「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ファイトカード

高田総統劇場

 モンスター軍と共に乱入し、HGのマスクを剥ぎ取って勝ち誇る健想。そこで、小川のテーマ曲が鳴り響き、“キャプテン・ハッスル”小川直也とハッスル軍が救出に入る。モンスター軍をリングから蹴散らし、足を負傷している小川を他のハッスル軍のメンバーがカバーするという美しい場面も。しかし、ハッスル軍の救出劇は、やはりあの男の一声で幕を閉じた。
「おい、見苦しいぞ! STOP! ドントムーブだよ!」
 威風堂々のテーマ曲と共に、ステージに高田総統が登場だ。モンスター軍も花道からステージへ引き上げる。健想はモンスター軍の方へ行きつつも、微妙な距離を取った。
 場内には「そーとー、そーとー」のコールが響き渡り、しばし高田総統もそれに聞き入る。が、すぐに飽きて「おい、中途半端だよ! 気持ちよくも嬉しくも何ともないよ」と言い放った。
「さわやかな小春日和の休日にも関わらず、その下品極まりない腰フリを観て喜んでいる低レベルな下々の諸君! ごきげんいかがかな? よく聞け、横浜の諸君! ひとつ言っておこう。キミたちと同じ空気を吸っていると、バカがうつりそうだ! 今から私の有難い話を聞いて、少しはIQを上げる事だな」と、せっかく集まってくれたファンへ毒舌を吐く高田総統。「おっと、失礼。挨拶が遅れたな。我こそが高田モンスター軍総統・高田だ!」。
 そこへ割って入るのはキャプテン小川。
「おい! バカはおめえらだろ。毎回毎回、大人数で汚い手ばっか使いやがって。お前らの姑息な手は、もはやバレバレなんだよ! IQ上げなきゃいけないのは、お前らの方じゃねえのか?」
 すると総統、まるで初めて小川に気付いたように「おっ、チキンじゃないかよ! 久しぶりだな、おい! 足は大丈夫なのか?」となぜか気遣う。しかし、小川が「もうちょっとだ」と不満そうに答えると、「私は心配してやってんだよ!」と逆ギレだ。
 総統の小川いじりはまだまだ続く。「昨日、たまたま男祭りでのキミの試合を見させてもらったんだよ」と言うが、場内からはすかさず「遅いぞ!」との声が。総統は「私は忙しいんだよ!」と主張する。
「見させてもらったんだが、正直言って涙が止まらなかった……」としみじみ語る総統だが、次に続く言葉は「可笑しすぎてな!」。
「まあ、いい」と総統。「聞くところによると、キミは試合にも出ず茅ヶ崎の小川道場で、セコセコとマイク・パフォーマンスを練習をしているそうじゃないか! だからちょっとは、最近マイクが上手くなったんだな。しょっぱいプロレスの方も、それくらい上達してくれるといいんだがな」とプチ情報を明かす。
 ばらされたくない事を明かされた小川は、「うるせえ、この野郎! いいか、今年のハッスル軍は今までとは違うぞ。今年こそ絶対にお前をリングに上げて、直接この手でいたぶってやるからな!」と言い返す。
 するとそこへ川田が割り込む。「おいチキン! お前、そんな偉そうに言うんだったら、試合しろよ! 足がまだ痛いのか? お前、この前の後楽園ホールに松葉杖をついてきたのに、帰る時は松葉杖を忘れていったらしいな!」と、これまた強烈な情報をバラしてしまった。「真のキャプテンだったら、それくらい我慢して試合するだろ? そういうところがチキンだって言うんだよ!」と川田。
 その様子を見ていた総統は、「おい、モンスターK。あまりイジめてリング上でベソをかかれても困る。チキンは所詮はチキンのままなんだよ」と諌めるが、ふとステージの横を見ると「ところで、そこでボーッと突っ立っている男が一人いるな。甲斐性なしの健想くんか! お前はあの出たがりのバカ嫁と別れて、本当にモンスター軍に入ってこの私に命を捧げる事が出来るのか?」と問いかける。
 健想はなにやら喋ろうとするが、変な間が出来てしまった。
 するとそこで、HGがカットイン!「セイセイセイ! しょっぱいとはこの事ですね。そんな事よりも、このお話中にインサートさせてもらいます! 健想選手、あなた私を本気で怒らせましたね。ハードゲイの命であるサングラスを取るとは! いいですか〜、今度の名古屋では、私のマットプレイでぐっちょんぐっちょんにして差し上げますよ。マットプレイ、フー!」
 言われっぱなしの健想に、川田が助け舟を出す。「落ち着け、何か言いたい事はないのか?」。すると健想は開き直ったような表情で「言いたい事はありますよ〜。それはこっちのセリフだ腰振り野郎! 今日はこの辺で勘弁してやる」と、どこら辺なのかさっぱり分からない捨て台詞!
 HGは「私こそ、名古屋名物ういろうのようなあなたのイチモツを取り出して、金のしゃちほこのように反り返らせます! 放送事故、フー!」と、本当になったら放送禁止どころの騒ぎではない技を予告。
 いきりたつ健想を川田が再び諌める。
「落ち着け、健想。いいんだよ。俺はおまえの潜在能力を実は高く評価してるんだよ」と意外な発言。さらに川田は「その能力を発揮したいなら、まずはあのバカ嫁と別れろ! 慰謝料が必要なら負担してやる。ただし、モンスタードルでな。真の意味でのスーパースターになりたいのならば、あのバカ嫁と別れてモンスター軍に入り、総統に忠誠を誓うんだよ!」と健想をモンスター軍に本格勧誘だ。
 しかし、初代GMに負けず劣らず優柔不断な健想は「ちょっといいですか? それだと僕、今日家に帰れないですよ」と情けない!
 そのやりとりを黙って聞いていた総統が、ついに口を開いた。「健想君。じっくりと、かつ迅速に、そして正確に考えるんだぞ」と健想に付き合ってられないとばかりに話題を打ち切り、リングへ向き直った。今度の標的はHGである。
「腰振り! キミはハードゲイを装っているが、最近彼女が出来たそうじゃないか! いいのか? 経歴詐称で捕まるぞ」と、HGにとって今もっとも痛い話題を振ったのである。
 HGはうろたえながらも、「住谷君はノーマルな男子だから、彼女が出来て私も喜んでますよ。しかし、私はゴリゴリの男子が好きなんです」と苦しい言い訳だ。ちょっとしどろもどろになっていたのは気のせいだろうか…。
「しかし、あのネタを写真週刊誌にタレこんだのが私だったとしたらどうする?」と高田総統はニヤリ。
 HGは「今日はその話題が出ないと思っていましたよ! それよりも早く、私とTバックマッチ、なんならTフロントマッチでもしましょうよ!」と話題を摩り替える!
「おい、あまり脱線するなよ」と冷静な総統だが、「あなたが先に脱線したんでしょう!」ともっともなHG。
 高田総統は焦るHGを尻目に、「まあ、いいや。ここからよく聞け! 今日はハッスル軍の諸君と横浜の下々の諸君に素晴らしいものを見せよう。これだ!」と本題に入る。
 すると、『もののけ姫』の曲とともにインリン様が残した卵、“イン卵”が登場した。信じられないくらい大きく成長している。
「どうだ? ビビッたか、たじろいだか! 本当にたじろいだだろう!」と勝ち誇る高田総統。
「インリンが産み落とした、このイン卵は見てのとおり着実に成長を続けているんだ。近い将来、この中から、どんな生命体が現れるか? 私自身、楽しみにしている。その時は、ハッスル軍はもとより、日本のプロレス界は完全に壊滅するだろう!」と不気味な予告をし、「最後に、ハッスル軍よ! 以前よりは潰しがいが出てきたな。褒めてやる。次の後楽園ホール、そして名古屋ではこうはいかんぞ! 楽しみはあとに取っておく。それでは、またお会いしよう! バッドラックだ!」と高田総統はスモークの中に去っていった。
 そしてその後を、少し離れて健想も後からついてゆく……。
 リング上に取り残されたハッスル軍だが、大谷が口火を切る。「キャプテン! 今日の俺たち、なんか一致団結してない? みんなが揃って助けに来てくれて、すげえうれしかったよ」と熱い感動。
 小川は「HG! あちち! ハッスル軍はやっぱり最高だよな! そしてTAJIRI、さすがは世界のスーパースターだ! どっかの自称スーパースター、嫁さんがいなければただのデクの坊とは出来が違うぜ。そして、今年のハッスル軍は一致団結して、モンスター軍をぶっ潰すぞ! そして今年こそは、あの高田の野郎をリングに引きずりだして、化けの皮を剥がしてやる!」と改めて宣言した。
 大谷は本日のシメにHGを指名したが、HGは「今日はスクープの精神的ショックがありながら、私も頑張りましたけど、ぜひTAJIRIさん締めてもらいたいと思います!」と、その座をTAJIRIに譲った。
 するとTAJIRI、「皆さん、今日はありがとうございました」と普通の挨拶。あまりの普通さに場内はズッコける。
「実は僕、人前で話すのが苦手で恥ずかしいんです」と衝撃の告白だ。「僕、育ったのは熊本なんですけど、生まれはここ横浜で。プロレスが大好きで〜」と、人前で話すのが苦手な割にはぺらぺらと自分の経歴を喋り始めた。
「セイセイセイ! あなた、喋りすぎです」とすかさずツッコミを入れるHG。気を取り直して、ハッスル軍はHGが考案した新ハッスルポーズ「3、2、1、ハッスル! ハッスル!! フォー!!」を決め、大団円で幕を閉じた。

 鈴木家が独裁体制スタートを宣言したハッスル横浜大会だったが、モンスターKとのシングルマッチで健想があっけなく破れ、健想のハッスルエース化計画もあっさり頓挫。おまけに口約束とはいえ、試合前に“健想負けたらモンスター軍入り”を約束したため、健想は一気に窮地に立たされる形になった。試合後の言動を見る限り、優柔不断な健想がすんなりモンスター軍入りするとも思えないが……。どうする健想、どうなる鈴木家!?

メインハッスル

15分11秒 69ドライバー→体固め

「セイッ! セイッ! セイッ! セイッ!」ハッスル軍控え室では、HGが腰を振りながら腕立て伏せを続けている。そこに「HG、気合入ってるな」と声をかける大谷。HGもこの一戦にかける思いは強く、「あのPTA軍団のカチンコチンに固まった頭を、私の腰でグリグリほぐしてやりますよ!」とより一層腰を強く振った。そして今回からハッスル軍に加入したTAJIRIをHGに紹介する大谷。「今日はよろしくお願いします」と礼儀正しいTAJIRIに対し、「世界のスーパースターTAJIRIさん。あなたとタッグを組めて非常に興奮してます」と、HGはTAJIRIの体に腰をこすりつける。「TAJIRIは、WWEに太いパイプを持っているから、ハッスル軍のアメリカ遠征、絶対、実現させような」と大谷。「うらやましい。アメリカに極太バイブ、いやぶっといパイプをお持ちですか。アングロサクソンフー!」とますますテンションが上がるHGは、「ちびっ子に夢を与えるためにも、二丁目だけではなく、本場ニューヨークのゴリゴリの男子を経験する必要がありますよね。TAJIRIさん、試合が終わったらお願いしますよ」とTAJIRIと共に控え室を去っていった。
 激しい下ネタの連発に「こりゃ、PTAが怒るのも無理ないか?」と首をかしげる大谷。しかし「ま、いいよな。俺も子供の頃から下ネタ好きだったし。よっしゃ! 燃えてきたぞ、あちち!!!」と、下ネタ好きをカミングアウトし、HGを追いかけた。
 まずはモンスター軍が入場。腰フリ反対のボードを持った世のお母さん方を引き連れて、ザ・モンスターPTAが姿を現す。そしてリングを占拠すると「腰フリ断固反対」の垂れ幕を持って、「腰フリ止めろ!」と声をそろえる。そこに「何言ってんですか! 営業妨害ですよ」とHGが登場。何とHGコスプレの子供たちを多数引き連れて、「ハッスル、フー!」と決めポーズを取ると一気にリングへと駆け寄る。それでもリングから降りようとしないPTA軍団に対し、「お母さん方、空気読んでくださいよ。そもそも皆さんの子供たちは誰が腰を振って生まれてきたんですか?」と、ある意味ごもっともな突っ込み。「ご飯作ったんですか?」と真面目な突っ込みを入れるTAJIRIと共にPTA軍団を追い返した。リングに上がったHGは早速、腰フリ。大TAJIRIコールも巻き起こり、会場は完全にハッスル軍ムードだ。

閉じる 先発はアン・ジョー司令長官とTAJIRI。TAJIRIはアン・ジョー司令長官のパンチをガードして、強烈なキックを返す。アン・ジョー司令長官も負けじと強烈なバックキック。TAJIRIの腕を極めながら、投げを見舞うと、TAJIRIもすかさず投げ返す。一旦、距離が開くとアン・ジョー司令長官は力比べを要求。リング中央でガッチリと組み合うと、パワーで勝るのはアン・ジョー司令長官の方。するとTAJIRIはテクニックでこれに応戦、アン・ジョー司令長官の体を鮮やかに跳ね飛ばし、会場から拍手が起こる。一度、大谷と佐藤がリングに入り、互いに投げと蹴りの攻防を繰り広げると、ついにHGとPTAがリングに上がった。
 HGはPTAの目の前で激しく腰フリ。さらにPTAをヘッドロックして腰フリ、PTAの股を大きく開かせる屈辱の恥ずかし固めを極めるなど、真面目なPTAを下ネタ技で攻めたてる。リングインしたアン・ジョー司令長官を大谷がすかさずカット。HGがPTAを、大谷がアン・ジョー司令長官をコーナーに寝かせると、HGはPTAの顔面を股間でウォッシュ。大谷の顔面ウォッシュと競演し、会場を沸かせた。
 しかしPTAが看板でHGを殴りつけると形勢逆転。佐藤がHGの爆弾でもある腰にストンピングを見舞うと、アン・ジョー司令長官もHGの腰を踏み付け。弓矢固めでHGの腰を攻める。完全にHGの腰に照準を絞ったモンスター軍は3人がかりでHGをボコボコに。PTAの回転式バックブリーカーのサソリ固めによって、HGはロープブレイクするのがやっとだ。虫の息のHGを容赦なく攻めるモンスター軍。3人が合体攻撃を仕掛け、HGは立て続けにラリアットとボディプレスを受けて、もはや立っているのも辛そうな状態だ。HGにトドメを差そうと、PTAがコーナーポストへと駆け上がる。
 しかしここで大谷とTAJIRIが絶妙のカット。PTAが立ち上がった瞬間、ロープをゆすってダイブを阻止すると、復活したHGがPTAの顔を掴んで腰を振ると、起死回生の雪崩式フランケンシュタイナー。TAJIRIがアン・ジョー司令長官を捕まえると、HGもPTAを捕らえて今度はタランチュラの競演を果たす。そしてリング中央でHGがPTAに必殺の69ドライバー! それを阻止しようとするPTAだったが、もがくPTAにTAJIRIが毒霧を吹きかける。このアシストを受けたHGが、渾身の69ドライバーでPTAから3カウントを奪った。
 喜びに明け暮れるハッスル軍だったが、すぐにモンスター軍が乱入。HG、TAJIRI、大谷をボコボコにする。しかも健想があろうことかHGのマスクを剥ぐという暴挙に! 小川率いるハッスル軍が何とかHGを救出するも、ハッスル始まって以来、最大の屈辱を味わうこととなった。


セミハッスル

4分33秒 空中浩子チョップ→エビ固め

 2月のハッスル・ハウスで「ローカルレスラーの川田くん!」と大口を叩く健想に対し、
「お前のカミさんだって、ローカルのアナウンサーだったじゃねぇか」などマイクの応酬を繰り広げた川田。浩子GMによる健想エース化計画の一環として、無理やり組まれた感のある今夜の一戦に不満をぶちまけた。
「俺が勝ったら健想がモンスター軍入り、または浩子GM退任、もしくは健想のちょんまげを切ってバカ嫁の頭に乗せてバカ殿の格好をしろ!」と、試合を受ける代わりの条件を突きつけた。これら3つの内、どれかひとつの条件に応じられないならば試合のボイコットも辞さない構えである。
 その要求を受けた鈴木家は会見を開き、よせばいいのに健想は「もし負けたら付き人になりましょう。僕が負けるわけないでしょう! いいですよ! モンスター軍でも何でも入りましょう!」と川田の条件を呑み、浩子GMもこれに賛同した。
 川田に負けたらモンスター軍入り。健想の自信の根拠は一体何なのか? 待つのはハッスルのエースの座か? それともお家崩壊の一大事か? 一転して、鈴木家にとって大きなリスクを背負った一戦となった!!

閉じる 自信たっぷりの表情で入場する健想。いつものように四方のコーナーへ上り、筋肉美をアピールする。浩子GMはミニスカ風に着物の裾をたくしあげ、たすきをかけての“勝負服”で傍に寄り添う。
 川田がロープを跨ぐと、いきなり健想が掴みかかりコーナーへ押し付けてチョップの連打。しばらくは受けていた川田だったが、チョップの応酬からローキックを入れると形勢は一気に逆転。ならばと顔面かきむしりに出る健想に、ブーイングが飛ぶ。
 健想は川田の顔面へ何発も平手打ち。これにはダウンを喫した川田だったが、ローキックとミドルキックの乱れ打ちで逆襲、しかしその直後、健想にラリアットで反撃を許してしまう。
 すると浩子GMがリングイン! 抗議する川田へ白粉攻撃で目潰しすると、コーナー最上段からのDDTだ。このGM、やはり只者ではない。
 ここぞとばかりに攻める健想はダブル・ニードロップ、シャイニング・ウィザード、さらにSTFと猛攻を加え、川田は完全にダウン。しかし、健想が勝負を賭けたコーナー最上段からのダブル・ニードロップは自爆! 川田は救出に入った浩子GMの白粉を奪い取り、浩子GMへ大量にぶっ掛けてしまった!
 目の見えない浩子GMを抱え上げた川田は、そのまま健想に渡す。するとその体勢は、ちょうど健想が浩子GMにパワーボムを仕掛けるような形に。浩子GMの股間で目隠しをされた健想は、ウロウロとリング上をさ迷い歩く。浩子GMはこのまま間違って叩きつけられたら大変、とオロオロする。
 そこで川田は浩子GMの背中を押すようにして、健想を前に押し倒した! 健想は愛妻の股間に顔を覆われたまま、川田はそのまま健想をエビに丸め込んだ。ちょうど浩子GMがフォールしてしまうような形である。カウントは3! またも浩子GMの策が裏目に出て、健想は敗れてしまった。
 マイクを握った川田は「おい健想! 男だったら約束は守ってもらうぞ。モンスター軍に入ったら、俺の付き人からだな。この野郎!」と勝ち誇る。川田の矛先は浩子GMへと向かった。「おい、バカ嫁。確かに俺は芸者よりキャバクラ嬢の方が好きだとは言ったが、お前の生足が見たいなんて言ってないぞ、この野郎!」と、浩子GMの勝負服にケチをつける。
 ところが、浩子GMは「約束なんて守ることないわよ! 契約書は? 契約書は誰が交わしたの? 契約書がなければ守る必要なんてないのよ。無効、無効! さ、健ちゃん、帰ろ!」と開き直った! 確かにアメリカ社会は契約書が全てである。言い分は間違っていないのだが…。ちょっとやり方が汚い。
 すると川田、放心状態の健想に「お前も男なら、わかってんな健想! コイツとしっかり話つけて、キレイな身体でこっちに来いよ。ほらっ!」とモンスター軍Tシャツを投げつける。
 川田が去った後、ダメージと敗戦のショックで落ち込む健想の手を引っ張り、退場する浩子GM。しかし、健想の手にはなぜかモンスター軍Tシャツがしっかりと握られていた……。


第4ハッスル ハッスルスーパータッグ選手権試合〜坂田組が負けたら青木裕子が即その場で水着マッチ〜

10分56秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め

 青木裕子の水着を賭けて、ハッスルスーパータッグ戦に挑むこととなった坂田&崔。花道に姿を現した坂田軍団、坂田は青木の肩を抱きながらのリングへ上がった。対する天龍&安田組は余裕の表情。安田はベルトを坂田組に見せびらかせるのであった。試合前からヒートアップする両軍。リングアナのコールを待たずに両軍が襲い掛かり、慌ててゴングが鳴らされた。

閉じる 試合はいきなり天龍と坂田のマッチアップでスタート。キックとパンチで攻める坂田だったが、天龍は強烈な逆水平で形勢逆転する。
 そして安田と崔がリングイン。安田はTシャツで首を絞めるなど、反則攻撃で崔を攻め込む。しかし崔も得意の関節技で応戦。坂田へタッチすると、坂田は安田を罵倒しながらパンチとキックを叩き込み、コーナーの天龍を挑発する。
 これにキレた天龍は坂田を場外に落として逆水平の連打とブレーンバスターを見舞う。天龍は坂田を無理やりリングに戻すと、安田はダメージのある坂田の顔面を踏み付け。リングに戻った天龍も逆水平、ラリアット、コブラツイストと坂田を攻め立て、安田のアシストを受けてトップロープからダイビングエルボー。フラフラの坂田を安田がタイガードライバーで投げ飛ばす。カットに入った崔をショルダーアタックで吹っ飛ばした安田は、勝ちを確信したのか、青木のグラビアポスターを手に取り、青木を追いかけ回すという、セクハラまがいの行為に走る。
 安田に強烈な張り手をかまし、崔にタッチした坂田。しかしリングインした崔も天龍の逆水平をくらい、53歳! 坂田のカットで3カウントは免れた崔だったが、天龍のグーパンチからのボストンクラブでギブアップ寸前まで追い込まれる。さらに場外では安田が坂田を押さえ込みカットを阻止している。
 坂田軍団にとっては絶体絶命のピンチだったが、それを救出したのは何と青木。安田に強烈な蹴りをかまし、その隙をついた坂田が崔を救出する。安田のボディプレスとダブルアームスープレックスを受けた崔。これを根性で返すと、安田の蹴り足をとってドラゴンスクリュー。すかさず坂田と二人がかりで安田にブレーンバスターを決めると、坂田がトラースキックで天龍を迎撃。崔が安田をジャーマンで投げ捨て、崔が天龍の動きを封じている間に、坂田が安田に必殺のフットスタンプを決めて、安田から3カウントを奪い、見事な逆転勝ちを収めた。
 
 悲願だったハッスルスーパータッグのベルトを巻いた坂田は「俺様がハッスルスーパータッグチャンピオンの坂田亘だ! 老いぼれ! 思い知ったか!」と天龍を挑発。すると逆上した天龍が坂田に襲い掛かる。若手レスラーに分けられ、何とかその場は収まったものの、坂田と天龍の舌戦は止まらない。天龍が「でかい口叩くな」と言えば、「お前はベルトよりもコルセットがお似合い」と坂田。すると天龍は「おい、アホの坂田! お前、調子乗っているけど、名古屋でシングルでやってやるよ!」と、坂田とのシングルマッチをぶちあける! これに対し、「やってやるよ」と坂田も天龍の申し入れを受け入れた。
「おい、オッパイ星人! お前の彼女、誰だっけ? ひとつだけ教えてやるよ。お前の彼女や、そこにいる姉ちゃんの方が、お前よりも胸囲ある。練習してこい、コノヤロー!」と履き捨てる天龍。坂田も「言ったな、この天パー!」と言い返し、互いに一歩も引かない。このままでは埒が空かないと感じたのか、天龍は坂田に睨みを効かせて、リングを降りた。
 リングに残った坂田は「裕子、俺がチャンピオンだ。だから、余計な心配しなくていいって言っただろ。お前が水着になるのは俺の前だけでいいんだよ。これからも俺についてこい!」と、青木に声をかける。すると青木も「私、坂田さんを信じて付いていこうと思います! よろしくお願いします!」と坂田軍団入りを正式に表明。「おし! それでこそ、坂田軍のマネージャーだ! 必ず俺がおまえを陽の当たる場所に導いてやるからな。リョウジ! これから3人で祝勝会だ! 呑み行くぞ!」と、坂田は青木、崔を引き連れて、悠々とリングを去っていった。


第3ハッスル

10分52秒 3D→体固め

 2月のハッスル・ハウスで浩子GMが、「ある選手の参戦を決定いたしました。元WWEスーパースターズ、そしてワタクシの元・同僚チーム3D!!」と3月シリーズへの参戦を発表したチーム3D。
 ハッスルを世界のエンターテインメントに育て上げると公言した、浩子GMによるハッスル構造改革。ハッスル軍、モンスター軍の座組みにとらわれない大胆な規制緩和政策として、元WWE世界最強タッグコンビ、ババ・レイとディーボンのチーム3Dを招聘したのだ。
 そんな外敵を迎えうつべく立ち上がったのが、金村&田中のハッスル軍が誇る日本最強ハードコアチームだ。
 これまでハッスルのハードコア部門を最前線で守ってきたこの2人。モンスター軍が送り出す、数多くのニューモンスターも迎撃してきたいわば“ハッスルの門番”である。
 浩子GMによる聖域なき構造改革は、ハッスルハードコア部門にもメスを入れた! 世界中が注目する世界規模のハードコアマッチ、いよいよ開戦である!

閉じる ブリブラダンスには電撃ネットワークの南部虎弾も参加! 場内は大盛り上がりだ。さらに南部はブリーフ一丁になっておでこにペットボトルをつけ、金村と田中のコップにお茶を注ぐ大サービス。
 先に襲い掛かったのはハッスル・ハードコア軍。まずはババ・レイと田中による攻防が繰り広げられる。田中は勢いよくロープへ飛んだが、ババ・レイのジャーマンでぶん投げられてしまった。救出に入った金村もろともダブルのショルダーアタックで蹴散らすババ・レイ。
 ディーボンが出て来ると田中は金村にタッチ、金村は凄まじい張り切りぶりを見せるが、あっさりとショルダーアタックで逆転されてしまった。
 戦場はさっそく場外へ。ディーボンは金村を壁に叩きつける。一方、パンチで奮戦していた田中であったが、ステージまで連れて行かれて堅い床へのブレンバスターを喰らってしまった。田中はステージの端まで走っていって、大きな助走をつけてのラリアットを繰り出そうとしたが、ビッグブーツであっさりと返されてしまう。
 リング上はディーボンと金村。パンチ合戦はティーボンが優勢。するとそこへ、ババ・レイがついにトレードマークである机をリング上に投げ入れた! バケツも取り出し、田中と金村にそれぞれお見舞い。しかも、ゴルフクラブを取り出して、金村の腹へ一撃を加える! ババ・レイは竹刀も持ち出して金村と田中を滅多打ち。まさにやりたい放題、何でもありの傍若無人チーム3D!
 次に捕まったのは田中だ。机に叩きつけられ、イスでの一撃! 座る部分が吹っ飛ぶほど強烈な一撃だったが、田中は根性でイス三つ分堪えてエルボーで逆襲だ。そしてチーム3DにダブルのDDT。
 ここで金村が復活、二人をエルボーで蹴散らし、ロープに飛び乗ってのムーンサルトプレス。二人でチーム3DにDDTをお見舞いする。そして出ました、白いギターでディーボンへ一撃! 金村はコーナー最上段からのギロチンドロップ、田中もスーパーフライと猛攻を加える。
 が、ハッスル軍の優勢はここまでだった。ババ・レイがダブルのラリアットで逆襲し、田中に股を開かせて股間にダイビング・ヘッドバットの大技“ワザップ”だ。すると二人は、流暢な発音で「ハッスル! ハッスル!!」。腰もバッチリ入っていい感じ!
 チーム3Dは最後の仕上げとばかりに田中を抱え挙げると、コーナー最上段から机に向かってパワーボム! 救出に入った金村をババ・レイが高く抱え上げると、ディーボンがラリアット。カウントは3! ハッスル軍が誇る日本最強ハードコアチームが、元WWEスーパースターズ“世界最強”ハードコアチームに敗れてしまった。
 勝利をアピールするチーム3Dは、リングサイドにいた少年ファンを抱きかかえてリングに運び込むと、折れた机にサインを入れてプレゼント。「ヨコハマ! ハッスル! ドウモアリガトウ」と、よく分からない日本語のマイクアピールを行うと、ファンに揉みくちゃにされながら嵐のように去っていくのであった。


第2ハッスル

8分59秒 トリプルフォール 2-1

 男子レスラーとの初対戦に向けてハイテンションのEricaとマーガレット。しかしその隣では石狩が、ハッスルオーディションでハッスル軍入りした田中未由と共に、未由の手作りのおにぎりを食べている。「このオニギリうまーい! どこの米?」とにやける石狩に、「それは近所のダイエーで買った無洗米」と未由。試合に向けて気合を入れているEricaとマーガレットにとっては目障りこの上ない。
「ちょっとちょっと、ここは一般人立ち入り禁止よ!」と二人のもとに近寄るErica。「私、田中未由です。2月のオーディションで、ハッスル軍にパフォーマー部門でスカウトされたんです。今日は大好きな太一さんの為に、お弁当作ってきました。太一さん、これを食べて試合頑張ってね!」と答える未由だったが、Ericaは「何言ってんの? この人今日試合組まれてないわよ」とバッサリ切り捨てる。

 それを聞いた未由は「未由、太一さんの頑張ってるとこ観たい〜」と石狩本人に泣きつく。未由にそこまで頼まれてはと、石狩は「今日の試合、僕も入れてくれない?」とタッグ入りを直訴。しかしEricaは「今日は男子との開戦記念日なのよ! あんたなんかいらないわ! あんたと組んで負けたことあるし、マーガレットと2人で十分」と、石狩の要求をあっさり却下する。それでも石狩は「頼むよ…この通り!」としつこくお願い。するとEricaもついに根負け、タッグ入りを認めたのだが、タッグ入りの条件として突きつけた条件が何と「女になること」。Ericaは石狩に“石狩太子(たいこ)”として、試合に出ろというのだ。最初は拒否していた石狩だったが、未由の満面の笑みを見ると引き下がることが出来ない。「分かったよ、女としてなら試合できるんだな」と、太子への変身を容認した。
 そんな石狩を見てEricaは「よろしくね、タ・イ・コ。マーガレット、新しい仲間誕生よ」とニヤリ。その様子を見ていたマーガレットも「ベリーナイス! タイコしちゃうぞ」と満天の笑みを浮かべた。
 試合前はあれだけ嫌がっていた石狩だったが、花道に姿を現すと、金髪のカツラをかぶってメイクバッチリ、スカート姿でまんざらでもない様子。Tシャツを脱ぐと、女性用のコスチュームを着込み、やる気満々の石狩であった。

閉じる いざ試合が始まり、バンバイアが近づくと、いきなりEricaにタッチする石狩。容姿だけでなく、石狩は根性まで完全に女装しているようだ。そんな石狩とは対照的に、やる気満々のEricaはバンパイアとカマキリにボディプレス。マーガレットと二人でボディプレスを決めて、二匹のモンスターを豪快に投げ飛ばした。
 ここでリングインした石狩だったが、℃のチョップをくらうと、ヘナヘナと倒れこむ。石狩もチョップを返すが、ペチペチと℃の胸をなでる程度の貧弱さ。℃のキックで簡単に吹っ飛ばされ、あろうことか股間を蹴り上げられ、悶絶する石狩であった。
 その後もタッチ出来ずに、集中砲火を浴びる石狩。℃の顔面パンチでフラフラになり、バンパイアに吸血され、カマキリに鎌で刈られるなど、やられ放題だ。バンパイアの2度目の吸血口撃を誤爆させ、何とかマーガレットとタッチするも、マーガレットとの合体攻撃を失敗するなど、使えなさぶりを発揮する石狩。
 完全にお荷物状態の石狩だったが、Ericaとマーガレットのタッグは男子顔負けの強さを発揮する。マーガレットに対し、お尻に噛み付くという“吸ケツ”攻撃をしたバンパイアだったが、マーガレットはオ○ラでバンパイアを悶絶させる。カマキリのボディプレスをEricaとマーガレットはしっかりと受け止めて、豪快に投げ飛ばす。そしてバンパイアと℃を次々と蹴散らすと、2人はコーナーポストに駆け上がて、モンスター軍を仕留めにかかる。
 するとおいしいとこ取りしようと、石狩もコーナー上へ。3人が同時にダイブしモンスター軍をトリプルフォールしようとするが、あろうことは石狩は自爆してしまい、逆に℃にフォールされてしまう。ここで3カウントが入り試合は終了。一瞬、どちらが勝ったのか分からない状況となったがトータルフォール数2−1で、Erica&マーガレットが男子相手の初戦で見事初勝利を収めた。
 試合後、マイクを握ったEricaは「あんたなんなのよ。本当にに使えないわね。しかも可愛くないし、いくら化粧してももとが不細工だから、不細工なままね」と足を引っ張りまくった石狩にダメだし。そして「記念すべき男子との試合だったのに、あれじゃ張り合いないわね。こんなんじゃ済まないからね」と余裕の表情。次戦となるチーム3D戦に向けて「難だか調子に乗っていると、お仕置きよ。ギッタンギッタンにしてやるから。日本観光しておきなさい」と力強く語った。


第1ハッスル

4分28秒 高速ウラカン・ラナ

 モンスター軍の司令室。いつも仲のいいお馴染みの凸凹コンビ、アン・ジョー司令長官と島田二等兵が今回も下らない世間話に花を咲かせている。
「いや〜、それにしてもトリノは最後の最後で燃えましたね〜。荒川静香の金メダル!」と話題を振る島田。するとアン・ジョーも「イエス! ミーも夜も寝ずに応援しちゃいました!」と、今日のお題はトリノ冬季五輪のようだ。
 島田は「でも、やっぱ一番かわいいと言ったら、ミキティですよね!」と主張するが、アン・ジョーは「ノー! あんな小娘興味ナッシングです! シズカ・イズ・ナンバー1! ゴールド・イズ・ナンバー1デス!」と荒川静香をイチオシだ。
「司令長官、何がゴールドですか。ゴールドクラブ夢で全く相手にされないくせに!」と、私生活を暴露する島田。すると慌てたアン・ジョーは「二等兵! それとこれとは話が別デース! そもそも、クラブ夢のナンバーワンから100まで全てミーのものデース!」と反撃する。どうでもいい話題で揉める二人であったが、そこへあのお方の声が響き渡った!
「モテない男同士で見苦しいぞ! 島田! アン!」高田総統の登場である。
「いいか、天下無敵のモンスター軍がオリンピックなどで浮かれるな! 私はあの『世界中が仲良くなりましょう』みたいなスタンスが大嫌いなんだ!」と高田総統。世界のスポーツの祭典、オリンピックでさえも、高田総統はお気に召さないらしい。
「ごもっともです・・・」と仕方なく同意する島田。
「まぁ、いい。横浜にお集まりの諸君。我こそが高田モンスター軍総統、高田……じゃん!」とハマっ子風の言葉使いである高田総統。「じゃんじゃんじゃんじゃん、うるさい県民どもじゃん! 東京には及ばずとも、ド田舎でも無い、面白くも無いが、ほどほどにプレイスポットもある。オシャレでもあるが泥臭くもある……じゃん。とにかくこの町の中途半端ぶりは、まるでトリノで痴態を晒したあのスノーボード兄弟のようだ!」と、某兄弟を例に出して、神奈川県民を馬鹿にする高田総統である。
 しかし、その時、高田総統に異変が!
「ガンガン、ズンズン、グイグイ、総統!
残虐非道なショータイム♪ 世界征服は夢じゃない♪ 決戦前の深呼吸♪ モンスター軍フルパワー♪」とラップ調に歌い上げるではないか。これはもしや……。
「もしかして・・・今井メロ!?」思わず呟くアン・ジョーであった。「しかもアレンジしてマース!」。島田も「総統、オリンピックよく見てるじゃないですか!」とツッコミを入れずにはいられない。
 そんな声を尻目に歌い終わって満足気な総統は、「まあいい、話を戻そう。まぁ、そんな半端なこの横浜にも唯一、私の認めるモノがある。島田、アンよ! 例のモンスターの準備はできているか?」と、ご当地モンスターの存在を明かすのであった。
「ハイ! 完璧でございます」と島田。ニヤリと笑う総統が、その正体を明らかにする。「そうか、それは安心だ。横浜と言えば、国民の誰もが知るシュウマイの老舗『崎陽軒』。実は今回、そのシュウマイに私が新たな旨味を加えた。“ビターン”という名の旨味をな・・・。そしてだ、完成したモンスターがいる! その名も“鬼妖拳”だ! ハッスル軍よ、シュウマイだからと言ってナメてかかると、口の中の薄皮を剥ぎとってくれるぞ!」。
 するとその後ろで、島田がシュウマイを一口。「アツッ! ハフハフ・・・、ハヒッ!」とシュウマイの熱さに悶絶だ。
「さぁ、そろそろショータイムの始まりだ。
今宵も高田モンスター軍の力をハッスル軍、そして横浜の民に知らしめるのだ!! ビターン!」

閉じる モンキーマジックのテーマで登場した鬼妖拳とダーク・フォン・マエストロのアインとツバイ。続いて颯爽と登場したハッスル仮面たちだが、今宵は一味違った。なんと今日はハッスル仮面がリングインするなり、モンスター軍の専売特許である奇襲攻撃! 三人同時にモンスター軍へドロップキックだ!
 先発はレッドとツバイ。レッドが宇宙遊泳ヘッドシザースなどの空中殺法でツバイを蹴散らし、イエローにタッチするとモンスター軍からは鬼妖拳が登場。さすが地元横浜だけあって、人気者のイエローに負けず「鬼妖拳コール」が沸き起こる。
 イエローが鬼妖拳の頭をガツッと掴むと、驚く事に鬼妖拳のマスクが外れてしまうハプニング! どうやらシュウマイなみの薄皮オーバーマスクだったようだ。油断したイエローをコーナーへ叩きつけると、マエストロの二人が鬼妖拳を抱え挙げ、イエローのボディへ鐘突き式のヘッドバット。
 薄皮オーバーマスクを取り戻した鬼妖拳は、「き・よう・けん!」の掛け声に合わせて三連発のパンチを放つ。危うしイエロー!
 しかし、イエローが再び薄皮を剥ぎ取ると、鬼妖拳はダウン。その間にイエローとレッドが場外のマエストロへ向かってプランチャを敢行だ。
 リング上はレッドと鬼妖拳。レッドは薄皮を被ると、鬼妖拳に空中殺法を仕掛けるがどうも上手くいかない。これのせいだとばかりに、鬼妖拳の命である薄皮をリングに叩きつけ、鬼妖拳がそれを取り戻そうとするとレッドは薄皮マスクを場外へ蹴り飛ばしてしまった。
 愕然とする鬼妖拳の心の隙間を突き、レッドは後方回転式のエビ固め! カウントは3! 地元横浜の応援も虚しく、鬼妖拳は敗れてしまった。


鈴木浩子GM登場

 ここまでのハッスルを振り返るVTRが流されると、ドラムロールが会場に鳴り響く。そしてリング上にピンスポットが当たると、そこには着物に白塗りの浩子GMが立っていた。「ハロー、ヨコハマ、フーッ! ウェルカムトゥ・ザ・ハッソー14!」と、流暢な英語と、異様なハイテンションで挨拶。そして扇子を優雅に扇ぎながら演説を続ける浩子GMだったが、「今日は鈴木家政権の本格的なスタートです。つまり、ハッスルが、世界最高のエンター……と、もうごちゃごちゃ言いません!」と、公約に掲げてきた「ハッスルを世界最高のエンターテインメントへ」を撤回する。
さらに「宣言します! 今日から私はハッスル軍、モンスター軍、この両軍を潰しちゃって、一大帝国を作り上げます」と、何と鈴木家によるハッスル乗っ取りを宣言したのだ。GMらしからぬ暴挙に、客席からはブーイングが起こる。しかし浩子GMはブーイングに全く聞く耳を持たず、「鈴木家政権樹立記念の対戦カードを発表しましょう!」と、今日のラインナップを発表するのであった。
「このおしゃれな横浜で、世界のスーパースター鈴木健想が、あの歯抜けの田舎モンの川田利明を倒し、エースへの第一歩を踏み出します」対戦カード発表後も浩子GMの暴走は止まらない。そしてまたもや流暢な発音で、「ハッスル・オブ・ザ・スズキケ、バイ・ザ・スズキケ、フォー・ザ・スズキケ。ハッスル14イン横浜。レッツ、スタート!」と、もはやハッスルを私物化をしているとしか思えない浩子GMの挨拶で、ハッスル14が幕を開けた。


オープニングムービー


マイケルによる諸注意

 オープニングに登場したのは、ハッスルオーディションでモンスター軍入りしたはずのマイケル。マイケル本人は試合をする気満々だったのだが、高田総統から試合のオファーがなく、今日はオープニングムービーのみの出場となった。しかしマイケルは「ドンマイケル」と、いつものギャグで自分を慰めると、イベントにおける諸注意を続ける。そして「Tシャツもたくさん買ってね。1枚、2枚、3マイケル」、「ハッスル・ハウスvol.12、4月22日、23日のハッスル・ハウス2連戦スペシャルもよろしくお願いしマイケル」、「ハッスル注入ビデオとハッスルマガジンで活字でも映像でもハッスル三昧ケル」と、しっかり宣伝&広報活動。そして一通り挨拶を終えると、「中華街に行こう。ラーメンも、肉まんも食べたいけどやっぱりシューマイケル!」と締めくくるのであった。