「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ファイトカード

高田総統劇場

高田総統以下、モンスター軍のメンバーがバルコニーに勢揃いすると、さっそくアン・ジョー司令長官&小路二等兵が観客に「総統」コールを促す。場内に大「総統」コールが巻き起こるなか、高田総統は「聖なる夜だというのに、今年もこんなに集まっちゃってくれて親愛なる諸君、メリークリスマ〜ス!」と挨拶すると、「おい、キミか? とりあえずおめでとう!」とオープニングでも紹介されたUGA着メロ工房『モンスター軍vsハッスル軍 お宝動画ダウンロード対決』で当選し、高田総統劇場の参加権ゲットした男性と握手&抱擁をかわす。ところが、ビジネスライクな高田総統は、「もう帰っていいよ。キミの役目は終わったんだよ」と当選者を冷たく突き放して追い払い、「我こそが高田モンスター軍総統、そして、ハッスルの偉大なる支配者、高田だ!」と自己紹介。すかさずアン&小路が、「総統」コールを観客に促すと、またしても場内は大「総統」コールだ!

するとここで、“モンスターK”川田利明が、当たり前のように高田総統の隣に陣取った父親に対して、「おい、おい! なんで、親父が横に立ってるんだよ!? しかも、俺よりセンター寄りってどういうことだよ!」とツッコミを入れると、これに対して高田総統は「いいじゃないかよ! 親父さんはな、今年のマニアのメインイベンターなんだよ。ここにいるのは、当然じゃないかよ!」と、川田をピシャリだ! 続けて高田総統は「そんなことよりだ。さっき、ゼウスと何をもめていたんだ?」と川田を問い詰めると、川田は「別にもめたわけじゃないですけど、あの野郎が急に俺とシングルで闘わせろって言い出したんですよ!」と状況説明。すると、高田総統は「あ〜、そう。あ〜、そう。やってあげればいいじゃん」と、そっけない返事だ。

この高田総統の冷めた反応に、川田は「やってあげればって……。俺は、素人の親父とマニアでタッグを組んで闘わないといけないんですよ! そもそも、こうなったのは全部、総統のせいですからね!」と、ここぞとばかりに食ってかかる。これに対して高田総統は、「何、イライラしてんだよ〜。お父さん、利明君とゼウス、シングルでやってもいいですよね?」と川田父に振ると、川田父は「いいと思いますよ」と、アッサリ了承。高田総統も「じゃあ、決定だよ! お父さんもこう言ってるし、明日、モンスターKとゼウスのシングル決定! やっちゃえ、やっちゃえ!」と、ノリノリで了承だ。

これには、すかさず「ちょっと! なんで親父に決める権限があるんだよ!」と、反発する川田だが、高田総統は「だって、今年のマニアのメインイベンターだよ。貴様の親父だろ?」と川田の訴えをアッサリ一蹴。すると、「それはそうと。こっちは役者が揃っているが、そっちのほうはどうなってるんだ? おい、ボノ! 貴様の親父は本当に来るんだろうな?」と高田総統の口撃の矛先が、ボノちゃんに向けられる。痛いところを突いてきた高田総統の問いに対し、ボノちゃんに代わってあーちゃんが、「まあ、確率的に五分五分ってところですかね」と自信満々に答えると、場内大爆笑! ここでボノちゃんが、「お前まで、うるさいんだよ!」とあーちゃんを一喝すると、「パパは来るよ! 必ず来てくれるよ!」と猛アピールだ! 続けてボノちゃんは、「それより、あそこにいるおじいさん、やりやがったな! マニアで死んでも、責任取らないぞ!!」と反撃に出ると、高田総統は「心配無用だよ。お母さんが、ついこの前、保険に入れたそうだ」と、ブラックジョークで応戦! すかさず川田から、「総統、それ笑えないでしょ! 実の俺の親父ですよ!!」とツッコミが入る。

川田に謝った高田総統は、「なぜ、私がこの親父をリングに上げようとしたか、分かるか? この親父さん、意外ととんでもない実力者かもしれんぞ? ねえ、お父さん」と川田父に振ると、川田父は「ボノちゃん! お前に、俺を負かすことができるかな?」と、ここぞとばかりにボノちゃんを挑発! しかも、興奮のあまり、川田父はバルコニーからマイクを落としてしまう有様だ。そんな暴走ぎみの父に、川田は「親父、黙っててくれよ、頼むから」と割って入ると、ボノちゃんに向かって「親父には、俺が指一本も触れさせねえよ。もしも、お前の親父が来てもな、俺ひとりで十分だよ!」と宣戦布告だ!

川田親子のアピールに対して、「だから、栃木の田舎っぺは困るんだよ!」と一蹴したボノちゃんは、「パパとボノちゃんが組んだら、お前らなんかに絶対負けるわけないよ!」と、こちらも負けじと宣戦布告! 両陣が熱い火花を散らすなか、ここで高田総統が、「吠えるのは大いに結構だが……。言っておくがな、この試合は、大みそか、全国ネットで放送するの。そのなかに、お前の親父も入っているんだよ! だから、貴様の命に代えても、親父を連れて来いよ、わかったな?」とボノちゃんに最終通告をすると、最後は観客に向かって「下々の諸君。明日は今年最後の後楽園だ! とび〜っきりのプレゼントを用意してある。だから、明日も来たまえ! そして、マニアも来たまえ!」とアピールすると、モンスター軍の面々を引き連れてバルコニーから消え去って行った。

リング上に残された、ボノちゃんとあーちゃん。ここで、あーちゃんが「親方、もしも、お父さんが来なかった場合は、私がムタに変身します。最悪、それで乗り切りましょう!」と苦しい提案をすると、すかさずボノちゃんが「バ〜カ、そんなんで乗り切れるわけないよ!」とツッコミ! すると、ボノちゃんは「せっかくのクリスマスなのに、あーちゃんと二人は寂しいな」と思い出したかのようにボヤくと、「まさに逆境ですね」と、絶妙な返しをするあーちゃん。これには思わず笑みがこぼれたボノちゃんは、「パパ、ボノちゃんが待ってるから、マニアで会おう!」とアピールし、最後は観客と一緒にどすこいポーズで締めくくった。

メインハッスル

6分43秒 神々の怒り

今年の集大成である『ハッスル・マニア2008』のメインカードは、“モンスターK”川田利明&川田父vsボノちゃん&グレート・ムタに決定! このカードには、高田総統も「おそらく、この試合は、5年間のファイティングオペラのすべてを凝縮した凄まじい試合になるだろう。こんな面白い試合、他では絶対に見られんぞ」と、自信マンマンだ。

確かに、今年初めに高田モンスター軍を離脱し、母・インリン様との抗争劇で、上半期の話題を独占したボノちゃん。そして、下半期、4ヶ月に渡って行なわれた『ハッスルGP2008』を制覇し、ハッスラーの頂点に見事輝いた川田と、両者共に今年の主役ではあるのだが……。

この試合、本番を迎えるには、あまりにも大きな問題点が立ちふさがっているのだ。

【問題その1】
ムタが来るかどうか分からない

ボノちゃんの父、グレート・ムタは、その存在が神出鬼没。今年一年、息子が何度も再会を呼びかけたが、姿を現わすことは一度もなかった。今回、来ると言われる根拠は、11・22『ハッスル・ツアー2008〜11.22 in IBARAKI〜』(水戸市民体育館)のビジョンに現われた“魔弐阿 再会”というナゾのメッセージのみ。ムタ本人からという確かな証拠があるわけではないのである。マニアだから来るだろう……。そんなわれわれの淡い期待が、あの魔界の住人に通用するのか?

【問題その2】
川田の父に試合をさせて大丈夫なのか?

ムタの問題より、さらに厄介なのが、川田父である。現在73歳、もう立派なお年寄りだが、本人はいたってやる気マンマンなのだ。

今宵は、それぞれ問題のある父を持った息子同士の前哨戦。今年のマニアは、一体、どこに向かおうとしているのか?

閉じるゴング前にボノちゃんがいきな奇襲! 川田&ゼウスをぶちかましで吹っ飛ばした。一方の川田もエルボーと張り手で挽回。さらにステップキックでボノちゃんの顔面を蹴り飛ばした。そして、ゼウスにタッチだ。ゼウスも怪力を利用した打撃でボノちゃんを攻め立てる。しかし、ここはボノちゃんも一発やり返して、あーちゃんにタッチした。この合間に、モンスター軍のセコンドには川田のお父さんが登場。リングサイドでイスに座り、息子の闘いぶりを見守っている。一方、リング上ではあーちゃんがゼウスのぶっこ抜きブレーンバスターを食らって劣勢を強いられる。川田からもしこたま打撃を食らったあーちゃん。珍しく顔面を掻きむしって反撃に出たが、余計に川田の怒りを買った。凄まじい張り手に背中へのキック。ゼウスからもチョーク攻撃にラリアットを食らう始末だ。さらに川田のラリアットまで被弾して虫の息。それでも、あーちゃんはなんとかキックアウトする。そこにボノちゃんが救出に登場。ゼウスと川田を二人まとめてコーナープレスで圧殺し、荒谷を強引にコーナーに戻してタッチを受けた。そして、ゼウスに合掌捻り、踏み付け攻撃、ドライビングエルボーを見舞うボノちゃん。ゼウスは間一髪キックアウトしたものの、ダメージは大きそうだ。それをチャンスと見たか、今度はあーちゃんが強引にタッチ。これ見よがしにボディプレスをゼウスに炸裂させる。しかし、すぐさま川田がカット。逆に荒谷は川田によってグロッキーに陥り、ボノちゃんも川田&ゼウスの集中攻撃を食らってダウンしてしまった。セコンドの川田のお父さんもリングに横たわるボノちゃんの頭に張り手を連打! その隙にゼウスが荒谷の巨体を持ち上げ、神々の怒りでトドメを刺した。


試合後、ゼウスがマイクを持つと、「おっさん……、ホンマ急なんやけど、おっさんともういっぺん、差しで勝負させてくれ」と、いきなり川田に一騎討ちを要求! 突然の申し出に、川田は「本当に急だな。どうしたんだよ!?」と驚きの表情を見せると、ゼウスは「ちょっと思うとこがあってな。いまは言われへんんけど、頼むわ!」と懇願する。これに対して、川田は「頼むわって、俺はあんな素人の親父のおかげで大変なんだよ!」と断るも、ゼウスは「じゃあ、頼んだで!」と一方的に押しつけ、そのまま去って行ったのだった。

ゼウスからの突然の対戦要求に困惑する川田。と、ここで「何、もめてんの?」という声が! すると場内に『威風堂々』が鳴り響き、バルコニーから姿を現わしたのは、なんとサンタクロースの衣装を身にまとった高田総統だ!


セミハッスル

7分42秒 片エビ固め

今年夏以降、大スランプに陥っていた“ミスタープロレス”天龍源一郎。一時は限界説もささやかれるほど、危機的状況に陥っていたが、盟友・越中詩郎、実娘・紋奈さんの叱咤激励で、天龍は徐々に調子を取り戻していった。

そして、11・22『ハッスル・ツアー2008〜11.22 in IBARAKI〜』(水戸市民体育館)で、天龍は、長らく別行動を取っていたハッスル軍本隊に復帰! さらに、天龍と連れ添って来た越中も、ハッスル軍に加わり、坂田や長尾の離脱で逆境に陥っていたハッスル軍は、戦力を大幅に回復させたのである。

一方、天龍が復活した陰で、災難に遭った男がひとり。その男とは、これまで、不調の天龍を引退に追いやるべく、これもでかと嫌がらせを仕掛けてきた高田モンスター軍の特命係長 島田工作員である。

それは、同じく11・22『ハッスル・ツアー2008〜11.22 in IBARAKI〜』(水戸市民体育館)でのこと。この日も、天龍&越中に刺客を送り込むも、復活した中高年コンビに返り討ちに遭った島田。ならばと、負けた腹いせに、島田は悪態をついていた、そのとき……!

リングを飛び降りた際、なんと島田は左足アキレス腱を完全断裂してしまったのだ!


するとここで、場内ビジョンが切り替わり、モンスター軍控室が映し出されると、小路二等兵が押す車いすに乗って、痛々しい姿の島田が「ただいま帰りました!」と登場! すかさずアン・ジョー司令長官が、「オー! 島田工作員! ウェルカムバックですヨ! 足はもう大丈夫なんデスカ?」を病状を確認すると、島田は「医者には止められましたが、病院を抜け出してきました! じっとなんかしてられないてってって!」と、“やるって節”で回復をアピール!

ここで、「年末の忙しいときに、ユーも災難でしたネ」と慰めの言葉をかけるアンに対して、「すべては、あのジジイコンビのせいですよ! 奴らには俺と同じ目に遭わせてやりますよ!」と報復宣言をする島田だが、「向こうは何もやってないんですけどネ……」と、つい本音がこぼれるアン。

それでもおかまいなしに息巻く島田は、「今回は、あのジジイどもに、クリスマスプレゼントを用意してやりました。それが、今宵の司令長官のパートナーですよ。かつて力道山を苦しめた伝説のレスラーのDNAを病院ルートで入手し、新たなモンスターを誕生せました! その名も、シャープ兄弟! ダイナ&マイトです!!」と、モンスター軍の新戦力となる“伝説の兄弟タッグ”の復活をアピール! これには、アンも「目の付けどころが違いマスネ」と大絶賛だ!

そして最後に、島田は「天龍! 越中! 俺からのクリスマスプレゼント、いや冥土の土産を受け取るがいい!」と抹殺予告をぶちかますと、「このたび、ダイナとマイトが一緒になりました!」という島田の掛け声とともに、アン&島田&小路が揃って「う〜、ダイナマイッ!!」とハイテンションでキメて見せたのだった。はたして、シャープ兄弟ことダイナ&マイトの実力は、いかに……!?

閉じるハッスル軍の待ち受けるリングに、アンに伴われ車いすに乗った島田が登場。「おい、天龍! 越中! おまえらのせいでこうなったぞ!」と悪態をつく。と、ここで背後からオレンジの覆面姿のレスラーがハッスル軍を襲撃! これがダイナ&マイトのシャープ兄弟だ。両軍入り乱れる中、シャープ兄弟は天龍を捕獲。兄弟揃って、天龍の左足を攻め立てる。股裂き、エルボー、逆片エビ固め、ニードロップと天龍の左足を集中攻撃するシャープ兄弟。ダイナは天龍に足四の字固めでギブアップを迫る。ここは間一髪TAJIRIがカット。しかし、その後も天龍のピンチは続く。シャープ兄弟の集中攻撃になかなか逃げることができない。ようやくエルボーを回避して、越中にタッチした天龍。越中は得意のケツ爆弾を発射し、これまでの鬱憤を晴らす。マイトをヒップバットで痛めつければ、さらにTAJIRIもハンドスプリング式エルボーアタックで追撃だ。続けてトラースキックも決めたTAJIRI。ここで息を吹き返した天龍がタッチを要求だ。しかし、隙を突いてマイトも反撃に出る。イス攻撃で天龍の左足に再びダメージを加えると、足四の字固めだ。だが、天龍も意地で足四の字固めをリバース。この逆境を耐えてみせる。ところが! その直後に隙のできた天龍の後頭部にフィストドロップが炸裂! この一撃に悶絶した天龍は無念の3カウントを奪われてしまった。

試合後、島田はマイクを持つと、「おい、天龍! いい気味だな! 俺様の痛み、少しでも思い知ったか!!」と、ここぞとばかりに罵声を浴びせる。これに対して、越中が「おい、島田! その減らず口、利けなくしてやるか、この野郎!」と怒りをあらわにして島田に向かって行くと、島田は激しく動揺しながらも、シャープ兄弟を盾にして身を隠す。こうなっては手を出すこともできない越中に対して、島田は「ふんっ! このヘッポコ侍が!!」と、最後まで憎まれ口を叩きながら去って行ったのだった。


泰葉劇場

自身の代表曲『フライデイ・チャイナタウン』に乗って、観客に手を振りながら入場してきた泰葉。本日の衣装は、クリスマスらしく赤のワンピースだ! リングに上がった泰葉はマイクを持つと、「みなさん、こんばんわ! 私が泰葉です!」とまずは挨拶。続いて、「この一年を振り返って、この聖なるリングで、自分に落とし前をつけようと思っています。ハッスラーのみなさんには、大変失礼だとは思いますが、一生懸命務めさせていただきます!」と、改めて12・30『ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)への参戦をアピール! 場内から大きな拍手が沸き起こる。

するとここで、場内に「ハイ、ハイ、ハ〜イ!」という声が! ビジョンに映し出されたのは、後楽園ホールロビーに設けられた泰葉CD即売会&サイン会の特設ブースで仁王立ちしているアン・ジョー司令長官だ! アンは、「なんですか、このブースは!?」とさっそくイチャモンを付け始めると、泰葉のニューシングル『お陽様よほほえんで』を手にした次の瞬間、「フンッ! くだらねえなあ」と吐き捨て、なんとCDを床に叩きつけ、踏み潰すという暴挙に! さらに、CDのチラシでお尻を拭いて挑発だ!

このアンの暴挙に怒りをあらわにする泰葉。すると、アンは「まだ、対戦相手が決まってないようだな。これから、リング上に行って決めてやるよ!」とアピールすると、ホール南側の客席を通ってリング上へ!

怒りがおさまらない泰葉は、アンがリングに上がるなり、「私の命のCDをボロボロにしやがって! お前と闘ってやる!!」と、なんとアンに対戦要求! 場内から「おーっ!!」というどよめきが上がるなか、アンは「本気で言ってるんデスカ? 本当にいいんデスカ? ソーデスカ、そんなにミーとやりたいんデスカ!」と泰葉に詰め寄ると、泰葉はマネージャーの制止を振り切りながら「お前と、やってやる!」と応戦だ!

泰葉からの宣戦布告をしっかりと受け止めたアンは、「いいか? 本物の逆境っていうやつを、ユーのカラダに叩き込んでやるからな! しっかりメモリーしておけ!!」と言い残すと、そのまま退場。泰葉デビュー戦の相手は、なんとモンスター軍屈指の実力者であるアンに決まってしまったのだ! 改めて泰葉は、「一生懸命闘います! 頑張ります! 強い者に挑戦するのが、私の闘いです。30日は、リングで闘って勝って、歌わせていただきます!」と、観客に向かって涙ながらにアピール! 場内の観客は、大きな拍手で泰葉の無謀な挑戦にエールを贈ったのだった。


応援ボードコンテスト

すっかり後楽園大会の恒例イベントとなった『応援ボードコンテスト』が、今宵も開催! ということで、野口大輔レフェリーの進行のもと、場内の観客が一斉に応援ボードを掲げると、高田総統をはじめ、ザ・モンスター℃、TAJIRI、KG、さらには、“泰葉LOVE”という泰葉に向けた応援ボードなど、どれも渾身の力作ばかりだ!

そんななか、見事グランプリに輝いたのは、クリスマスらしくド派手なデコレーションボードを作成した二人組に決定! 次回行なわれる1・29後楽園大会のペアチケットが進呈された。


第3ハッスル

4分37秒 ジャイアントプレス

KG&アラン黒木の加入、そしてHGの復活により、ものの見事に対戦カードから溢れてしまったRGに待ち受けていたのは、なんと“南米の巨神兵”ジャイアント・シルバとの一騎打ちだ!

闘う前からすでにテンションがガタ落ちのRGは、行きつけの喫茶店『ともだち』のマスター、ほんこんのおやっさんに「おやっさんのコネで、『ガキ使』の年末スペシャルに出れるよう、頼みますYO!」と裏切り行為を働くばかりか、挙句の果てには、「そう言えば、ナットーマンが……」と、現実逃避をする始末だ。そんな、だらしないRGをたしなめるおやっさん。はたして、RGは、大巨人を相手に生きて帰ることができるのか!?

閉じる今日のRGは入場時から元気がない。肩をガックリと落として、憂鬱そうな表情で花道を歩いてきた。一方のシルバはノシノシとリングに近付き、トップロープをひとまたぎ。いよいよ公開処刑の時間がやってきた。場内からは大「RG!」コールが発生。この声援をバックに体ごとぶつかっていくRGだが、シルバはびくともしない。ドロップキックも体まで届かず、今のところは為す術なしだ。しかし、RGは手四つをシルバに要求。これはあまりにも無謀だ。案の定、シルバの片腕一本でRGは沈んでいく。しかし、これは作戦だった。RGはシルバの片手を掴んだまま、シルバの股間をスルー。腕を絡めて、シルバの巨体を倒そうという作戦だ。だが、シルバの余裕は崩れない。片腕で自分の股間を潜っているRGを引っこ抜くと、頭を掴んで上下させ、さらにアトミックドロップで大きく吹っ飛ばした。RGもなかなか勝負を諦めない。トップロープに上って、RGプレスを狙う。しかし、シルバも逃がさない。トップロープに上がったRGのノドを掴むと、そのままロープの上に投下。RGは股間を強かにぶつけて、悶絶だ。さらにシルバはチョークスラムでRGを叩き付け、トドメのジャイアントプレスを狙う。ところが、ここでスクリーンにナットーマン登場の予告が流れる! ナットーマンがRGの救出に駆け付けてくれたのだ。しかし! シルバはナットーマンが駆け付ける前にジャイアントプレスを発射! 哀れ、RGはナットーマンがもたもたとリングに近付いている間に、シルバに圧殺されてしまったのだった。

ナットーマンが、ようやくリング上に駆けつけた頃には、すでにグロッキー状態のRG。RGはヘロヘロになりながらマイクを持つと、「タイミング、悪っ! 遅すぎるやろ、ナットーマン!!」と渾身のダメ出しだ! これに対して、登場のタイミングを間違えて気まずそうなナットーマンは、「大事な、大豆な……」と蚊の鳴くような声でつぶやくも、すかさず、RGから「やかましいわ!」とツッコミが入る! にも関わらず、ナットーマンは「ナットーマンは失敗してもくじけない! 粘り強さが信条だ! ネバー、ネバーギブアップだ!!」と見栄を切ると、RGをリング上に放ったらかしで颯爽と消え去って行ったのだった。


第2ハッスル

11分55秒 昇天ドロップ

スーパーHG、完全復活か!? モンスター軍完全撃破への道!!

もはや言うまでもないが、ハードゲイ、HGは改造人間である。
高田モンスター軍の卑劣な罠にかかったHGは、モンスター軍最高医局長のドクター中松によって改造手術をされたり、ハッスル軍専属の天才医学博士、ドクターKこと木下博勝氏の手による再改造手術を受けたり、とにかくいろいろあって、新ヒーロー・スーパーHGへと変身する新たな力を手に入れた!

そんなHGに対して、高田総統は次々と刺客を送り込むも、パワーアップしたスーパーHGの敵ではなかった。さらに、HGを師匠と慕う空手少女・KGという新たな味方も加わり、このまま一気呵成にモンスター軍撃破か、と思った矢先、HGに思わぬ罠が待ち受けていた!

スーパーHGに変身するたびに、刻々と変化を遂げていた背中のモンスターマークが突如ナゾの発熱! これにより、HGは原因不明の体調不良に陥り、11月シリーズを欠場することとなった。

残されたのは、デビュー1ヶ月と実力的に心もとないKG、そして、存在自体が心もとないRGの二人。しかし、この絶対的ピンチに、ひとりの救世主が現われた! そう、その救世主こそ、“100の顔を持つ男”アラン黒木だ!

ナゾの探偵である黒木も加わり、またもや力強い味方を得たHG。完全復帰もはたし、目指すはモンスター軍の壊滅のみ! HGの新たなる闘いが始まる!!


するとここで、場内ビジョンには、レイザーラモン行きつけの喫茶店『ともだち』が映し出され、HG&アラン黒木&KGが登場! HGは「いや〜、ご迷惑をおかけしました! 原因はさっぱり分かりませんが、1ヶ月ゆっくり休んだら、すっかり体力回復しましたよ!」と完全復活をアピールすると、これに対してKGが「もう、ずっと心配してたんですよ。でも、HGさん、本当にカラダは大丈夫なんですか?」と、心配そうにHGのカラダを気遣う。
するとHGは、「セ〜イ! くどいよKG! かつてないくらいコンディションがバッチコイですよ! 2005年のハードゲイ旋風時代を思い出す勢いですからね。というわけで、アラン黒木さん、私がいない間、KGがお世話になりました。もう結構ですんで、香港でもどこでもお帰りください」と黒木に提案すると、黒木はダンディにコーヒーをすすりながら「そうはいかねえなあ。俺はすでに仕事料としてコーヒーをゴチになっちまった。報酬を受けてしまった以上、プロとしての仕事はさせてもらう」と、HGの提案をやんわりと却下だ。

これに対して、HGは「なんですか、そのキザったらしい態度。いちいち鼻と股間につきますね〜。私、基本攻めなんで、自己主張の激しい男は嫌ですね〜」とムッとすると、「まあ、しゃあないわ!」と二人の会話に割って入ってきたのは、ほんこんのおやっさんだ!
ここで、おやっさんは、「新しくキャラの強い人間が出て来よったら、自分のポジションを奪われる。HGがこれまで何度も経験してきた恐怖や」と、ズバッと指摘! すかさず、「ほんこんのおやっさん! 余計な分析をしないでください!!」と、HGがツッコミを入れる。するとここで、「おやっさんの言う通りですよ!」という声が! なんと現われたのは、かつて“ゲッツ!”という一発ギャグで一世風靡したお笑い芸人・ダンディ坂谷だ!
突如現われたダンディは、「世間のみなさま、おひさしブリーフ!」と持ちネタをさっそく披露! さらに、「いまのHGの気持ち、ダンディ、よ〜く分かりますよ」と理解を示すも、HGは「セ〜イ! 同情はやめてください!」と耳をふさぐ。それでもおかまいなしに、ダンディは「いいですか。いま勢いのある人に乗ることです!」とHGにアドバイスを送ると、“ゲッツ&ターン”の十八番ネタで消え去って行ったのだった。

「なんなんだよ、あの人は、本当に……」とダンディ登場に困惑するHGは、「でもね、黒木さん! 今日の後楽園は、あなたの力を借りなくても、私ひとりでモンスター軍をセイしてやりますからね。まあ、今日はコーナーでゆっくり休んでくださいよ」と言い残すと、店をあとに。これには、黒木も「やれやれ、世話が焼けるぜ」と、身勝手なHGに呆れるしかなかったのだった。

閉じる先発はHGと小路二等兵でスタート。まずはHGがアームドラッグとドロップキックで先制だ。そして、HGの天敵・モンスター℃が登場。今日も掛け声合戦かと思いきや、黒木が強引にタッチ。特にポーズを取らない黒木の前で、モンスター℃はお構いなしに観客から「シー!」という掛け声を求める。ところが、黒木はその隙にヒザ蹴りを一撃! モンスター℃をたったの一撃で蹴散らしてしまった。続くニセHGとのマッチアップでも調子よく、キック、ラリアット、フェースクラッシャーを決めた黒木はKGとタッチ。そして、息の合ったコンビネーションプレーでニセHGを攻め立てる。黒木に頭を撫でられてKGも嬉しそうだ。そして、得意の空手殺法でニセHGを攻め立て、ヘッドシザースまでも決めてみせた。しかし、一方的にやられてばかりのニセHGではない。「お嬢ちゃ〜ん」と不気味な重低音を発しながらKGの顔面を掴むと強引に叩き付け、一気に優位に立つ。顔面を踏みつけたりとやりたい放題だ。続くモンスター℃からもロープを利用したCの字ストレッチを極められたKG。しかし、この大ピンチにHGと黒木の息が合わない。黒木がカットに入るとHGがクレームを付けるわで、全くKGを救出することができない。遂にはリング上で睨み合う事態となってしまった。このハッスル軍の様子に一気にモンスター軍が攻め立てる。しかし、息が合わないのに、敵が向かってくるとHGと黒木は同時に攻撃。さすがに実力者の二人だ。モンスター軍に付け入る隙を与えない。さらに黒木がトペ・スイシーダをかまし、HGがプランチャーを発射と一気にハッスル軍が優勢に出る。しかし、モンスター軍も巻き返しに出る。ツープラトン攻撃でHGを捕まえると、モンスター℃がDDC、小路が払い腰で投げ飛ばす。カットに入ったKGもモンスター℃の張り手でダウン。黒木もモンスター軍のトレイン攻撃の前に動きを止められてしまった。ハッスル軍は大ピンチだ。と、ここで場内が暗転! HGがスーパーHGに変身だ! スーパーHGは全くモンスター軍を寄せ付けない。ニセHG、モンスター℃と順番に場外に放り出すと、最後は小路二等兵に昇天ドロップを発射! 怒濤の攻撃でモンスター軍に勝利した。 


試合後、マイクを持ったニセHGは、「ニセーイ、セイ、セイ……ストップミュージックでーす。あなたたち、仲がいんですか、悪いんですか? 明日、そこのメンズでタッグを組んで闘いなさ〜い。これはもう決定事項ですよ〜」と宣戦布告だ!

この突然の要求に対して、HGは「どうして、あなたにそんな権限があるのですか!」とニセHGにツッコミを入れながら、「まあ、私は黒木さんと組むのは、かまいませんが……」と、困惑しながらも黒木に確認。すると、黒木は「俺は別にかまわないぜ。売られたケンカを買わないのは、俺の流儀に反するんでな」と、カッコ良く返答。すると、ニセHGは「ということで、決定でいいんですね〜、それじゃあ、明日楽しみにしてますよ〜。ニセモノでした〜」と、不敵な笑みを浮かべながら去って行ったのだった。

するとここで、KGが「HGさん、背中のマーク、今日は出てませんね」と、HGの背中に刻まれていたモンスターマークがすっかり消えていることを指摘。すかさず、HGはカメラに背中をアップで映すように指示を出すと、確かに、ビジョンに映し出されたHGの背中には、モンスターマークがない。ここで黒木が、「それはあんたの体力が完全に回復した証拠ってことじゃないのか? これまでスーパーHGに変身するたびに出ていたマークが、今日は出ていない。むしろ、いい知らせなんじゃないかと……俺は思うな」と、カッコ良くポーズを決めながら独自の見解を披露。

これには、「いちいちカッコいいですね」とジェラシーを燃やすHGだったが、「まあ、とりあえず今日のところは、ありがとうございました」と頭を下げると、黒木は「今日で終わりじゃねえよ。また明日もよろしく頼むぜ」と言いながら手を出し出し、二人はガッチリと握手! ニセHGとの再戦に向けて、結束を固めたのだった。


第1ハッスル

10分58秒 ムイ・ビエーン

“クリスマス限定モンスター”サタン・ザ・サンタが2008年バージョンにパワーアップして、1年ぶりに襲来! サンタは、ハッスル軍に悪のクリスマスプレゼントを贈り届けるのか!? そして、着実に勢力拡大を進めている高田モンスター軍の新たなる戦力、Xの正体とは一体誰なのか!?

場内ビジョンには、モンスター軍控室が映し出され、ワイングラスを片手に「メリークリスマス!」と乾杯をするアン・ジョー司令長官&小路二等兵。ここで小路が「それにしても、司令長官。俄然忙しくなってきましたね!」と、クリスマスで浮かれているのかハイテンションで話を切り出すと、「まったくデース! この不景気のご時世、なんとも景気がいい話デース! きっと、総統もご機嫌に違いありまセーン! 今夜あたり、クリスマスプレゼントでも出るんじゃないデスカ!?」と、小路だけでなくアンもすっかり浮かれ気味だ。

するとここで、ドンドンッと杖を突きながら現われたのは、高田総統だ! しかも、高田総統の手にもワイングラスが! 高田総統は、「ルネッサ〜ンス! ってこら、誰が機嫌がいいって? いいわけないだろ!」と、人気お笑い芸人・髭男爵ばりにノリツッコミを披露すると、「今日の第1ハッスル、サタン・ザ・サンタのパートナー、決まってないじゃないかよ! なにしてんだよ?」と、アンを問い詰める。これには、「えっ!? そうなんですか?」と、驚きの表情を見せたアンは、「ヘイ、二等兵! どうなってるんデスカ?」と小路に責任転嫁。すると小路は、「それが……本来は島田さんの担当だったんですが、入院してしまって、途中でストップしてしまったみたいです」と明かすと、ここで突然、「お取り込み中、失礼します! いま少々、お時間よろしいでしょうか?」とベルトを肩にかけたスーツ姿の男が登場!

突然現われた男に、アンは「ヘイ! なんですか、ユーは!? 部外者が勝手に入ってくるんじゃありマセン!」と一喝すると、男は「すいません、実は自分はこういう者です」と名刺を差し出す。すると、この男はレイ大原というプロレスラーであることが判明! そして、大原は「実はこのあいだまで5年間、メキシコでプロレスの修行をしてまいりました! 先日、このNWA世界インターナショナルヘビーのベルトを奪取して帰国。そして、考えました。この若き天才の華々しい日本デビューの舞台はどこか? 自分の実力を100パーセント生かせる職場はどこなのか? このベルトを巻いてきた代々の王者、スティーブ・カーン、チャボ・ゲレロ、ダイナマイト・キッド、彼らの名に恥じないためにも、自分の居場所は熟考しなければならない。その結果……」とまるで就職活動で面接に来た大学生ばりにハキハキと自己アピールするも、「長いデス。要は、モンスター軍に入りたいってことデスネ?」と、しびれを切らしたアンが大原の話をまとめてしまう。

ここでアンは、高田総統に判断を仰ぐと、高田総統は「うむ……レイ大原とやら、モンスター軍に使えぬ人材は不要だ。実力に自信はあるのかよ?」と最終確認。すると大原は、「もちろんです! 腕に覚えがあるからこそ、このようにノーアポで突然来たんです。自分がモンスター軍に加入することによって、自分の成長、そしてモンスター軍の戦力の底上げが実現。つまりはウィン・ウィンの関係が築けるでしょう。今日は……」と、またしても熱くアピールすると、大原のアピールをさえぎって「長いよ!」と高田総統がツッコミだ! 続けて、高田総統は「まったくTAJIRIといい、彼といい、なんでメキシコ帰りの日本人って、理屈っぽいのが多いのかね」とボヤきつつ、「分かったよ! とりあえず仮採用だ。第1ハッスルで試しにやってみるがいい」と、大原のモンスター軍仮入団を了承。そして最後は、「今宵は、『ハッスル・マニア2008』の前哨戦、大みそかに向けて、弾みをつけようやないか〜い!」と、やはり髭男爵の持ちネタを拝借して、送り出したのだった。

閉じるサタン・ザ・サンタと共に入場してきたレイ大原は、NWA世界インターナショナルヘビーのベルトを腰に巻き、大いにひけらかしながら会場に入ってきた。そして、先発はチエとサタン・ザ・サンタ。まずは腕の取り合いだ。だが、チエはロープの反動を利用したアームホイップで投げ飛ばすと、優位に立つ。一方のサタン・ザ・サンタも軽快な動きで対抗。両者五分五分でこの対戦を終えた。そして、注目の大原とKUSHIDAの対戦だ。素早い身のこなしでKUSHIDAを投げた大原は、髪の毛を掻き上げるキザなポーズを披露。さらに足関節を極めて、得意げだ。これに怒ったKUSHIDAは背後からヒップアタックを食らわし、ヘッドシザースで投げ飛ばしてみせる。だが、大原の動きもストップしない。コーナーを利用したKUSHIDAのヘッドシザースを巧みに切り返して、逆にマットに叩き付けた。さらにタッチを受けたチエをも軽く一蹴した大原。これでハッスル軍はチエが捕まってしまう。サタン・ザ・サンタのチョップ攻撃を食らい、さらに前方回転エビ固めも踏ん張られてノド元にクロスチョップも被弾してしまった。余裕のモンスター軍は大原がチエに「セニョリータ」と言いながらバックブリーカー。続いてサタン・ザ・サンタがチエの腕をクロスする変形のキャメルクラッチで痛めつけた。だが、劣勢続きのチエも渾身のスピアーを放って一矢報いる。必死に自軍のコーナーに向かい、KUSHIDAとタッチだ。怒りのKUSHIDAは凄まじいラッシュを仕掛け、サタン・ザ・サンタからタッチを受けた大原の体を回転しながらのDDTで叩き付ける。さらにチエとの合体攻撃クリスマスツリーも大原に食らわした。そして、サタン・ザ・サンタをチエがコブラツイストに捕らえている間に、ハンドスプリング式エルボーアタック、ジャーマンスープレックスを大原に食らわせたKUSHIDA。しかし、トドメの超新星プレスは大原が間一髪スルー。そして、大原は風車式バックブリーカー、さらにKUSHIDAの体を半回転させてのストマックバスターで攻め立てる。最後はカナディアンバックブリーカーの体勢からKUSHIDAをリングに叩き付けてから、背中を痛めつけるメキシカンストレッチ! あえなくKUSHIDAはギブアップ負けを喫したのだった。

試合後、マイクを持った大原は、「総統! 見ていただけましたか? 正式採用の件、前向きにご検討ください!」と、高らかにアピール! 続けて、KUSHIDAに「KUSHIDAクン、ガッカリですよ。聞けば、KUSHIDAクンもメキシコで修行をしてたらしいじゃないですか。僕はこのベルトを持って帰って来ましたけど、あなた、実績は?」と皮肉たっぷりに痛烈な言葉を浴びせると、KUSHIDAは「話が長えんだよ!」と、大原の言葉を遮る。そしてKUSHIDAは、「意味分かんねえことばっかしゃべってねえで、もう一回勝負しろ!」と再戦要求! これに対して、大原は「は〜、やだやだ。負けたのに、この態度。まっ、お願いされれば、別に何度でも相手しますけど、次はもうちょっと頑張ってください!」と、最後まで上から目線でKUSHIDAを見下しながら、「ムイビエ〜ン!」と言い残して去って行ったのだった。


オープニング

場内暗転からスポットライトに照らされてリングに姿を現したのは、12・30『ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)のメインイベンターという大役を任されることになった“モンスターK”川田利明の父親だ! 川田の母親が隣でフォローしながら、父親は「こんばんわ! 川田利明の父でございます!」と、元気良く挨拶。場内から大歓声が沸き起こるなか、まずは川田母が本日の対戦カードを発表だ!

すると、カード発表を終えたところで、川田が登場! すかさず川田は、「おいおい、親父! おふくろ! また勝手に出て来て、今日来るなんて聞いてないぞ!!」と、はるばる栃木から上京してきた両親をピシャリ! ここでまたしても、川田と川田父が向き合うと、川田父が「利明〜!!」と絶叫だ! ところが、川田は「意味なく呼ぶなよ」と冷たく突き放すと、「だいたい親父、マニアで試合をするんだろ? 今日も、昼にトレーニングしてたじゃないか。こんなところに来るヒマがあったら、家でゆっくり休んでろよ」と、父のカラダを気遣って休養命令。さらに川田は、「親父、今年で73歳だろ? 無理すんなって! また倒れるぞ!! おふくろからもなんとか言ってやってくれよ」と、言うことを聞かない父を説得するよう母に頼み込むも、これに対して川田母は「利明……やる前から負けることを考える人がいますか!」と、息子にまさかの闘魂ビンタ一閃!

この思わぬ一撃に、「殴ったな……俺、親父にも殴られたことないのに」と、『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイばりにうろたえる川田。すると川田母は、「利明、お父さんはね、少しでもあなたの足を引っ張っらないように、毎日、必死のトレーニングを続けているの。今日こうやって出て来たのも、あなたに強い意志をアピールするためなの」と息子を一喝すると、続いて川田父も「わしは本気じゃ! お前も迷わず行けよ、行けば分かるさ、ありがとーっ!」と、“燃える闘魂”アントニオ猪木ばりに息子を叱咤激励。これには、川田も「どこでそんなの覚えてきたんだよ……」と呆れるばかりだ。

そして最後は、「じゃあ、今日は73歳の親父のやる気に免じて、開催宣言は親父に任せるよ」という川田の言葉を受けて、川田父が「今日もハッスルして行くぞーっ! 1・2・3・ダーッ!!」と、グダグダながらもアントンばりにオープニングを締めくくったのであった。


オープニングムービー

2008年の集大成12・30『ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)のテーマは、“どんな逆境でも人はハッスルできる!!”。未曾有の金融恐慌の余波で、不況にあえぐニッポンを元気にしようと、張り切っていたのですが……。

11月の『ハッスル・マニア2008』開催発表会見で、高田総統が発したこの言葉。
「紅白、『Dynamite!!』を蹴散らすには、去年以上のスケール感が必要になる。分かるだろ? そこで、“マニア”と“祭り”を融合して、一発勝負に出ることにした。つまりだ! 私自身も、逆境の真ん中に立つということだ」
一体なんのことかと思いきや、その後、われわれは、この“逆境のど真ん中”の意味を、身を持って知らされることとなる……。

まず、スタッフや関係者が、ビビって、たじろぎ、そして頭を抱えてしまったのが、イベントの肝であるメインカード。ハッスルにとって一番の勝負どころなのだが、高田総統がぶつけてきたのは、なんと、いろんな意味で危険すぎる“究極の親子対決”だ!

方や、本番に来るかどうかも分からない、来て欲しいというこっちの都合などおかまいなしの魔界の住人とその息子。

方や、今年で73歳、これまで闘った経験などもちろんない普通の老人とその息子。

こんな親子の激突を今年のクライマックスに組んでもいいの? 当日まで、どうなるかまったく分からない、問題山積みのカードが今年のマニアのメインになってしまったのだ!

さらに、“逆境”という今年のテーマを体現できる人物、という理由から、マニアでのデビュー戦が決定した、ご存じ、泰葉。当初、さすがに試合は無理との判断で、歌のみの出演ということになっていたのだが、ここにも高田総統が乱入! 高田総統の挑発に対して、泰葉は売り言葉に買い言葉で、急遽、デビュー戦が決定してしまったのだ! だが、この挑戦、あまりにも無謀すぎる!

その後、高田総統は、泰葉の対戦候補をリストアップ。リストのなかから相手を選べと、精神的な揺さぶりをかける。この過去の傷をえぐるような嫌がらせに、泰葉の事務所サイドが「話が違う」と反発! 参戦中止を匂わせるなど、マニアに向けて不穏な空気が漂っている。はたして、泰葉は本当にマニアに参戦するのか!?

メインカード、そして泰葉問題と、難題だらけの『ハッスル・マニア2008』。逆境のニッポンをハッスルさせるはずが、自分たちがまんまと逆境のど真ん中に立つことになってしまったなか、高田総統は、何ゆえにこんな状況を作り出すのか!?

しかし、われわれはこの逆境を、ファンのみなさんと一緒に走り抜けたいと思っています。今日から開幕する、今年最後で最大のハッスル祭り! 思いきってハッスルしてゆくぞー!

『ハッスル・マニア2008』まで、あと……6日。


前説

「後楽園ホールにご来場のみなさん! メリークリスマス!!」。前回の後楽園大会に続き、前説を務めるのは高田モンスター軍の小路二等兵だ! 小路は自己紹介を済ませると、“正しいハッスルの観戦方法”をレクチャー! 自ら音頭を取って、観客と一緒に、「総統」コール、ザ・モンスター℃の「C」コールの練習だ!

するとここで、突然割って入って来たのは、ハッスル中継の実況でおなじみの高橋大輔アナウンサーと、ハッスル・バックアッパーズの浜田翔子ちゃん。二人は、今大会で開催されるUGA着メロ工房『モンスター軍vsハッスル軍 お宝動画ダウンロード対決』の概要を観客に説明。なんと、この動画ダウンロード対決に勝利した軍団のダウンロードをした方から抽選で1名様には、高田総統劇場に参加できるといううれしいクリスマスプレゼント付きだ! これには、「みなさん、絶対にハッスル軍のダウンロードをしてくださいね!」(翔子)、「いやいや、モンスター軍をぜひともよろしくお願いします!」(小路)と、さっそく火花を散らす両者。

そして最後に、小路が会場でのマナーを注意して前説を締めくくったのだった。