は、「あのう、小川さん、川田さん」と不安げに言う。
 そして、ようやく、ひとつ、大きな溜め息をもらすと、小川が立ち上がった。黙ったまま、拳を突き出す小川。それを見て川田も、大きな溜め息をつくと、ようやく重い腰を上げて、その拳に自分の拳を合わせた。
「行きますか」と小さな声で言う川田。小川は「よし」と頷くと、2人で控室を後にした。完全に落ち込んでいる二人であった…。

閉じる いつものように乱打戦から試合が始まる。リング内外で、もつれあう4選手。リングに戻ると小川と川田は、2人でシルバの腕を取り、ロープに跳ばして攻撃を仕掛ける。よろめくシルバ。そして、また4選手は場外乱闘となる。
 しかし、そこには島田二等兵の姿が。川田を捕まえて離さない島田二等兵。リング上で孤立した小川はコールマンにやられて、実にアッサリと3カウントを取られてしまった。
 ロープ越しで川田は、汗を滴らせながらマイクを手に叫んだ。
「おい、高田!総統か。毎回毎回、汚いことやりやがって、なにが総統だ!」
 すると「プロレスに汚いもへったくれもあるか」と、ついにモンスター軍を引き連れて高田総統がリング上に登場した。


セミハッスル (ハードコア・マッチ)

11分53秒 人狼クロウ→体固め

生意気にも試合前のハードコアマッチの説明VTRに登場する島田二等兵。「札幌のみなさん、ドゥ・ザ・ハッスルしてますか?」と聞くが、観客席からは何のリアクションも起きない。島田二等兵が説明するには、今回もハードコアマッチは自転車から夕張メロン、新巻鮭まで凶器の使用は何でもOK! 出るか、北海道ならではの凶器攻撃!

閉じるゴングと同時に両軍入り乱れての大乱闘! 田中は人狼と、黒田はモンスター℃とそれぞれ因縁のある相手に突っかかっていく。金村はしょうがなく、ザ・ピラニアン・モンスターの最終形態“Ω”と組み合っていった。Ωに猛攻を加える金村、しかし観客席から飛んだ声援に「任しとけーーっ!」と応えてしまったところで、Ωにドロップキックの逆襲を受けてしまう。戦場は場外へ移っていった。
 真っ先に戻ってきたのは黒田と℃。しかし、北海道のお客さんはシャイなのか、お約束の“シー”“テツ”の掛け声がイマイチ。見かねた金村がリングに上がり、「コイツが蹴ったらシー、こいつが蹴ったらテツだ」とレクチャーする。それでもイマイチの盛り上がり。たまらず金村、「恥ずかしがらずに、もっと大きな声で!」と前代未聞のアピール。ここでようやく、北海道のお客さんにも伝わったようだ。
 だが、掛け声対決に勝ったのは℃。手で「C」を作ってアピールする。その隙を見逃さなかった黒田は場外へ降り、℃の足を掬ってコーナーポストに叩きつけていく。ここで黒田にとってショッキングな出来事が…せっかく大会前の『ハッスルの楽しみ方』のVTRでレクチャーしておいたのに、観客はすっかり忘れていて「もう一丁!」の掛け声が飛ばなかったのだ。「VTR見てないな!」と怒りを露にする黒田。その怒りを℃に向けて、リング上で足四の字固めだ。
 エルボーでカットしたのはΩ。両軍入り乱れての大乱闘に発展し、金村はその隙にリングサイドに机を設置する。机に寝かせられたのはΩ。まな板の上の鯉ならぬ、机の上のピラニアである。そこへ金村がコーナーポスト最上段からの、ダイビングボディプレス! 机はまっ二つに。もの凄い衝撃だったが、金村は余裕の表情だ。
 観客席になだれ込んでいた田中と人狼は、会場の最も高い客席部分まで辿り着いた。田中は観客に「落とせ」コールを煽り、手すりからΩを叩き落す。さすがHHH王者である。もう一方では、℃と黒田が殴り合いを展開して、両者ダウン。
 リングに戻ってきた人狼は、田中の痛めている右肩へエルボー、さらに鋭い牙で噛み付き攻撃。この後は1対1のテクニックを駆使した攻防が続いたが、田中が折れた机でΩの頭を直撃、机が粉々に吹っ飛んだのをきっかけに再び荒れていく。田中はお得意の白いギターを持ち出すも、空振り。それでもダブルのラリアットでΩと人狼を蹴散らす。金村は待ってましたとばかりに机へ向かって、人狼をエプロンから投げ捨てる。まっ二つになる机! 人狼は完全にダウンしてしまった。
 勢いに乗る金村は℃をリング上にセットした机に寝かせ、「田中、俺ごと投げろ!」。しかし、Ωにカットされてしまった。それでも戦況はハードコアのベテラン金村&田中&黒田が有利。このまま押し切るかと思われた矢先、思いもよらぬ出来事が!
 場内が急に暗転、狼の鳴き声とともに満月が会場内に浮かび上がったのだ! 同時に、それまでダウンしていた人狼が突如として復活。リングに上がると狼クローから田中を押さえ込み、あっという間に3カウントを奪ってしまったのである。
 おそるべき人狼。満月を封じなければ、こいつを倒す事は出来ないかもしれない。


第4ハッスル

9分5秒 ランニングエルボースマッシュ→片エビ固め

 記者会見でGM笹原が「新潟大会でインリン様は股関節脱臼で、歩くこともままならない状態となり、札幌大会には残念なことに出場できないと高田総統から連絡が入りました」と発表している。
 しかし、そこにインリン様が黒のボディコン姿で現れる。
「高田総統はチーク・ダンスが大好きなの。それからイタズラが大好きなの。そんな高田総統の言葉に騙されるなんて、GM、まだまだ甘いわ」と手にしていたムチを振るう。
「でも札幌には行かないわ」と言うインリン様に、なんと土下座をして頼み込むGM笹原。プライドはないのか!
「どうしてもボクが見たい、い、いや、札幌のみんなが見たいと思っています」
「それじゃあ、条件があるの。インラン試合を開催してもらうわ」と言うインリン様。
 インラン試合はどの試合になるのか! とても気になるところだ。
 それが終わると控室の光景が映し出された。そこには石狩と川田がいた。石狩が「なんで俺は、あんなバケモノとタッグを組まなきゃならないんですか。友達も大勢観にきてくれるっていうのに」と悩みまくる。
 それを傍らで見守っていた川田が、「おまえ何言ってるんだ。試合はお客様のためにやるんだよ」と石狩を励ます。
 それを聞いた石狩は、まさに目が覚めたように言った。
「川田さん、私が間違っていました。たとえ、ものすごいデブでも、ものすごいバケモノでも、むけりちゃんのような怪物でも、よく見ると鼻毛が飛び出てても」
 しかし、その背後にはEricaが立っていたではないか。「鼻毛だって!」と激昂して石狩に掴みかかるErica。そして必殺の裏拳が炸裂しようと腕を振るったその拳を、川田がガッチリと掴んでいた。
「Ericaちゃん。これは試合でつかいなさい」と言う川田。するとEricaはポーッとしてしまって乙女の恥らい。
「あらやだ、あたしったら。それじゃ、がんばりましょ」と尻込みする石狩を抱えるようにして控室を後にした。
 試合会場、花道からEricaと石狩が歩いてくる。石狩はコーナー・サイドのトップ・ロープに立つと、着ていたTシャツを脱いで観客に向けて放り投げた。しかしリング・サイドに座るお姉さんは、デジカメ片手に、あっちを向いたまま、ぼーっとしてた。お父さんは、思わず椅子をおりて正座している。お母さんは孫を抱いたまま複雑な表情。そして、にぎにぎしく試合は始まった。

閉じる アン・ジョー司令長官を前に身構えたEricaは、どういうわけか乙女の恥らい。あのピンクのまん丸巨体が前屈みに、その身を縮めてブリブリしてる。放送席の青木が、先の川田とのやり取りについて「あれは乙女ならばトキメいてしまうのも当然ですよね」とEricaの心境を解説。それを見たアン・ジョー司令長官は、思わず吐き気をもよおしてしまう。
 たまらず組み合わずにアン・ジョー司令長官はアリシンZにタッチ。リング上でEricaとアリシンZが睨みあう。するとEricaが「なに笑ってやがんだ」と言う。アリシンZは、吹きだしてしまって、プロレスにならない。
 何とか思い直して、アリシンZはEricaの腹を蹴り、自らロープに跳んでスモール・パッケージ・ホールドを仕掛ける。だが巨体のEricaは動じず、そのまま尻餅で圧殺されてしまうアリシンZ。それにしても全体的に組み合うシーンは少なく、アンニュイなトーク・バトルが何となく続いている。
 たまらず放送席の平塚が「これは何を争う競技なんでしょうか?」とさり気ない言葉を発する。
「石狩で生まれた鮭も帰ってくるんですから、カンバック太一!がんばれ!でも卵を持ってるわけじゃないんですが」とアナウンサーが言う。解説者の平塚は「もうパンパンですね」とわけの分からない面白いボケを返す。青木を含め、放送席の連携は絶妙で、とても素晴らしい。
 どうにか試合らしくなってきたと思った矢先に、実に呆気なく石狩がフォール負け。マイクを持ったアン・ジョー司令長官がEricaに向かって言う。
「ヘイ・ユー!ケモノ女、これでパートナーを失って、また1人ぼっちです」
 するとEricaは、もう1回やってやるぞと叫んだ。それを聞いたアン・ジョー司令長官は思わず「ごめんなさい。もうお腹いっぱいです」と謝ってしまった。ますます頭にきたEricaは「私とタッグを組みたいってヤツは、大勢いるんだよ!こんな弱っちょろいへタレじゃなくて、物凄い強いヤツを連れてくるからな!おぼえとけ!」と憤懣やるかたないという顔付きで花道を戻って行った。
 一方、石狩はリング・サイドにいる父親の胸に顔を埋めて泣いている。茫然とするお姉さん。孫を抱いたまま座っているお母さんは困惑の表情だった。


第3ハッスル

7分33秒 FUJINプレス→片エビ固め

 ハッスル9では、初登場の高田総統最強の親衛隊FUJIN&RAIJINの圧倒的パワーの前に、一敗地にまみれた崔が今回は兄貴分の“ハッスルあちち”こと大谷をパートナーにして再び挑む。
 控え室では崔が、木原二軍監督がRAIJIN&FUJINの襲撃に遭って入院してしまった事を大谷に報告。これを聞いて大谷のプロレス魂が燃え上がった!
「素人に手を出すなんて、プロレスラーの風上にもおけねえ! 崔、お前も新潟の借りを返してやれ! プロレスは心だ。ヤツラに心を教えてやれ!」
 真っ赤に燃え上がる大谷。握手を求められた崔だが、「あちちっ!」と熱くて握れない。「俺がハッスルあちちだーっ! 行くぞーーーーっ!」と宣言して控え室を飛び出していった。

閉じる ゴングと同時に突っかかるFUJIN&RAIJIN。モンスター軍最強のパワーを存分に発揮し、大谷をダブルのブレンバスターで追い込んでいく。FUJINはラリアット、アバランシュホールド。パワーがまるで違う。劣勢の大谷は観客に“あちちコール”を要求するが、FUJINのエルボードロップ三連発、RAIJINとのダブル攻撃にグロッギー。
 大谷はコーナーに叩きつけられるが、FUJINのラリアットをかわして後ろにいたRAIJINへニールキック! ここでやっと崔へのタッチに成功。
 崔は観客の“ジャン!”と掛け声とともに、キック、ドロップキックで二人を蹴散らす。すかさずカバーに行く崔だが、RAIJINは100?以上ある崔を軽々と跳ね除けてしまう。RAIJINは崔をリフトアップして、さらに上へ投げ捨てる。タッチを受けたFUJINがコーナーに飛び乗ってのラリアット。風のように軽やかに、スピーディーな攻撃を仕掛けるFUJINだが、ダイビング・ヘッドバットは自爆に。
 すかさず大谷がミサイルキック、コーナーへ押し込んで足を蹴り尻餅をつかせる。この体勢になれば、もちろんアレだ。観客を煽り、まだ寒い北海道を熱く盛り上げるハッスルあちち。そして、顔面ウォッシュ炸裂! 「もう一丁」コールを受けてロープへ飛んでの顔面ウオッシュを見舞うと、観客席からはさらに「もう一丁」コールが沸き起こる。火に油を注がれた大谷は、コールに応えてもう一度ロープへ飛んでの顔面ウオッシュだ!
 炎と風の闘い。大谷はFUJINにキックを見舞うが、FUJINはビクともしない。逆にFUJINのキック一発で大谷は吹っ飛ぶ。崔がフォローに入り、二人がかりで攻撃を加える。FUJINをロープへ飛ばしてクロスライン、ところがFUJINはそのクロスラインを断ち切り、ダブルのラリアットを見舞う。
 RAIJINにタッチ、崔を強烈なハイアングルのRAIJINボムを見舞い、完全にグロッギーとなった崔へFUJINがダイビング・ボディプレス! カウントは3!
 恐るべし高田総統の親衛隊FUJIN&RAIJIN。かつてのロード・ウォリアーズを髣髴させる、いやそれ以上の怪物たちである。誰がこいつらを止める事が出来るのか?
 フォールを奪われた崔は立ち上がる事も出来ず、ドクターチェックを受けている間も目がうつろ。とんでもない大ダメージを受けてしまった。


第2ハッスル (坂田亘・村浜武洋組 VS 高田モンスター軍)

5分25秒 ブレーンバスター→片エビ固め

 高田総統が「島田、アン・ジョーよ! たしか坂田というのは、モンスター軍に入りたがってたんじゃないのか?」と訊ねる。
 するとアン・ジョー司令長官が「あいつは村浜というヤツに会って気が変わっちまったんですよ。ホント、どこまでいってもノー・ビリーブなやつです」と呆れ顔で報告している。
 それを聞いた高田総統は「小さいだけのアホの坂田、それから村浜というやつを血祭りにあげてやる」と叫ぶ。そして高田総統は「この世のなかにモンスター軍以外は必要ない!」と豪語した。

閉じる いきなり村浜はバンパイアに襲われた。坂田はJと揉みあい、入り乱れる乱打戦のなかでゴングが鳴る。坂田は場外で、リング上に戻った村浜はバンパイアに押されている。
 続いてJのフット・スタンプ攻撃を受ける村浜。場内にJコールが響き渡る。蹂躙される村浜。だが、なんとか体制を立て直し、バンパイアを捕らえた村浜は、垂直落下式ブレーンバスターで3カウント勝利をもぎ取った。
 試合後、坂田はいつものようにマイクを手にする。「楽勝じゃねえか。俺は汗ひとつかいちゃいねえよ」と言う。そう、今回の試合は村浜任せで、ほとんど坂田は活躍していなかったのだ。そしてリング・サイドに目をやると「おい、そこの女、札幌の女にしては、いい女じゃねえか。何て店だ?」と言ったので場内は笑いに包まれた。
 しかし、そのリング・サイドの女性が本当に店の名前を言ったので、場内は爆笑。これは仕込みか、偶然か?
 そうして坂田のマイクを取った村浜が何を言うのかと注目していると、彼はリング・サイドに目を向けるて「おい、そこの女」と言い出して、場内の笑いを誘う。しかし、やっぱり、いきなりではムリなのか、すぐに「やっぱり、こういうことは坂田の兄貴に任せよう」と、それだけ言うと早々に2人はリングを後にした。


第1ハッスル

10分55秒 ボーイズ ビー アンビシャス固め

 御当地モンスター、マリモ・ブラザースが“マリオ・ブラザース”の曲に乗って登場。マリモを拾い、ピースサインを出して観客にかわいくアピールする。ここでマリモ・ブラザースは“マリモ”と“ルイーベ”の二人で構成されている事が判明。まるでどこかのゲームのような名前だ。

閉じる 先発はスパンキーとルイーベ。場内からは文字通り地元びいきか、マリモコールが起きる。これにピースサインで応えるマリモ。どこか憎めないモンスターたちである。このマリモたち、恐るべき技を持っていた。スパンキーが攻撃を加えようとすると、マリモのように丸まってしまい手も足も隠してしまうのだ。どうやらディフェンス技術だけは天下一品のようである。
 しかし、スパンキーのボディスラム二連発からのドロップキックをもらうと、場外へ退散。ここでマリモ・ブラザースは第二の必殺技を披露する。お互いに正面から肩を組み、クルクルと回り始めたのである。そのまま二人でリングイン。せっかくダメージを与えたのが、どっちか分からなくなってしまうのだ。
 この奇襲攻撃に戸惑うスパンキー。頭がパニック状態となり、“オーマイガッ”とばかりに頭を抱えてしまう。意外な精神的脆さを露呈してしまったスパンキーに代わり、カズがリングへ。宇宙遊泳のような空中殺法から、ジャンプしてのネックブリーカーで攻め立てる。続けてのバックドロップ。立ち直ったスパンキーが加わり、ダブルのブレンバスターだ。マリオ・ブラザースを追い込んでいく二人。
 場外へエスケープしたマリオ、再びあのクルクル・シャッフル攻撃で入れ替わる。またもパニック状態に陥ってしまうスパンキーは、“どっちだ?”とばかりに指を指すが、マリオ・ブラザースはダブルのピースでさらに惑わす。しかし、先ほどのダブルのブレンバスターをもらったダメージで、マリオが腰を押さえてしまいバレてしまった。
 闘いは再びリング上へ。マリモはアフロから凶器を取り出すと、スパンキーの急所を直撃。観客席から「日本人?」との疑問の声が飛ぶが、「違う、違う」と反応してしまう素直なマリモだ。
 マリモ・ブラザースの逆襲が始まる。さすが兄弟だけあって、息もピッタリの連係攻撃を次々と見せていく。マリモがスパンイーを押さえ込み、ルイーベがルイージのように左右のロープを高速で走ってドロップキック! 
 代わったカズがボディスラムから、「ハッスルするぞ!」の掛け声とともにリング内でのラ・ケプラーダを仕掛けるが、これは自爆。ロープに飛ばされるカズだが、スイングDDTで反撃する。カウントは2! スパンキーも加わって、マリモ・ブラザースをリング外へ落とし、ダブルのプランチャーだ!
 またも攻勢に立ったカズ&スパンキー。カズがサマーソルトプレスで追撃を仕掛けるが、これは自爆。そこへサマーソルト・ドロップをハイスピードで繰り出す、マリモ・ドロップが炸裂だ!ルイーベからタッチを受けたマリモも、マリモ・ドロップを繰り出していく。
 大きなダメージを受けたカズは、マリモの隙を突いて延髄斬り。スパンキーとのタッチに成功した。スパンキーはマリモのパンチをかわしてアトミックドロップからネックブリーカードロップのコンビネーション。
 大ピンチのマリモ。トドメとばかりにコーナーへ駆け上るスパンキーだったが、ここでコーナーに控えていたルイーベが持参したマリモをスパンキーに投げつける第三の必殺技だ。すっかり気を取られ、フィニッシュの機会を逃したスパンキーはコーナーのルイーベに詰め寄るが、その後ろからマリモがローリングしてのエビ固めだ。カウントは2.5!
 ここでカズが入り、必殺のコンビネーションが炸裂する。そう、キング・オブ・ザ・ワールドだ! 続いてカズ&スパンキーは、それぞれマリモとルイーベの両手をクロスさせて、さらにクロスさせた両足に挟むという“小包固め”を披露! 体の柔らかさが裏目に出て、完璧に丸められてしまったマリオ・ブラザースは文字通り手も足も出ず、ダブルでギブアップ。泣いて阿寒湖に帰るハメとなった。


笹原GMリングに登場

 場面は変わり、リング上へ。マイクを手にし、GM笹原登場。
「ここ札幌でハッスルを開催するのは、私たちの夢でした」と語り、観客の拍手を一身に受けている。そこに、またまた、いつものように「ちょっと待ってくださいよGM」と島田二等兵が登場だ。
「GM、相変らずカッコイイですよ。ナイス・ルッキング、ナイス・コスチューム、ナイス・シューズ!GMはホント、スリー・ナイスですよ」とGM笹原をおだてまくる。
「オイ!ちょっと待って」と、そこに中村カントク。中村カントクは観客に向かって「オイッスー!オイッスー!オイッスー!」と大声で挨拶。そして、いつものように島田二等兵と中村カントクはリング上で言い争いを始めた。
 それを見守っていたGM笹原は「神聖なリングの上ですから、みっともないことはやめて下さいよ」と2人を制す。しかし、それでも言い争いを止めない2人を前に、GM笹原は、ついに例のサングラスをかけて「シャラップ! アイアムGM!!」と叫び、リング中央で片膝をついてガッツ・ポーズを決めた。
 そして「おまえらは俺の言うことだけを聞いていればいいんだ!」と怒鳴り声を上げて、2人を黙らせた。今回の試合の対抗戦において、勝利した方に明日のマッチ・メイク権が与えられるのだと告げると、いよいよ試合が始まる。


オープニング劇場

 椅子に腰掛け、TVを観ている高田総統。その背景には『北の国から』のテーマ曲が流れている。しかし何も言わず、ただTV画面を見詰めている高田総統。もしや感動しているのか? そこにアン・ジョー司令長官と島田二等兵がやって来た。
 島田二等兵は「食った食った、もう食えないです」と自分の腹を撫で回している。するとアン・ジョー司令長官が「まだまだ、これからモンゴリアン・チョップでジンギスカンを食わなきゃなりまセーン」というコトを、相変らず英語ナマリの妙な日本語で島田を誘う。しかし島田、「モンゴリアンチョップは東京の店ですよ。ここは北海道です」と冷静な突っ込み。アン・ジョー司令長官は「それなら、日本で二番目においしいだるま屋にしますか」とあくまでもジンギスカンに拘る。
 しかし島田二等兵は、「食ったあとは揉む、ですよ」とイヤラシイ笑みを浮かべる。するとアン・ジョー司令長官も「ホントですね!ラブの町、ススキノですから」とニヤニヤ。
 そんな彼らのやり取りを傍らで聞いていた高田総統が「純…、蛍…」と呟く。「ソートウ、違いマース。ミーはアンでース」とアン・ジョー司令長官。
 そこで我に返った高田総統は、立ち上がると言った。
「何を言ってるんだ、おまえら!島田、アン・ジョー出撃の準備だ!!」と一喝。そして高田総統はTVカメラに向かってアジテーションを始めた。
「暇で暇で食べることと『水曜どーしょう』しか観ることができない札幌の諸君!」と北海道の人々を挑発。これから我々が北海道を制圧すると語った。
「イッツ・モンスタータイム・イン・サッポロ!」と叫び、いよいよ試合が開始されようとしていた。


石狩劇場

「ハッスル・ドリンク一気飲み」で石狩太一は、まさかの二連敗。石狩としては地元出身の大会で大失態だ。続いて新しいコーナー「白い恋人たち」では、真っ白な小麦粉に顔を突っ込んで飴を銜えるという典型的なゲーム。ここで石狩のお姉さんが登場。さらに石狩のお父さん、お母さんもリングに上がって「ハッスル!ハッスル!」のポーズ。まさに歴史的、記念的、そして感動的な一瞬だ。


黒田哲広からの諸注意