「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ファイトカード

高田総統劇場

高田総統以下、モンスター軍のメンバーがバルコニーに勢揃いすると、さっそくアン・ジョー司令長官&小路二等兵が観客に「総統」コールを促す。場内に大「総統」コールが巻き起こるなか、高田総統は「今年最後の後楽園、しかと堪能してくれたかな?」と観客に呼びかけると、「おい、キミか? とりあえずおめでとう!」とオープニングでも紹介されたUGA着メロ工房『モンスター軍vsハッスル軍 お宝動画ダウンロード対決』で当選し、高田総統劇場の参加権ゲットした男性を祝福。続けて、「我こそが高田モンスター軍総統、そして、ハッスルの偉大なる支配者、高田だ!」と自己紹介だ。すかさずアン&小路が、「総統」コールを観客に促すと、またしても場内は大「総統」コールに包まれる!

するとここで、川田が「おい、親父! なんで今日もここに立っているんだよ!!」と、昨日に続き、今日も高田総統の隣にちゃっかり陣取る父親にツッコミを入れると、これに対して高田総統は「いいじゃないかよ! 親父さんは、マニアのメインイベンターなんだぞ! それにだ、こうして親子でクリスマスが過ごせるなんてさ、Kは幸せもんだよ!」とピシャリだ! すると、「確かに、親父とこうしてクリスマスを一緒に過ごせるのは、何年ぶりかな……」と、感慨にふける川田。すかさず高田総統は、「それに引き替え、ひとりぼっちで寂しくクリスマスを過ごす、可愛そうな奴もいるんだよ!」とチクリだ!

これに対して、「誰が寂しいって!?」と花道から現われたのはボノちゃんだ! 続けて、ボノちゃんは「ひとりぼっちじゃないんだよ! さっきも、高校生のお友達たちと、楽しいダンスをしたんだもん!!」と反論するボノちゃん。すると高田総統は、「そんなことはどうだっていいんだよ。おい! 親父と連絡はついたのかよ? いくら魔界の住人だってな、来るのか、来ないか、いまだったら、携帯もあるし、メールだってあるんだよ。きちんと事前に連絡くらいするのが常識ってもんだろ! ん?」と、話をすり変えてボノちゃんを問い詰める。それでも、「お前は気がちっちゃい男だな! パパは来るっていったら来るんだよ!!」と、一歩も引かないボノちゃん。

このやり取りに、川田は「総統、やっぱりカード変更しましょうよ。だって、俺がもしムタだったら、あの親父と対戦するんですよ? 俺だったら、どう考えたって来たくないですよ」と、メインカードの変更を打診。これには、高田総統も「まあ、確かに……、ムタに、このカードの面白さは理解できんだろうな。まあ、モンスターKが言うように、最悪の事態ってやつも想定しなければねいけないのかもしれないな……」と、珍しく川田の意見を聞き入れる。

すると、突然、場内が暗転! ゴーン、ゴーンという鐘の音とともに、場内に流れてきたのは、なんとグレート・ムタの入場テーマ曲だ! 場内が騒然となるなか、花道からついにムタが見参! これには、ボノちゃんも「ホラッ! 来たよーっ!」と、やっと届いたクリスマスプレゼントに大喜びだ!

ところが、ムタの登場が信じられないのか、「待て! 貴様、本物か? いや、影武者かもしれんぞ!」と疑いをかける高田総統は、「おい、貴様! 本物だったら、その頭巾を取ってみろ!」と、ムタに要求! これに対して、ゆっくりとムタは頭巾を取ると、やはり紛れもなくホンモノのムタだ! そして、ムタは挨拶がわりに、さっそく毒霧を噴射! またしても、場内から「オーッ!!」っという、どよめきの声があがる。

ホンモノの登場に、「おい、本当に来ちゃったよ……」と驚く高田総統は、「お父さん、あれが30日に闘う、グレート・ムタですよ」と川田父に教えると、川田父は「初めまして! 利明がいつもお世話になっております!!」と、ムタに向かって懇切丁寧に挨拶。すかさず川田は、「そんな挨拶、どうでもいいんだよ!」とツッコミだ! そして、川田はムタに向かって、「とうとう来やがったな! いいか、マニアでは、俺の親父には指一本触れさせないからな! 俺ひとりで、十分なんだよ!」と宣戦布告!

これに対して、ボノちゃんは「バーカ! パパと組んだら、最強なんだよ!!」と応戦すると、今度はムタに向かって「パパ! 本当に来てくれたんだね。会いたかったよ!」と、約1年ぶりとなるパパとの再会に涙を流す。すると、泣いて喜ぶボノちゃんの頭をなで回し、颯爽とリングを降りるムタ。またしても、パパに置いていかれると思ったボノちゃんは、「パパ、どこに行くんだよ? 置いて行かないでよ!」とムタに声をかけると、「モンスター軍、覚悟しろよ!!」と言い残し、慌ててムタを追いかけて行ったのだった。

「来ないと思っていたんだが、本当に来ちゃったな」と、改めてムタの登場に驚きの声をあげた高田総統は、「だがな、まだ安心するには、ちょっと早い気が。私の横にいるこのお父さんが、いつ倒れるか分からんからな」とニヤリだ。そして、高田総統は川田父に向かって「お父さん、マニアまで無事でいてくれるかな?」と確認すると、川田父は「いいとも!」と、声は弱々しいものの、やる気をアピール! これには場内大爆笑だ!

やる気マンマンの川田父に、胸を撫で下ろした高田総統は、「下々の諸君、今日はここまで……と言いたいところだが、今日はせっかくのクリスマス。そして、『ハッスル・ツアー2008』の最終日だ! 特別に、いまから下に降りて行ってやるよ!」と、ここでまたしてもビッグサプライズ炸裂!

モンスター軍の面々を引き連れて、ひさびさにリング上に降臨した高田総統は、さらに「ハッスルの連中がサインボールを投げてるだろ? 今日はわれわれがやってやるよ! おい、ボールを用意しろよ!!」とアナウンス。するとここで、用意されたサインボールを見て異変に気付いた川田が、「なんで、親父のサインボールが入ってんだよ!」とツッコミを入れる! これには、「いいじゃないかよ! お父さんは、ハッスルの福の神なんだよ。もらうと、何かご利益があるかもしれんぞ!」と川田を説得し、ついにモンスター軍によるサインボール投げがスタートだ!

もう二度ともらえないかもしれない超貴重なクリスマスプレゼントに、必死になってサインボールをゲットしようと、お客さんも大興奮! そして、最後を締めくくるのは、もちろんハッスルポーズではなく、ビターンポーズだ! アンによる説明のあと、高田総統は「今年の集大成『ハッスル・マニア2008』に集結せよ!」と高らかにアピールし、「3・2・1、ビターン、ビターン!!」のビターンポーズで、2008年最後の後楽園大会を華々しく締めくくったのだった。

メインハッスル

6分25秒 パワーボム

2008年、ハッスルのリングで最も頭角を現した男、そして現・川田のタッグパートナー、ゼウス!

欲しいものは、すべて力で奪い取る。己の欲望に正直に行動するゼウスは、ハッスルのリングで富と名声を掴もうと、トップにいる川田をフライパンで2度も襲撃した。そんなやりたい放題を続けるゼウスに、転機が訪れる。それは、今年秋に行なわれた川田との直接対決。川田の首を取れば、欲しいものが手に入る……。だが、結果は、川田に完膚なきまでに叩きのめされてしまった。

人生で初めて出会った自分より強いと思える相手。その後、“本当の強さとは何か?”を川田の下で掴もうと、パートナーに志願したゼウスは、10月の『ハッスルGP2008』決勝戦では、発作で倒れた川田父を助けるなど、これまでとは違う一面も見せた。そんな、コンビとして息が合ってきた矢先のこと、昨夜の後楽園大会の試合後に、なんとゼウスが川田に一騎打ちを要求!

川田はいま、ハッスルマニアでの大一番を控えている。しかも、この試合、素人の73歳の父をパートナーに、ボノ&ムタと闘わなければならない。そんな危機的状況のなかでの、ゼウスの行動に戸惑う川田……ところが、高田総統劇場内で、なぜか決定権を任された川田父がアッサリ了承! こうして、川田の気持ちをよそに、急遽組まれた一騎打ち。はたして、ゼウスの真意とは……!?

閉じるゴングと同時にショルダータックルをかましたゼウス。すぐさま川田を捕らえて、万力のような力で川田の頭を締めにかかる。川田に逃げられると、ラリアットで間髪入れず攻撃だ。一方の川田も反撃開始。気合い満点でステップキックをぶち込むと、ゼウスの腕を持ちながら逆水平チョップでお仕置きだ。ゼウスも必死にこらえるが、確実にダメージは被っている。さらに川田は拷問式のコブラツイストで絞め上げてから、ヒザ立ちのゼウスの胸板にキックを打ち込んでいく。これをゼウスは胸を突き出して、「打ってこい!」と耐えてみせる。ならばと川田も遠慮なしでキックを連打だ。一方的な展開になってきたか? いや、ゼウスはカウンターのジャンピングラリアットで形勢を逆転。ぶっこ抜きブレーンバスター、ネックハンギングツリーを連続で繰り出し、フルネルソンで川田の体力を奪いにかかる。川田もゼウスのクラッチを必死に外そうと凄い形相をするが、ゼウスの怪力は生半可なものではない。さらにゼウスは串刺し式ラリアットからライトニングクラッシュの体勢に入る。ここは川田が必死に防御。ならばと神々の怒りの体勢に入ったゼウスだが、これも川田は持ち上げられる前に防いでみせる。そして、ラリアットの打ち合いから、カウンターの顔面へのジャンピングハイキック! さすがのゼウスもこの渾身の一撃は効いたが、倒れはしないものの動きがストップした。川田は続けざまにもう一発ジャンピングハイキックを決めると、川田はラリアットでゼウスをなぎ倒す。そして、最後はハイアングルのパワーボム! 遂にゼウスから3カウントを奪った。

試合後、マイクを持ったゼウスは、納得した表情を浮かべながら「やっぱ、強いな、おっさんは」と川田の強さを認めると、「実はな、俺、今日でハッスルを旅立つことに決めたんや!」と、まさかの衝撃告白だ! これには、「えっ!? 聞いてねえよ、そんなこと!」と驚く川田だが、「おっさんにはホンマに悪いと思ってるけど、もう決めたことやから」と、すでに意志が固まっていることを伝えるゼウス。

すると、「せっかくここまで成り上がってきたんじゃねえかよ。もったいねえだろ!」とゼウスを必死に説得をする川田だが、ゼウスは「おっさんを超えるためには、おっさんのそばにいつまでもおったらアカンと思ったんや! だから、もっといろんな世界を見て、男を磨いて、いつか絶対、おっさんを超える男になったるんや!」と力強くアピール!

ゼウスへの説得は無理と判断した川田は、「でもな、ゼウス、どこに行ってもハッスルすることを忘れるな! そして、でっかくなって戻って来い!!」とエール! 場内からの大「ゼウス」コールに涙を流すゼウスは、最後に、ゼウスは「短い間やったけど、ホンマにありがとう! ハッスル! 俺はもっともっと、成り上がって、帰って来るからな!!」とアピール! ハッスルを旅立つゼウスに、場内から大きな歓声&拍手が飛び交ったのだった。

ゼウスが去り、リングにひとり残った川田は、「行っちまったな。あんな奴だけど、いなくなると寂しいもんだな」としみじみ語ると、「何をそんなにセンチになってるんだよ!」という声が! すると場内に『威風堂々』が鳴り響き、バルコニーから姿を現わしたのは、昨夜に引き続き2日連続でサンタクロースの衣装を身にまとった高田総統だ!


セミハッスル

9分35秒 首固め

前回の11月シリーズで、長いスランプのトンネルから抜け出た“ミスタープロレス”天龍源一郎は、復活を支えた越中詩郎と共に、しばらく留守にしていたハッスル軍本隊に復帰した。一方、同じく先月の11・22『ハッスル・ツアー2008〜11.22 in IBARAKI〜』(水戸市民体育館)で、天龍&越中から逃げる際、着地に失敗して左足アキレス腱を完全断裂し、度重なる悪行の罰が当たったと方々で囁かれている高田モンスター軍の特命係長 島田工作員!

ところが、当の島田は、自ら踏んだドジを天龍&越中に責任転嫁して逆恨み。復讐に燃えるは、昭和20年代に力道山のライバルとして活躍した“伝説の兄弟タッグ”シャープ兄弟のDNAを入院中に極秘入手し、新モンスター、シャープ兄弟ことダイナ&マイトを誕生させたのだ! そして、昨夜のクリスマスイブ。島田は、シャープ兄弟に命じて、天龍の足を破壊! さらに、卑劣な反則を繰り出し、試合はシャープ兄弟の圧勝となった。

復活した矢先に、またもや足を負傷してしまった天龍。今度こそレスラー生命に、赤信号が点灯? 収まる気配がまったくない島田の復讐の炎。今宵は、決戦第2R! マニアに向けて、天龍と島田の遺恨は、泥沼の様相を呈してきた!

閉じる今日もモンスター軍と共に車いすに乗って島田も登場。マイクを持つと、「おい、老いぼれ! おまえらもこんなふうにして、引退に追い込んでやるからな! いけ、シャープ兄弟!」と命じた。これを合図にモンスター軍が奇襲攻撃。しかし、天龍は昨日痛めた左足のダメージが重いのか、小路の前に劣勢を強いられる。これを挽回したのが越中とTAJIRIだ。天龍を救うと、一気に状況を打開した。そして、TAJIRIが小路にハンドスプリング式エルボーアタックを炸裂させる。続く越中もヒップバットからケツ爆弾を小路にお見舞いだ。さらにダイビングフットスタンプをぶち込んだ越中。その間にも天龍はリングサイドの島田に向かって、ペットボトルの水をぶっかける。ハッスル軍が押せ押せ状態だ。越中とTAJIRIの前に劣勢を強いられていた小路だが、TAJIRIを投げからの腕十字で形勢を逆転。タッチを受けたマイトはココナッツクラッシュ、ショルダータックルでTAJIRIを追い込む。さらにタメのあるボディスラムから、エルボードロップを投下。しかし、TAJIRIはこれを間一髪回避。そして、息を吹き返した天龍とタッチだ。しかし、左足にダメージある天龍はすぐさま場外に追い込まれる。すると、島田ががなりながら車いすで天龍に近付き、車輪でその左足を踏み付け攻撃だ。こうなると天龍も苦しい展開だ。マイト、ダイナから連続で左足に集中攻撃を受けて為す術なし。逆転を狙って、ダイナが足四の字固めに入ったところをスモールパッケージで切り返したものの、野口レフェリーがモンスター軍に気を取られて見過ごされてしまう。これに怒った天龍は野口レフェリーに詰め寄る。ところが、この隙にダイナがメリケンサックを取り出したではないか! ダイナはメリケンサックを指にはめると、まずはコーナーにいる越中とTAJIRIを殴打。続けて、まだ気付いていない天龍にも一撃! さすがの天龍も攻撃は効いた。これで足下が覚束なくなった天龍をダイナはスモールパッケージ! 天龍に返す力もなく、連日の3カウント負けを喫してしまった。

試合後、マイクを持った島田は、「モンスター軍が勝ったどー!」と、場内からの大ブーイングもおかまいなしに勝ち名乗りをあげると、「おい、くそジジイコンビ! お前らな、耳が遠いだろうからよーく聴け! 30日の『ハッスル・マニア2008』、シャープ兄弟が、お前らジジイコンビを三途の川に沈めてやるってってって! 覚えておけ!!」と罵声を浴びせ、シャープ兄弟とともに退場。一方、昨夜に続き連敗を喫してしまったハッスル軍だが、とにもかくにも心配なのが、足のケガが深刻な天龍だ。TAJIRI&越中は、天龍のケガを心配して、マニアを欠場して治療に専念するよう勧めるが、天龍は「お前ら、ふざけんな、この野郎!」とこれを一蹴! 続けて、「足の一本動かねえくらいで、試合を休んでるほど老いぼれちゃいねえよ! 俺はな、『ハッスル・マニア2008』で、俺と同じように苦しんでる中高年世代に元気を与えたいんだよ! 天龍源一郎はな、まだまだ死ぬわけにはいかねえんだよ!」とシャープ兄弟、そして島田へのリベンジを観客に約束したのだった。


応援ボードコンテスト

すっかり後楽園大会の恒例イベントとなった『応援ボードコンテスト』が、今宵も開催! ということで、ハッスル中継の実況でおなじみの高橋大輔アナウンサーによる進行のもと、場内の観客が一斉に応援ボードを掲げると、高田総統をはじめ、ザ・モンスター℃、ゼウス、RG、川田父、天龍源一郎、さらには、“坂田、天下を取るんじゃなかったのか!?”という、欠場中の坂田亘に向けた応援ボードなど、どれも渾身の力作ばかりだ!

するとここで、なんとナットーマンがホール南側からいきなり参上! ナットーマンは、「俺も応援ボードを作ってきたぞー!」とアピールすると、“大豆な、大豆な、ナットーマン!”という手書き応援ボードを高々と掲げて決めポーズ! 場内大爆笑のなか、ナットーマンは「今日も試合がなかったけど……」と自虐ネタを披露すると、「それでもナットーマンは腐らない! 『ハッスル・マニア』では、きっと大豆な場面がやって来る! これからも、ネバー、ネバーギブアップだ!!」と力強くアピールをして、颯爽と消え去って行ったのだった。

そしていよいよ結果発表へ! 見事グランプリに輝いたのは、ナットーマン……ではなく、ハッスルオールスターズの応援ボードを作成したモンスター℃&赤鬼蜘蛛マスクの二人組に決定! 次回行なわれる1・29後楽園大会のペアチケットが進呈された。


ハッスルどライヴ


第3ハッスル

4分17秒 ボノちゃんフリップ

昨夜は、12・30『ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)のメインで激突する川田と前哨戦を行なったものの惜敗してしまったボノちゃん。今宵の相手は、アン・ジョー司令長官&ザ・モンスター℃という手強い相手だが、マニアに向けて勢いをつけるためにも、絶対に負けられない!


場内ビジョンには、ボノちゃん部屋控室が映し出され、テーブルの上には小さなクリスマスツリー、そして壁には靴下、さらにBGMで山下達郎の『クリスマス・イヴ』が流れる。すると、「どうしたんです? 親方」と、男二人のクリスマスにトーンダウンしているのか、元気のないボノちゃんに、声をかけるあーちゃん。

すっかり気落ちしているボノちゃんは「サンタさん、結局、来てくれなかった……」とつぶやくと、「また、親方。サンタなんか信じてるんですか? そんなもんいるわけないでしょ!」と、子供の夢を壊すようなことを平気で言ってのけるあーちゃん。これに対して、ボノちゃんは「いるもん! あーちゃんは汚れているから、見えないだけだよ!」と反論すると、“汚れている”という言葉にショックを受けたのか、あーちゃんは「子供は残酷だな……」とションボリだ。

そして、ボノちゃんは「クリスマスは、パパと一緒に過ごしたかったけど、楽しみはマニアまで取っておくよ。今日は、終わったらお友達を呼んで遊ぶからいいもん」と言うと、立ち上がって控室の外へ。ひとり取り残されたあーちゃんは、「僕もサンタさんにお願いしようかな。汚れが落ちますようにって」と、ボヤいたのだった。

閉じる今日も南側の席から入場してきたボノちゃん&あーちゃんになんとアンが竹刀を持って奇襲攻撃! 背後からボノちゃんを滅多打ちにし、チョーク攻撃で悶絶させる。一人リングに上ったあーちゃんに、押っ取り刀で駆け付けたモンスター℃が襲いかかる。さらにアンのキック攻撃に為す術なしのあーちゃん。体を「C」の字に固められる屈辱まで味わってしまう。這々の体で自軍のコーナーに逃げ帰っていくが、戻ってきたボノちゃんはあーちゃんに冷たく、タッチを受けない。ならばと、全力でモンスター℃をダウンさせてから、ボノちゃんに強制タッチ。今度はボノちゃんも受け入れる。そのボノちゃんは、先程の鬱憤を晴らさんばかりの猛ラッシュだ。まずモンスター℃をコーナースプラッシュ、ドライビングエルボードロップ、ボディプレスの波状攻撃で圧殺。カットに入ってきたアンもコーナースプラッシュで悶絶させると、最後はモンスター℃をボノちゃんフリップで息の根を止めた。


試合後、マイクを持ったボノちゃんは「どうだ! モンスター軍! パパが来るのを待つだけだよ!!」とアピールすると、「クリスマスは、本当は家族と過ごしたかったな。でも、ママもいないし、あーちゃんと二人きり……寂しいな。今日は、『ハッスルどライヴ』でお友達になった高校生のみんなを呼んでます。みんな、出ておいでよ!」とボノちゃんの呼びかけで登場したのは、先日行なわれた『ハッスルどライヴ〜全国高校生LIVEパフォーマンスGP2008〜』決勝大会で、見事優勝に輝いた三重県津西高校ダンス部の『西ダン』のメンバーだ!

華麗なダンスを披露する西ダンにあわせて、場内からは手拍子が飛ぶ。そして、堂々と演じきった西ダンに場内大歓声! すると、ボノちゃんは「今日はみんなハッスルしてたな〜」と西ダンに声をかけると、「ボノちゃんもマニアに向かって、ダンスを練習……ハッスルします! 今年のクリスマスは、みんなのおかげで楽しく過ごせました。マニアでもハッスルするぞ!」とアピールし、西ダン、そして観客と一緒にどすこいポーズを決めて締めくくった。


第2ハッスル

6分4秒 スーパー69ドライバー

スーパーHG、完全復活! モンスター軍完全撃破への道!!

2日続けてご覧いただいている人には、もはや嫌というくらい知っているだろうが、ハードゲイ、HGは改造人間である。
高田モンスター軍の卑劣な罠にかかったHGは、モンスター軍最高医局長のドクター中松によって改造手術をされたり、ハッスル軍専属の天才医学博士、ドクター Kこと木下博勝氏の手による再改造手術を受けたり、とにかくいろいろあって、新ヒーロー・スーパーHGへと変身する新たな力を手に入れた!

そんなHGに対して、高田総統は次々と刺客を送り込むも、パワーアップしたスーパーHGの敵ではなかった。さらに、HGを師匠と慕う空手少女・KGという新たな味方も加わり、このまま一気呵成にモンスター軍撃破か、と思った矢先、HGに思わぬ罠が待ち受けていた!

スーパーHGに変身するたびに、刻々と変化を遂げていた背中のモンスターマークが突如ナゾの発熱! これにより、HGは原因不明の体調不良に陥り、11月シリーズを欠場することとなった。

残されたのは、デビュー1ヶ月と実力的に心もとないKG、そして、存在自体が心もとないRGの二人。しかし、この絶対的ピンチに、ひとりの救世主が現われた! そう、その救世主こそ、“100の顔を持つ男”アラン黒木だ!

HGが復帰後初めてとなる昨夜の後楽園大会では、HGと黒木が初タッグを結成! 試合開始直後は、ぎくしゃくする場面もあったが、黒木のフォローもあって、最後はHGが勝利! 試合後、両者はガッチリと握手をかわしたのだった。目指すはモンスター軍の壊滅! 力強い味方も加わったHGの闘いが幕を開ける!!


するとここで、場内ビジョンには、レイザーラモン行きつけの喫茶店『ともだち』が映し出され、和やかに談笑するHGと黒木の姿が! 楽しそうな二人をながめながら「なんやねんこの二人。昨日はいがみあってたっちゅうのに、いきなりなんやねん?」と、首をかしげるほんこんのおやっさん。するとKGは、「なんか、一緒に試合をしたら、いつの間にか仲良くなってましたよ」と教えると、「それに背中のモンスター軍のマークも消えたし、HGさん、完全復活ですね」と胸をなでおろす。

一方、楽しそうに会話をする二人はというと、すっかり打ち解けたようで、HGは「なんだったらお笑いでも私と正式にコンビを組みませんか? 新コンビなら、M-1出場もできますよ!」と、黒木を新パートナーとして勧誘するほどのアツアツぶりだ。しかし、ここでおやっさんが、「こら! お前には、RGっちゅう相方がおるやろ! 相方を捨てる芸人はろくなもんになれへんぞ!」とピシャリ! 

ところが、HGは「セイ! おやっさんだって、昔は今田さんとコンビを解消して、板尾さんと130Rを結成してるじゃないですか!」と反論すると、「そうだ、黒木さん、私と二人で、“ダブル腰振りーズ”ってどうですか?」と、おやっさんの忠告を無視してコンビ結成の話を進めようとするも、HGが振り返ったときには黒木の姿はそこにはいなかった。そして、カウンターの上には、一枚のメモが。

「いろいろあって、腰振りキャラは卒業した。先に後楽園ホールに行っている。今日もよろしく頼むぜ!」

はたして、HG&黒木は、モンスター軍を返り討ちできるか!?

閉じる先発はHGとニセHG。早速、掛け声合戦を始める両者。いつもは分が悪いHGだが、今日はしっかりと観客も「本物、フォー!」と応えてくれる。これに気をよくしたHGは、さっさと黒木にタッチしてしまった。黒木は華麗な動きでニセHGを翻弄。ドロップキックを叩き込み、キザなポーズを決める。そして、HGと手を繋いでのエルボードロップなど、息の合ったコンビネーションプレーも披露する。さらにトレイン攻撃を決めた黒木とHG。ニセHGをコーナーポストに上げると、まずはHGが雪崩式フランケンシュタイナー、黒木がミサイルキックを連続で見舞う。ハッスル軍は押せ押せ状態だ。もはやニセHGは虫の息。と、このピンチにようやくシルバがリングイン。あっという間にニセHGに覆い被さるHGと黒木を吹っ飛ばす。HGと黒木の二人がかりの攻撃もなんのその。二人まとめラリアットで吹っ飛ばすと、HGをロープ際に追い詰めチョーク攻撃だ。ところが、ここで場内が暗転! HGがスーパーHGに変身だ! 場内が明るくなると、あのシルバが吹っ飛んでいる。ちょっと押しただけで、あの巨体が場外に転落してしまったのだから凄まじいパワーだ。有り余るパワーでニセHGをその場でコマのように回転させるスーパーHG。まるで一人でフォークダンスを踊っているようだ。そんなニセHGをスーパーHGは69ドライバーの体勢に捕獲。タップリと腰を振ってから、ニセHGの脳天をマットに串刺し! 今日も無類の強さでニセHGを退治した。


試合後、マイクを持ったニセHGは、「ニセ〜イ! いつの間にそんなに仲良くなってたんですか〜?」と低音ボイスながら驚きの声をあげると、「『ハッスル・マニア』、あのドクター中松氏が、秘密兵器を用意して、あなたたちを潰しに行きますんで楽しみにしてくださ〜い。分かりましたか〜? そして、ニセモノでした〜」と、なんとドクター中松の手によって生み出された秘密兵器の投入を示唆!

新たなるナゾを投げかけて去って行ったモンスター軍に対して、HGは「『ハッスル・マニア』に、ドクター中松がバッチコイするようですね。あのインチキ発明家に、私のカラダをいじり倒してくれた恨みつらみをマニアで晴らしてやりますよ!」とドクター中松へのリベンジをアピール! 続けてHGは、「黒木さん、もちろん力を貸してくれますよね?」と黒木に協力を求めると、黒木は「野暮なことを聞くなよ、HG。俺は俺の仕事、つまりあんたたちハッスル軍を全力でサポートするって。よろしくな、相棒!」とカッコ良く快諾し、二人はガッチリと握手をかわしたのだった。


第1ハッスル

12分6秒 ムイ・ビエーン

前日、高田モンスター軍に“仮採用”という形で加わった、メキシコ帰りのレイ大原。NWAインターナショナルジュニアヘビー級王者という輝かしい実績、さらには5年間にわたる修行で築き上げてきたルチャ殺法で、“モンスター超新星”として大きな期待を早くも集めた。

一方、大原の登場に、黙っていられないのが“ハッスル超新星”KUSHIDAだ。昨夜は、新参者の大原の前に、屈辱のギブアップ負け。自ら再戦を要求しているだけに、連敗は許されないところ。はたして、KUSHIDAのリベンジなるか!?

さらに、昨夜に引き続き、“クリスマス限定モンスター”としてサタン・ザ・サンタ2008、さらに今夜は、ア・トーナ・カイ2008が登場! 今宵も、ハッスル軍に“悪のクリスマスプレゼント”を贈り届けるのか!?


場内ビジョンに映し出されたのは、モンスター軍控室。するとここで、頭に三角巾をかぶった大掃除ルックの小路二等兵が登場! 小路は、「しかし、ボキャブラ世代って懐かしいなあ。いまのレッドカーペット世代には、分からないだろうなあ……」と感慨にふけっていると、「まったくデース!」と同じく大掃除ルックのアン・ジョー司令長官が現われ、「それより心配なのは、モンスターKデース。マニアで大一番を控えているのに、今日も歌うつもりだったみたいデスネ。ホントに大丈夫なんでしょうか?」と、大一番を控えたわりには緊張感のない川田を心配する。

すると、「こら! 貴様ら、サボってるんじゃないよ!!」と怒声をあげながら現われたのは、頭に三角巾、口にはマスク、手にはほうきと、昨年のクリスマスSP同様、2年連続で大掃除ルックに身をまとった高田総統だ! やる気マンマンの高田総統は、「“今年の汚れは、今年のうちに”と言うだろう!? うん? 大掃除ももちろんだが、試合のほうもスッキリと、小汚いハッスル軍を片付け、『ハッスル・マニア』を迎えようじゃないか!」と、威勢良くアピール! と、ここで高田総統は、「それはそうと、アイツいないじゃない。昨日、ウチで働くことになったオオハラ・レイコくん」と、姿が見えないレイ大原のことに触れると、アンは「あいつ、さては大掃除をサボってマスネ! 新入りなのに、不届きな奴デース!」と、怒りをあらわにする。
すると、やはり大掃除ルックの大原が、「お疲れ様です! トイレ掃除、終わりました!」と、爽やかに登場! 続けて大原は、「あっ、総統! 本日より改めてお世話になる、レイ大原です! 今後も共にいい関係を気付いていきましょう!」と挨拶すると、握手がしたいのか、強引に高田総統の手を取る。これには、「大丈夫? 手、洗ったの?」と、すかさず確認した高田総統は、「まあいいわ! 貴様のその自信たっぷりな態度、最近の若者にはない頼もしさを感じる。が、しかしだ! 貴様はまだまだモンスター軍新入り、足元をすくわれると、“内定取り消し”もあるぞ! 覚悟しておけ!!」と忠告し、「景気回復祈願、ビターン!!」で大原を送り出したのだった。

閉じる今日もベルトをひけらかす大原に対して、KUSHIDAがいきり立つ。しかし、それを制して先発を買って出たのはRGだ! 対するモンスター軍からはア・トーナ・カイが登場。意外や意外、RGは軽快な動きでア・トーナ・カイの動きをかわしていく。すぐにア・トーナ・カイのダブルチョップを被弾したものの、今日のRGはこんなことでは引っ込まない。ア・トーナ・カイの角を掴んで攪乱すると、またも軽やかなロープワークを披露し、アームドラッグで投げ飛ばしてみせた。続いてはチエが登場したハッスル軍だが、ア・トーナ・カイはサタン・ザ・サンタを呼び込んでツープラトンの攻撃。しかし、今日はチエも絶好調。サタン・ザ・サンタの前方へのフェースバスターをアームドラッグで切り返すと、ドロップキック、バンザイパンチでダウンさせてみせた。続いてはKUSHIDAと大原の対戦だ。KUSHIDAとしては昨日の借りを返したいところ。しかし、大原はメキシコ仕込みの足関節技でKUSHIDAを捕獲。ならばと、KUSHIDAもエルボー合戦からハンドスプリング式エルボーアタック、その場飛びのムーンサルトでお返しだ。しかし、大原もどこでどう極めたのか分からない関節技でKUSHIDAの腕を極める。これで劣勢に陥ったKUSHIDAはア・トーナ・カイの角による串刺しスピアー、サタン・ザ・サンタのクリスマスを意識した「X」字チョップを浴びせられてしまう。モンスター軍のコーナーに追い詰められ、またも大原からいたぶられるKUSHIDA。ここをなんとか意地の低空ドロップキックで脱出すると、タッチを受けたRGが大奮闘。大原を直立式ボディアタックで蹴散らすと、サタン・ザ・サンタにはチンクラッシャー、さらにア・トーナ・カイも直立式ボディアタックで蹴散らしてみせた。このRGの大奮闘を合図にハッスル軍が大攻勢を開始だ。チエが大原をキャメルクラッチで捕獲したところにKUSHIDAが顔面へのドロップキック! 続いてはKUSHIDAが捕らえた大原の顔面へ、RGが恐怖の生肛門スター! しかし、大原が巧みに体を入れ替えたためにRGの汚いケツがKUSHIDAの顔面に誤爆! だが、ハッスル軍は攻撃の手を緩めない。KUSHIDAとチエがサタン・ザ・サンタとア・トーナ・カイを股裂きに捕らえると、RGが中央で生肛門スターの体勢だ。と、ここに大原が介入。RGを背負うと、ブンブンと振り回した。しかし、RGの勢いは衰えない。場外に落ちたモンスター軍に向かって、トップロープからRGプレスを発射! 今日のRGは凄いぞ。しかし、観客の声援を聞いていい気分に浸っていたところで、大原に捕まってしまう。このRGの窮地を救ったのはKUSHIDAだ。KUSHIDAはミサイルキックで大原を吹っ飛ばすと、旋回式のDDTで追撃。そして、トドメを狙って超新星プレスを発射だ! しかし、大原はこれを間一髪回避。すぐさまKUSHIDAを捕まえると、昨日と同様に関節技ムイ・ビエーンでギブアップを奪った。


試合後、マイクを持った大原は、「いや〜、KUSHIDAクン、つくづくガッカリですよ。ハッスル入って3年目ですよね? 自分のような新参者に負けて悔しくはないんですか?」と皮肉たっぷりに吐き捨てると、「だいたい、こんなペンペンでモロい人(RG)が戦力になっているようじゃ、上の方の人たちも余裕ですね〜」と、これでもかとハッスル軍をこき下ろす。

これには、「RGのことは何を言われてもいいが、師匠のTAJIRIさんの悪口だけは許さねえ!」と怒りをあらわにするKUSHIDA。さらに、「そうだぞ! RGのことは、ボロクソ言ってもいいけど、TAJIRIさんはすっごい人なんだよ!」とチエも続くと、「YO! YO! 二人とも、“さん”を付けよう! RG“さん”でしょ! いちおう俺のほうが先輩なんだから、リスペクトしなさいよ!」と後輩にまで呼び捨てにされてしまったRGが、すかさずツッコミだ!

このやり取りを呆れながら聞いていた大原は、「RGさん、今日も面白くないトークをありがとうございました」と、言葉丁寧にチクリ! これには、場内も大きな拍手で賛同だ。さらに、大原はメキシコで有名なことわざをスペイン語で披露すると、「それじゃあ、その師匠とやらも、今度、連れてきたらいいじゃないですか。このNWAインターナショナルジュニアヘビー級チャンピオンの僕が、相手をしてあげます」と余裕を見せつけると、「それでは、今日もムイビエ〜ン!」と言い残して、去って行ったのだった。


オープニング

場内暗転からスポットライトに照らされてリングに姿を現したのは、今年一年、後楽園大会のオープニングを盛り上げてきたハッスル屈指のエンターテイナー、“モンスターK”川田利明だ! 川田は、「待たせたな! 我こそが、歌って、踊れて、試合もこなせる“パーフェクト・ハッスラー”川田だ!」と挨拶すると、まずは本日の対戦カードを発表!

カード発表を終えたところで、さっそく川田が「2008年の後楽園大会は今日が最後なんだよ。今年、ここでいろいろ歌を歌ってきたな」と話を切り出すと、「『キューティーハニー』は2回も披露したし、鼠先輩とも絡んだし。でも、俺はこれからも、ずっと、ずっとも歌い続けていくから期待してくれよ!」と、観客にアピール! ここで、川田は「今日は、もう勘付いているとは思うけど、クリスマスということで、クリスマスにちなんだ歌を披露してあげるよ!」と、クリスマスプレゼントがわりに歌を披露しようとのだが、場内に流れてきたのはアメリカ国家だ。

「おい、なんだこれ!?」と、予想外の出来事に困惑する川田。するとここで、花道から現われたのは、なんとアメリカ次期大統領のバラク・オバマ……と、思いきや何かが違う。すかさず、川田は曲を止めさせ、オバマ似の男に「お前、誰だよ!?」と尋ねると、「マイ・ネーム・イズ……バラク・オバマ!」と、平然答えるオバマ似の男。もちろん、まったく信用してない川田は、「ウソつけ! !!」と問い詰めると、オバマ似の男は「イエス・ウィー・キャン! チェンジ・ウィー・ニード!」と決まり文句を披露したと思いきや、なぜか日本語で「相方をチェンジ!」と強くアピール! すると、オバマ似の男の傍らにいるSPらしき男が、「やかましいわ!」と、絶妙なツッコミを入れる!

これには、「お前ら、何をネタやってんだよ!?」とオバマ似の男に詰め寄る川田は、止めにかかったSPにチョークスリーパー! すかさず、SPは悲鳴をあげながらギブアップだ! 怒りが収まらない川田は、「俺は歌を邪魔されるのが、一番腹が立つんだよ! お前も同じような目に遭わせてやるよ!」と詰め寄ると、オバマ似の男は素に戻り、「ちょっと、ちょっと、待ってください! ごめんさない! すみません!!」と平謝り。さらに、SPが「僕ら、本当は芸人なんです!」と打ち明けると、オバマ似の男は「太田プロのデンジャラスと言います! 『ボキャブラ天国』とか出てたんですけど、知らないですか?」と必死に説明しながら、「ノッチです!」と十八番ネタを披露! そう、突如現われたこの二人組は、“ボキャブラ世代”のお笑い芸人・デンジャラスだったのだ!

ところが、「いや、知らねえけど……」と、冷たく突き放す川田。しかし、太田プロと言えば、川田もデンジャラスと同じ太田プロ所属、しかも川田のほうが後輩だ。そこをデンジャラスに突っ込まれた川田は、「そう言われてみればそうだな」と一定の理解を示したものの、「それよりもな、キャラクター芸人ってのは、旬だけしか生きられないんだよ!」とニヤリ。そして、完全に上から目線で川田は、「お前らも、ちょっとは長生きしろよ!」とデンジャラスにエール! そして、最後はノッチが「ハッスル・クリスマススペシャル、イエス・ウィー・キャン!」と開催宣言をし、オープニングを締めくくった。


オープニングムービー

7月よりリニューアルした『ハッスル・ツアー2008』。そして、今年の後楽園大会も、おかげ様で本日が最終日となりました。今年も、数々の伝説を残してきた後楽園大会。最終日まで無事たどり着けたのも、ひとえにファンのみなさんの応援があってこそ。

そこで、今年最後の後楽園大会のテーマは、ズバリ! ハッスルからファンの皆様へ、感謝の気持ちを込めたクリスマスプレゼント! はたして、どんなサプライズが飛び出すのか!? 最後まで、心行くまでお楽しみください!

ところで、いよいよ開催が迫ってきた今年の集大成12・30『ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)。昨夜は、マニアでのデビュー戦が決定している泰葉が登場。さらに、そこに高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官も現われ、泰葉を散々挑発した挙句、ついに怒りの泰葉が、アンに対戦要求! デビュー戦まで待ったなし! はたして、泰葉は人生最大の逆境を乗り切れるのか?

さらにメインカードの、ボノ親子と川田親子の激突も見逃せない! 昨夜は、息子同士が前哨戦で激突! 現在のところ、ボノちゃんのパパ、グレート・ムタは姿を見せず。はたして、ムタはマニアの現われるのか!? この究極の問題作は、本当に成立するのだろうか!?

逆境だらけの今年の『ハッスル・マニア2008』。『ハッスル・マニア』とは、今年一年繰り広げてきたドラマの終着駅であり、新たなドラマの出発駅。きたる2009年に向け、どんな変化が待っているのか……!?

『ハッスル・マニア2008』まで、あと……5日。


前説

「後楽園ホールにご来場のみなさん! こんばんわ!! 2日連続でオープニングトークに帰ってまいりました!」。前日に引き続き2日連続で前説を務めるのは、高田モンスター軍の小路二等兵だ! 小路は自己紹介を済ませると、“正しいハッスルの観戦方法”をレクチャー! 自ら音頭を取って、観客と一緒に、高田総統の「総統」コール、ニセHGの「ニセモノ・フォー」コール、ザ・モンスター℃の「C」コールの練習を開始!

するとここで、突然割って入って来たのは、ハッスル中継の実況でおなじみの高橋大輔アナウンサーと、ハッスル・バックアッパーズの海川ひとみちゃん。二人は、今大会で開催されるUGA着メロ工房『モンスター軍vsハッスル軍 お宝動画ダウンロード対決』の概要を観客に説明。なんと、この動画ダウンロード対決に勝利した軍団のダウンロードをした方から抽選で1名様には、高田総統劇場に参加できるといううれしいクリスマスプレゼント付きだ! これには、「みなさん、ぜひハッスル軍の動画をダウンロードしてください!」(海川)、「モンスター軍をぜひよろしくお願いいたします!」(小路)と、さっそく火花を散らす両者。

そして最後に、小路が会場でのマナーを注意して前説を締めくくったのだった。