「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ファイトカード

高田総統劇場

高田総統以下、川田親子を除いたモンスター軍のメンバーがステージ上に勢揃いすると、さっそくアン・ジョー司令長官&小路二等兵が観客に「総統」コールを促す。場内に大「総統」コールが巻き起こるなか、いつもとは違う金のラメが入った深紅のド派手なマニアバージョンの衣装に身を包んだ高田総統が、「大みそか!」と言ったところで、ここで思わぬマイクトラブルが発生! ここで小路から手持ちマイクを手渡されると、気を取り直して高田総統は、「裏番組を意識して、ちょっとばかし衣装を派手にしちゃったよ。小林幸子! こんの〜ヤ〜ロ〜!」と、紅白歌合戦の視聴率女をチクリだ! そして、「我こそが高田モンスター軍総統、そしてハッスルの偉大なる支配者、高田だ!」とおなじみの自己紹介をぶちかますと、またしても場内は大「総統」コールに包まれる!

するとここで、「意外と聞いたほどでもなかったけど、有明コロシアムは寒くないな。これもきっと、みんなの熱気が暖めてくれたんだよ!」と観客に礼を述べた高田総統は、「本題に入る前に、モンスターKの親父さんは、生きてるのか?」と小路に確認。すると、小路は「はっ! ドクター中松が手当てをし、一命は取り留めました!」と川田父が無事であったことを伝えると、高田総統は口撃の矛先をリング上に向け、「ところで、今日は、見慣れない顔が混じってるな。ん? おい、そこにいるハチマキをした男は、髭男爵じゃないか」と、ケンドーコバヤシにチクリだ! これに対して、「それは、もしかして、僕のことを言ってるんでしょうか? 確かにヒゲは生えてますけど、男爵じゃありませんよ! おひさしぶりです!ケンドーコバヤシです!」と、律儀に挨拶するケンコバ。これには、「お〜、これは失敬。ケンコバか。ひさしぶりじゃないか」と挨拶を返す高田総統だったが、「聞けば貴様、大みそか『ガキの使い』にも出るらしいじゃないか。裏番組にも出て、こっちにも出て、節操がないと思わないのかよ!」と“これでもか〜、これでもか!”と言わんばかりに、ケンコバを追い詰める。もちろん、これには場内大ブーイングだ!

高田総統の容赦ない口撃に、ケンコバは「高田総統! この空前のお笑いブーム。そのなかで芸人というのは、いつ消えるかわからない、逆境に生きてるんですよ!」と必死にアピールすると、これに続けとばかりに、猪木も「そうです。いつ何時、誰の仕事でも受けます! レッドカーペットスタッフのみなさん! 今年1年、アリガトーッ!」と、とんちんかんなアピール! すかさず、高田総統から「レッドカーペットって他局の宣伝だよ!」とツッコミが入ると、「お前にひとつ忠告してやる。そんなにアントニオ猪木のモノマネをしてると、ああいう人になっちゃうぞ。気をつけたまえよ!」とピシャリだ!

もちろん、高田総統の口撃は、女性相手にも容赦ない。眞鍋を見つけた高田総統は、ここぞとばかりに「あれ? それと……そこにいる、おねーちゃん……。聞くところによると、毎晩、毎晩、酒浸りらしいじゃないか」とどこから仕入れた情報なのか、芸能レポーターもビビッて、たじろぐ特ネタでチクリ! これには、すかさず眞鍋も「酒浸りじゃありません! でも毎日飲んでますけど……飲みたくもなるくらい、芸能界の逆境を生きるのに必死なんですよ! 来年もハッスルしてやります!」と“やるって節”で自身の逆境ぶりをアピールだ!

ところが、「ヨー、ヨー! あなたたち逆境、逆境って言ってますけど! あんたら、そんなこと言って年末年始は忙しいんでしょーが! 本当に逆境なのは、僕なんですよ!」となぜか噛み付いたのが、芸人としてのスケジュールはいつもガラ空きのRGだ! ところが、ケンコバは「RG、下がってろ! どうせここは、カットになれるんだから」とアッサリ一蹴するも、「ハッスルのリングは僕のフィールドですから、上がって来ないでくださいよ!!」と取り乱すRG。これには、またしても天龍が「見苦しいぞ、この野郎!」と、マイクでゴツンだ!

このやり取りを見ていた高田総統は、「みんな、いろいろ大変なんだね〜。うまくいってるように見えてもさ。それぞれが苦労を背負ってるんだよな」と、まるで他人事のように語ると、すかさずボノちゃんが「何、のんきなこと言ってんだよ! おい! バカ田総統!」をツッコミが入る。続けて、ボノちゃんは観客に向かって、「ボノちゃんの来年の目標が決まりました! 高田モンスター軍、全員、ぶっ飛ばしてやる!」と“打倒・モンスター軍”を改めてアピール!

ボノちゃんの宣戦布告に対して、「ハッスル軍の連中にだまされて、仲間になったんだろ? そんなんじゃ、貴様の2009年なんて、今年以上の逆境にだよ。覚悟しておくがいいぞ!」と高田総統は鼻で笑うと、「では、下々の諸君。今日はここまでだ、バッドラックだ!」と言い残し、モンスター軍の面々と共に去って行った……と、思いきや、なぜかその場にとどまって動こうとしない高田総統。すると、「帰ろうと思ったんだけどさ、物足りなったから、もうちょっとしゃべろう!」と、高田総統から提案されたまさかのアンコール演説開始に、場内も大盛り上がりだ!

ここで高田総統は、「本日を持って2008年のすべてのイベントを終了することができた。これも下々の諸君の応援のおかげだ! 心から礼を言うぞ。ありがと」と、今年一年、応援してくれたファンに感謝の念を述べると、「本日はその礼の意味を込めて、みんなでハッスルポーズを決めて終わろうじゃないか!」と、なんとモンスター軍、ハッスル軍みんな一緒にハッスルポーズで締めくくるという、仰天プランを披露!

これには、すかさずTAJIRIが、「ちょっと待ってくださいよ! ハッスルポーズは我々ハッスル軍のもんでしょ! なんであなたがそんなの勝手に使えるんですか!?」とクレームを付けるも、高田総統は「TAJIRI、何、言っちゃってんの? ハッスルポーズは本来、ハッスルの支配者である私のものだろ? 自分のものだと勘違いする前にさ、ハッスルをトンズラして、いまだにあちこちでハッスルポーズをやり続けている小川直也を注意しろ! バカ野郎!!」と、これをアッサリ一蹴! そして、高田総統は「それはいいとして、今日のテーマは、“どんな逆境でも人はハッスルできる”だ。来年は、少しでも日本の景気が良くなるように、日本のみんなが豊かになるよう願いを込め、ハッスルポーズをしよう。私は、そういう大きなビジョンを描いて、発言してるんだよ! わかるだろう?」とTAJIRIを説き伏せると、TAJIRIは「ま、そういうことなら……。じゃあ、今日だけはノーサイドで、一緒にやりましょうか!」と、これまでの因縁を一旦水に流して、この提案を了承。

最後に、高田総統は「明日は、テレビ東京で、今日のイベントの模様が放送されるから、必ず観てくれたまえよ!」と大みそか31日に、テレビ東京系列で夜9時半から放送される『大晦日ハッスル・マニア2008』を観るように念を押すと、「2009年、どんな逆境が来ようとも、ハッスルするぞーっ!!」と呼びかけ、「3、2、1、ハッスル! ハッスル!! また、来年!」と、ハッスルポーズで2008年のラストを華々しく締めくくったのだった。

メインハッスル

20分46秒 ボノちゃんフリップ

ハッスル2008年の集大成。これより2組の親子が闘います……。

ボノちゃんとその父。

いまや、ハッスルで語り草となっている、1年半前の大事件。この出来事をきっかけに、“愛と美と闘いの女神”インリン様は卵を産卵し、ボノちゃんがこの世に生を受ける。そして、昨年の大みそか、ボノちゃんはパパと初めてのご対面。生まれてからママとずっと二人きりだったボノちゃんは、かっこいいパパの姿に夢中になり……。しかし、ほんの束の間のパパとの再会。この日を境に、ボノちゃんの家族の幸せを探す苦悩の旅が始まった。

家族と共に暮らしたい。その思いが募るほど、揺らぐ親子の絆。父親の不在が、母と息子の確執を生み、取り返しのつかない悲劇を生んでしまう。そして、今年5月に行なわれた母と息子の“禁断の一騎打ち”。父を追い求めた結果、訪れた母との悲しい別れ。心に大きな傷を抱え、何度も希望を失いそうになった。そんな逆境のなかでも、ボノちゃんの魂は、パパを求めずにはいられなかった。

「パパと組んで一緒に試合がしてみたいな。やっぱりパパに会いたいよ! パパーッ!」
すると、そのとき、魔界のパパから届いた“マニアで再会”のメッセージ。はたして、ボノちゃんの旅の結末は!?

そして、奇妙な巡り会わせで、今夜、試合をするハメになったもう一組の親子。

川田利明とその父。

“歌って踊れるハッスラー”として、2008年も、歌に試合に全力でハッスルしてきた“モンスターK”川田利明。プロレスラーになっていなかったら、歌手になっていたという川田に、子供の頃からの夢を叶えるチャンスがまわってくる!

今年下半期に開催された、『ハッスルGP2008』。ハッスル初のビッグトーナメントを記念し、優勝者には、全知全能の高田総統から、どんな願いでもひとつだけ叶えてもらえるという副賞が贈られることに! CDデビューという夢を携え、GPに出陣した川田は、世界の強豪がひしめくなか、準決勝まで順調に勝ち進む。そして、迎えた決勝の舞台は生まれ故郷の栃木県。両親が見守るなか、夢にあと一歩と迫った、その時であった。リングサイドで息子の試合を見守っていた川田の父が、心臓の発作を起こし、救急車で搬送されるというアクシデントが発生!

動揺を隠せない川田。だが、必死でその気持ちを抑えながら、最後は、執念のパワーボムで坂田亘から3カウントを奪取し、念願だったCDデビューの夢を掴んだ。ところが……。

「俺、CDデビューなんてしなくていい! いま、親父が心配なんです! お願いします! 総統、俺の親父を助けてください!!」

逆境のなかで見つけた、家族の幸せという本当の夢。今年一年、ハッスルは“親子の絆とは何か?”を、この2組の親子を通じ、考えさせられてきました。そんななか、ハッスルの支配者・高田総統は、今宵のメインで、どちらの絆が強いのか決めてみろと、あまりに無謀なマッチメイク。片や、子の心配をよそに、帰ってこない父。片や、73才の老人。そして、試合が決まり、なぜかやる気満々の困った父。

まさに、逆境と呼ぶにふさわしい問題山積みのカードに不安が募るなかで迎えたクリスマスSP後楽園大会で、ついにあの放浪親父が魔界から降臨! そして、息子と1年ぶりの再会をはたす!

2008年の最後に、この親子の激突を見ながら、お茶の間で自分の家族について考えてみませんか?

閉じる先に入場してくるのは川田親子。川田父は川田とお揃いのロングパンツを着用。手を上げて、観客の声援に応えている。やる気満々だ。一方のボノちゃんはステージからではなく観客席から一人で入場。席をかき分け花道に上がると、ノシノシとリングインした。やはり、ムタは来ないのか? このボノちゃんに対して、川田父がやたらと血気にはやっている。ここは川田が必死に制して、いよいよゴング。ムタ不在のまま試合はスタートだ。まずはボノちゃんのチョップと川田のローキックの打ち合い。ボノちゃんがコーナースプラッシュを決めれば、川田もボノちゃんをコーナーに自爆させてジャンピングハイキックを叩き込む。そして、ストレッチプラムで早くもトドメを刺そうとする。ところが! ここで川田父が言うことを聞かずにリングイン! ボノちゃんにパンチを食らわしていく。困った親父だ。と、ここで場内が暗転! ステージにはスモークが焚かれ、鐘の音が鳴る。思わず、ボノちゃんを放してしまう川田。お馴染みのテーマ曲が鳴り響き、遂にムタの登場だ! ゆっくりとリングに上がったムタはボノちゃんに近付くと頭をナデナデ。そして、川田を威嚇するように毒霧を天に向かって噴射する! 川田とムタの対戦だ。まずは川田がムタに対してキックを連打。スピンキック、串刺し式フロントキックを決めると、ブレーンバスターで投げ飛ばす。だが、ムタも川田も蹴り足を掴んでドラゴンスクリューで反撃。さらに串刺し式のシャイニングウィザードを見舞って、ボノちゃんにタッチだ。ボノちゃんとムタは連続でフラッシングエルボーを投下すると、ボノちゃんがボディプレスで川田を圧殺だ。この息子のピンチに川田父がリングに入る。しかし、ムタは容赦なく川田父を捕まえると、至近距離から顔面に毒霧を噴射! 哀れ戦闘不能に追い込まれた川田父はモンスター軍に担がれて、会場から去っていった。さらにムタは川田にもシャイニング弾を発射! 川田ももんどり打って、場外に転落した。

 と、ここで場内のスクリーンに高田総統が映し出される。高田総統は、「おい、ムタよ。貴様はシャレというのが分からんらしいな。よく考えてみろよ。こんな試合がマニアのメインなわけねえだろう。前置きはこれぐらいにして、これから真のメインを始めようか。モンスターKのパートナーはエスペランサー・ザ・グレートだ!」と新たな闘いの化身を送り込むことを宣言し、ビターンを打った! すると、場内には『トレーニングモンタージュ』が鳴り響く! ザ・エスペランサーの新たなバージョン、エスペランサー・ザ・グレートの登場だ。ガウンのフードを目深に被ったエスペランサーは不気味な顔でリングに近付く。場内には不気味な音楽が鳴り響く中、試合再開だ。エスペランサーは強烈な蹴りでボノちゃんを一蹴。リング内にはムタとエスペランサーの二人となった。さすがのムタもエスペランサーには容易に近づけないのか? 二人の間には凄い緊張感が流れる。と、突然、突っ込んできたエスペランサーをムタは間一髪で避けてみせる。そして、しばらく間をおいてから、チョップで攻撃! しかし、エスペランサーはこれを軽々とキャッチして投げ飛ばすと、すぐさま強烈なニーリフトを食らわした。そして、あの恐怖のレーザービターン! 間一髪ムタは避けたものの、セットが吹っ飛ぶほどの凄まじい破壊力だ。ならばと、ムタは毒霧を天に向かって噴射して、エスペランサーの気を反らせると、右ヒザ目がけて低空ドロップキックを連発。さらにドラゴンスクリューで右ヒザを捻ると、足4の字固めの体勢に捕らえた。しかし、エスペランサーは不気味な目つきで指をムタに向けて構える。こんな至近距離からレーザービターンか! さすがのムタも慌てて場外に逃亡。その隙にリングに入ったボノちゃんだったが、地獄突きで返り討ちに遭ってしまう。この間にムタはイスを片手に花道を歩いてエスペランサーの気を引きつける。そして、背後からボノちゃんがエスペランサーを羽交い締め。そこにムタがイスで一撃だ。しかし、エスペランサーに効いている様子はない。こんな不死身のエスペランサーに思わずムタも後退り。ステージを一歩一歩下がっていく。と、そこにレーザービターンが炸裂! ムタのいた付近が爆発した。しかし、ムタはまだ生きている。そのうめき声を聞いたエスペランサーはムタに近付き、トドメの一撃だ。ステージに開いていた魔界の穴に落ち込むムタ。しかし、ムタもしぶとい! エスペランサーの足を掴むと、無理矢理魔界へと道連れ! エスペランサーと共に姿を消した。ここで、ようやく息を吹き返した川田。ボノちゃんに蹴りを食らわして、リングに戻す。パパがいなくなって、もはやボノちゃんには闘う気力がないのか、川田の攻撃を受け続ける。川田の串刺し式フロントハイキック、スピンキック、ニードロップがボノちゃんを襲う。しかし、ボノちゃんも息を吹き返した。川田の攻撃を仁王立ちで受け止めると、ブレーンバスターで反撃。そして、全体重を浴びせる恐怖のボノちゃんフリップ! さすがの川田もこれを食らっては万事休す。ボノちゃんが3カウントを奪い、勝利を手にした。

試合後、エスペランサーとともに消え去ったムタを探しながら、「パパ! どこにいるの!? 僕、勝ったよ! 『ハッスル・マニア』のメインで、勝ったよ! 強くなったボノちゃん、見てくれたでしょ!? パパ〜! 出てきてよ!!」と、泣きながらパパを呼ぶボノちゃん。しかし、ムタの姿はどこにも見当たらない……。

するとここで、場内ビジョンに映し出されたのは、高田総統だ! 不敵な笑みを浮かべながら「なんかカラダがすっきりしたな」とつぶやいた高田総統は、「おい、ボノよ! ムタがどこに消えたのか、知りたいか? ムタの奴め……力ではかなわんと見て、エスペランサーを魔界に引きずりこみよったわ! こしゃくな奴だ。ま、きっと今頃、お前のオヤジは、魔界の藻屑になっているだろうよ。これでお前は、ママもいない。そしてパパもいない。正真正銘、天涯孤独の身ということだ!」と、ボノちゃんに非情通告! そして、高田総統は、高笑いをしながら消えて行ったのだった……。

この厳しい現実に、「ウソだ! パパがやられるわけないよ! ウソだー!!」と泣き叫ぶボノちゃん。するとここで、場内が暗転し、ビジョンには、ボノちゃんとムタ、そしてインリン様との思い出が、まるで走馬灯のように映し出される。そして、ふたたびリング上にスポットライトが照らされると、TAJIRIらハッスル軍の面々、そして、眞鍋かをりと、ケンドーコバヤシ、アントキの猪木がリング上に登場。しかし、ムタがいなくなりガックリと肩を落とすボノちゃんに、TAJIRIもかける言葉が見つからず、立ち尽くすのみだ。するとここで、ケンコバが「チエちゃん、俺たちが見てきたグレート・ムタは本当に不死身ですよ。例え、エスペランサーが相手だとしても、絶対、死んでなんかいない! だからボノちゃん。元気出して!」と励ますと、これに続いて、「ボノちゃん、元気ですかっー! 元気があれば、なんでもできる! 元気があれば、親父も帰ってくるぞ! ということで、ボノちゃん、俺のプロレスの父と言えば、力道山先生で、むかしはよく“このアゴ!”と靴べらで顔を叩かれたものだ!」と励ましなのか、なんなのかよく分からないが、猪木もボノちゃんに声をかける。

そして、同じく眞鍋も、「ボノちゃん! 私は、あなたの成長を解説席から見守ってきましたけど、ボノちゃんはすごく幸せだと思うよ! あなたは、パパにも、ママにもすごく愛してたでしょ!」と温かい言葉をかけるが、ここでRGが、「ヨー、ヨー! なんでこの3人がいるんですか! ハッスル軍でもないのに!」と、まったくもってKYなイチャモンだ。

このRGの猛抗議に対して、ケンコバは「RG、お前は正気か!? 俺らは、ずっと前からハッスル軍のメンバーだって!」と“やるって節”で自分らがハッスル軍の一員であることをアピールすると、ここで越中が「おい、ボノ! いつまでも甘えてんだよ! 男だろうが! 男だったら、侍になれ! 侍に!」と激を飛ばす。さらに、天龍も「よく聞け、ボノ。お前の親父さんはな、自分が身代わりになって、お前を生かしてくれたんだよ。こんなことはな、愛がなけりゃできるわけねえんだよ。分かったか、この野郎!」と言葉こそ乱暴だが、説得力バツグンの言葉で励ます。

するとここで、TAJIRIが「どうかなボノちゃん。僕らは、いがみ合ったこともあるけど、目指す道は“打倒・高田総統”で。同じ目的を持ってるじゃないか! ひとりで闘うよりも、仲間がいたほうが、何事もうまく運ぶと思うんだ」と、ボノちゃんに共闘を呼びかける。これには、RGも「大賛成ですYO! HGがモンスター軍に行っちゃったいま、この際、RGとタッグを組まないか? ボノちゃんが一緒だったら、営業の仕事にいっぱい行けるYO!」と大喜び! この自分勝手なはしゃぎっぷりを見せるRGに、すかさず天龍がゴンッとマイクでRGの頭をどつくと、「ボノ、来年こそ正真正銘のハッスルの横綱になってみろ、この野郎!」と、TAJIRIに続いてボノちゃんにハッスル軍入りを勧める。

このハッスル軍からの誘いに、ボノちゃんは「ひとつ条件がある」と言うと、「あーちゃんも一緒に入れてあげてもいいかな?」と仲間のあーちゃんも一緒ならハッスル軍入りすることを逆提案! これには、もちろんTAJIRIも「もちろんだよ!」と快諾! すべてから見放され、絶望の淵に立たされたボノちゃんにかけられた、ハッスル軍の面々からの温かい言葉、これにボノちゃんは「ハッスル軍のみんな、ありがとう!」と礼を言うと、観客に向かって以下のメッセージを投げかけた。

「今日は、こんなに大勢のみなさんが来てくれて、ありがとうございました。みんなに、言いたいことがあります。ボノちゃんは、生まれて来ないほうが良かったと思ったこともありました。でも、それは違うって分かりました。ボノちゃんは、パパにもママにも愛されていました。もしも、いま、自分がひとりだと思っている人がいるなら、それは間違いだって、知ってください。ひとりぼっちの人なんて、どこにもいないんだよ! 来年、新しい仲間とハッスルしていきます!」

またひとつたくましくなったボノちゃんに、場内から大きな拍手が沸き起こると、ここでTAJIRIが「よーし! 2009年のハッスル軍は最強ですよ! このメンツで、高田総統からハッスルの覇権を必ず奪い取るぞ!!」と“打倒・モンスター軍”を高らかに宣言! しかし、ここで場内に「おい! 何、言っちゃってんだよ!」という声がこだまする! そして、おなじみの『威風堂々』が流れるなか、ステージに現われたのは、高田総統だ!
 


セミハッスル

7分35秒 ラリアット

日本人レスラーで唯一、馬場&猪木から3カウントを奪うなど、日本マット界に数々の伝説を残してきた男、天龍源一郎。

今年でキャリア32年の58歳。そう、いわゆる“団塊の世代”である。年金不安や雇用確保……現在、様々な問題を抱える団塊世代だが、こと天龍に関しても、2008年、かつて経験したことのない逆境に立たされていた。7月に行なわれた『ハッスルGP2008』開幕戦。優勝を目指し参戦した天龍だったが、1回戦の相手ボノちゃんとの試合で脇腹を負傷。さらに、天龍の早期リタイヤを目論む高田モンスター軍の特命係長 島田工作員の組む、嫌がらせマッチに連戦連敗……そこに、かつての昇り龍はいなかった。

盟友“侍”越中詩郎が天龍に奮起を促すも、ダメージは回復せず。ところが、愛娘・紋奈のキツ〜イ叱咤激励に奮起した天龍は、それまで不調からハッスル軍を長期離脱していたが、11月の茨城大会で完全復活をはたした。

しかし、いまだ怒りが収まらないのが島田工作員だ。その茨城大会では、天龍を挑発し逃げる際に足を負傷。その逆恨みの意味も込め、年末に完全引退に追いやるべく、新モンスターであるシャープ兄弟ことダイナ&マイトを誕生させた。12月のクリスマスSP後楽園大会で、島田工作員はシャープ兄弟に命じて天龍の足を破壊!さらに、卑劣な反則を繰り出し、試合はシャープ兄弟の圧勝に終わった。

復活した矢先、またもや足を負傷。今度こそレスラー生命に、赤信号が点灯か!? 今宵、天龍&越中の“中高年の星タッグ”は、熱く燃え上がることができるのか!?


紹介VTRが終わり、ステージ上に現われたのは、越中ルックに身を包んだ“越中詩郎応援団長”の人気お笑い芸人・ケンドーコバヤシだ! ケンコバは、「今宵、我らが中高年の星、天龍さん、そして越中さんが、日本を、いや世界中を元気にするためにハッスルします! ぜひ、みなさん、力になってやってください!」と観客にアピールすると、「シャープ兄弟、お前らなんか目じゃないって! やってやるって!!」と、“やるって節”で天龍&越中の必勝を誓った。

閉じる天龍と越中はケンコバの先導で入場だ。一方のシャープ兄弟は松葉杖を突く島田と小路を引き連れて登場。途中で島田は用意されていた車いすに乗り換えた。これを見て、越中がいつものようにいきり立つ。そして、シャープ兄弟が入ってくるなり天龍と揃って奇襲攻撃だ。そして、早くもジャンピングヒップアタックを炸裂させると、ヒップバットを連打。さらにミサイルヒップまで炸裂させた。早くもトドメのパワーボムを狙った越中だが、ここでシャープ兄弟は二人がかりで越中に反撃する。さすがの越中も二人がかりの攻撃には苦戦する。しかし、なんとか誤爆を誘って、天龍にタッチだ。天龍は血気盛んに逆水平チョップを打ち込んでいくが、すぐにローキックを食らわされダイナに捕まってしまう。そして、花道に出されると、島田の車いすアタックを被弾。さらに車いすでめったやたらに轢かれてしまう。越中がマイトに花道からのダイビングヒップを食らわすものの、天龍は相変わらず動けず。さらにケンコバまでもが島田の松葉杖を肛門に食らわされてしまった。なんとか越中とタッチした天龍。越中はダイナのフィストドロップを連続で被弾するが、ブレーンバスターを切り返して天龍と再びタッチ。その天龍はグーパンチとチョップのコンビネーションでダイナを攻め立て、さらに越中もケツ爆弾でアシストする。そして、延髄斬りを一閃だ。ならばと、シャープ兄弟はメリケンサックを用意して反撃。しかし、天龍はこれを上手く避けて、反撃を許さない。そして、越中がマイトを場外に連れ出し、大ハッスル! 観客席に投げ込んで、リングに近づけないように徹底的に痛めつけていく。その間に天龍は気力を振り絞って、ダイナを攻撃。最後は渾身のラリアットでダイナにトドメを刺した。


試合後、マイクを持った島田は、「おい、ジジイコンビ! こんなんで勝ったと思うなよ! だいたい、お前らみたいなジジイが、世の中にはびこるから不景気になるんだよ!」と憎まれ口を叩くと、ここでケンコバが島田めがけて消火器攻撃! まさかの攻撃で顔が真っ白になった島田は、無残な状態でモンスター軍の面々に連れられ、退散したのだった。

まんまと島田退治に成功したケンコバは、「天龍さん! 越中さん! この日本を逆境から立ち直させるには、まだまだ中高年世代の頑張りが必要なんですよ! だから、来年も今年以上にハッスルしてください!!」と天龍&越中に激を飛ばすと、越中は「当たり前だ! リングに上がったらトシもヘチマも関係ねえんだよ! 来年もハッスルするぞ! やってやるって!!」と、“やるって節”で呼応! そして、最後に天龍が、「元気をなくしてる、日本の中高年にひとつだけ言わせてくれ! 俺たちは、まだまだ終わりじゃねえぞ! 来年、もう一発……ハッスルするぞ、この野郎!!」と、ハッスル宣言をぶちかました。


決戦直前の川田親子

場内ビジョンには、モンスター軍控室が映し出され、決戦を目前に控えてウォーミングアップに励む“モンスターK”川田利明の姿が! するとここで、「利明!」という声と共に現われたのは、息子とお揃いのコスチュームを身にまとった川田父だ!

やる気マンマンの父に「な〜に、コスチュームなんか作ってんだよ!」とツッコミを入れる川田。しかし、父はおかまいなしに「お揃いだよ!」と満面の笑みを浮かべる。そんな父に川田は、「親父は自分がどんな逆境にいるのか、状況が全然分かってねえな。こっちはオープニングの歌まで休んだっていうのによ。ホント、親父は、世界一KYな73歳だよ……」と呆れ果てる。そして川田は父に向かって、「試合は俺ひとりでケリつけるから、親父はコーナーでじっとしててくれ。いいか、危ないから絶対に動いちゃダメだからな!」と、改めて念を押したのだった。


第4ハッスル

6分21秒 黄門スープレックスホールド

“ゆるキャラ”……それは、地方自治体や公共機関などをPRするために
生まれたマスコットキャラクターのことである。そんな現在、日本に数多く存在する“ゆるキャラ”。ことハッスルにおいても、別ではなかった。ハッスル軍とモンスター軍の熾烈な対抗戦。その陰で、実にゆる〜い因縁を抱える2体のキャラクターがいた!

まずは、ハッスル軍代表・ハッスル黄門! 茨城県を元気にさせるべく誕生し、県知事も全幅の信頼を寄せるハッスル黄門は、11月の茨城大会でデビュー! しかし、地元人気に後押しされるハッスル黄門の前に立ちはだかったのが、ザ・モンスター℃だ! 登場すれば「C!」、攻撃すれば「C!」、そして勝利を収めても「C!」。なぜか、“C”にやたらこだわるモンスター℃は、これまたなぜか会場人気ナンバーワン!

はたして、“ハッスルNO.1ゆるキャラ”の座を手にするのは、どちらか!? 激闘の間に、一服の癒し清涼剤。究極のキャラクターマッチが幕を開ける!

閉じるまずは二頭身姿のハッスル黄門が入場口に登場。そして、スモークの焚かれる中、戦闘バージョンに変身だ。腰に手を当ててよたよたと花道を歩いてくるハッスル黄門だが、リングに上がると胸を叩いて、体で「K」の字を表現しながらアピールした。そして、コーナーに座り込んでモンスター℃を待ち受ける。一方のモンスター℃は今日も大人気。会場の観客から大音量の「C!」という掛け声を浴びる。そして、ハッスルコ黄門の前でも「C!」とアピール。しかし、ハッスル黄門は動じることなくモンスター℃の腕を掴むと、滑らかな動きで投げ飛ばしてみせる。そして、「K」の字ポーズ! さらにバックを獲られながらも独特の動きでモンスター℃を倒すと、再び「K」のポーズで観客からも声援を浴びた。これに気をよくしていたハッスル黄門だが、不意にモンスター℃の張り手を浴びて動きがストップ。倒れるまでやたらと時間がかかるのも、ハッスル黄門の特徴らしい。とにかくいちいち動きがゆったりとしている。そんなハッスル黄門にモンスター℃はローキックを連打。さらにコーナーポストに上って、パンチを連打だ。さすがのハッスル黄門もこの攻撃で前のめりにダウン。しかし、モンスター℃は手を緩めることなくハッスル黄門の首を固めていく。このピンチに「K!」コールを煽ったハッスル黄門はなんとか立ち上がるが、まだ足下が覚束ないのか、ロープをリバウンドしながらモンスター℃のパンチを食らってしまう。上手くロープを緩めて、モンスター℃を場外に落としたものの、その直後に下から足を掬われてしまい、座り込んでしまった。このハッスル黄門に容赦なく攻撃を加えていくモンスター℃。ところが、その直後、ハッスル黄門はおもむろにモンスター℃のバックを奪うと、ジャーマンスープレックス! 見事なブリッジで3カウントを奪い、2連勝を飾った。

「闘い済んで日が暮れて、2008年も年が暮れ。たとえ鬼が笑おうが、来年も笑って暮らそうぞ。再び悪が栄えたときは、必ず退治に現れます! あ、これにて、一件落着〜!」


ボノちゃん控室に、あの親方が登場!?

場内ビジョンには、決戦を目前に控えたボノちゃん控室が映し出されるも、そこにいるのはボノちゃんひとり。やはりと言っていいのか、そこにはグレート・ムタの姿はない。そのことをバックステージレポーターに突っこまれ、頭を抱えるボノちゃん。すると、「いや〜、曙氏、ご無沙汰しております。曙氏とは相撲の同期で共に闘いましたが、今日はしっかりと応援させていただきます!」と言いながら現われたのは、貴乃花親方……ではなく、貴乃花親方のものまねをしたタレントの松村邦洋だ!

自分のことを大相撲の元横綱・曙だと勘違いしている松村に対して、ボノちゃんは「お前、一体誰なんだ!?」と怒り心頭。するとボノちゃんは、「あっ、そうだ、ビートたけしさん?」という尋ねると、松村はビートたけしのモノマネを披露! さらに、ボノちゃんから同様のフリを受けて、麻生太郎首相のモノマネまで披露し、大奮発だ! しかし、調子に乗りすぎたのか、最後に松村は、ボノちゃんから「いい加減にしろ!」と、肩にキツーイ一発をお見舞いされたのだった。


第3ハッスル

7分10秒 回転海老名固め

今年の『ハッスル・マニア』のテーマは、“どんな逆境でも人はハッスルできる!!”。

このテーマを、ベストなタイミングで体現できる人物……ということで、白羽の矢が立ったのが、これよりデビュー戦を行なう、みなさんもご存知、泰葉だ! 当初は、さすがに試合は無理との判断で、歌のみの出演ということになっていた。そこに、ハッスルの支配者である高田総統が乱入!

多くの報道陣が見守るなか、この挑発に、泰葉は「全然自信はないけど、総統に相当言われたから、やってやる! もうおかしくなってきた。私は、ダルビッシュじゃなくて、エネルギッシュだ!! やってやる!」と、なんと売り言葉に買い言葉で、無謀にも試合を承諾してしまったのだ! 最大の目的だった歌は、試合に勝てなければ歌えないという極めて厳しい条件に……。自ら逆境に足を踏み入れることになった泰葉。だが、これはほんの序章に過ぎなかった。

その後、高田総統は、泰葉の対戦候補をリストアップ! このなかから相手を選べと、精神的な揺さぶりをかける。この過去の傷をえぐるような嫌がらせに、泰葉の事務所サイドが猛反発し、マネージャーの清水氏が参戦中止を匂わせるなど、態度を硬化させてしまったのだ。

はたして泰葉は、マニアに参戦するのか? 様々な憶測が飛び交うなかで、12・24『ハッスル・ツアー2008〜12.24 クリスマスSP part.2〜』(後楽園ホール)。「今年一年、世間を散々騒がせた自分に落とし前をつけるため、『ハッスル・マニア』で闘います。そして勝って、歌ってみせます!」と、改めて試合への決意を泰葉が語ったその時である。なんと会場ロビーに設けられた泰葉CD即売会&サイン会の特設ブースに姿を現わした高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官が、泰葉のニューシングル『お陽様よほほえんで』を床に叩き付け、踏み潰すという暴挙を敢行したのだ!

このモンスター軍の度重なる嫌がらせに、なんと泰葉が、アン・ジョー司令長官を対戦相手に逆指名! 言うまでもないが、アンジョー司令長官は、モンスター軍屈指の実力者である。泰葉が敵うはずもないのだが……これぞまさに、人生最大の逆境である!


場内ビジョンには、決戦を目前に控え、固くドアが閉ざされた泰葉の控室が映し出される。そこにバックステージレポーターの女子アナウンサーが、現在の泰葉の心境をインタビューしようと突撃を試みるも、ここで控室から現われた清水マネージャーの「いま、集中してますんで、静かにしてください!」というお断りで、残念ながらインタビューは断念。すでに戦闘モードに入っている泰葉の控室からは、ただならぬ緊迫感が伝わってきたのであった。

閉じる代表曲『フライデーチャイナタウン』に乗って、泰葉が花道に登場! 黒を基調としたコスチューム姿でリングに上がると、リングの四方に挨拶をした。アンを待ち受ける姿はなぜか貫禄十分だ。一方、アンは竹刀を片手に登場! そして、なんと小路に子豚を持参させているではないか! いきなり泰葉に対して、心理作戦を展開だ。ゴングが鳴ると、アンを人差し指で差しながらリング中央に向かっていく泰葉。これに対して、アンはいきなりチョーク攻撃をお見舞いだ。ならばと、泰葉は拳をブンブンと振り回していく。しかし、アンはこれを余裕で避けてしまう。さらにヒザ立ちになって、余裕の表情で泰葉を挑発だ。泰葉は必死にキックを叩き込むが全く通じず。パンチも当たらない。そして、アンから強烈な張り手を食らうと、コーナーに顔面を叩き付けられた。あまりのひどい攻撃の連続に清水マネージャーがリングサイドにいた山口社長に抗議をする。しかし、試合は止まらない。泰葉はアンにネックハンギングツリーを見舞われるなど、絶体絶命の大ピンチだ。しかし、ここで場内からは「泰葉!」コールが発生する。これに力をもらった泰葉は果敢にアンにタックルだ。しかし、アンは余裕で捕まえてフロントチョーク。そして、グッタリとなった泰葉を片足で踏みつけながら、3カウントを狙う。泰葉はなんとか肩を上げたものの虫の息。エプロンサイドに上がって抗議をした清水マネージャーもアンにビンタを食らってしまった。そして、アンは泰葉をカナディアンバックブリーカーに抱え上げて自分の肩に叩き付ける荒技を披露。さらに連れてきた子豚と一緒に泰葉を記念撮影させた。しかし、この屈辱的な嫌がらせに、清水マネージャーが懲りずに乱入! なんと突進してきたアンにカウンターのキックを食らわせると、スイング式のDDTまで炸裂させてみせた。そして、「試合を止めろ!」と猛抗議だ。しかし、試合が止まるはずもない。アンからはレフェリーごと串刺し式ラリアットでお返しをされ、場外へと吹っ飛んでしまった。ここで息を吹き返した泰葉にアンは竹刀で脳天に一撃! しかし、泰葉は怯まない。なんとかアンの竹刀攻撃を避けていく。すると、またもや清水マネージャーがイスを片手にリングイン! アンの竹刀をイスでガードすると、続けてイスでアンをぶっ叩く。さらに清水マネージャーはアンの脳天にイスを一撃! 底が抜けるほどの強烈な一撃だ。さすがのアンもこのイス攻撃を食らって、足下も覚束ない様子だ。この隙に泰葉は気力で立ち上がり、なんと前方回転エビ固め! アンを必死に押さえ込んで、奇跡の3カウントを奪ったのだった。


試合後、奇跡の逆転勝利で難敵アンを撃破した泰葉は、息絶え絶えながらもマイクを握っると、「みなさん、ありがとうございます! 試合に勝ちました!」と、涙ながらに歓喜の雄叫び! さらに、来年、父・林家三平氏の名を襲名する弟の林家一平氏に「姉ちゃんは、勝ったぞ! お前も負けるなよ!」と激を飛ばすと、試合前に励ましの言葉をかけてくれたという三遊亭楽太郎師匠、テリー伊藤氏に感謝の念を述べる泰葉。そして、ついに念願だったリング上で歌うときがやって来た!

場内に、『お陽様よほほえんで』のイントロが流れると、それに合わせて場内からは手拍手が飛ぶ。ようやく掴み取った夢に、泰葉は満面の笑みを浮かべながら熱唱! そして、歌手活動再開ライヴで見せた水かぶりパフォーマンスまで披露だ! そして、歌い終えると力尽きたのか、リング上でバッタリと倒れこんだ泰葉は、清水マネージャーに支えられながら、万雷の拍手が飛び交うなかを退場して行ったのだった。


山口代表と清水マネージャー

場内ビジョンに映し出されたのは、大会運営本部で握手を交わすハッスルエンターテインメントの山口日昇代表と、泰葉のマネージャーを務める清水氏だ。「清水さん。大変でしたね。ドタキャンするんじゃないかと思いましたけど、ここまで来れてホッとしてますよ」と胸をなでおろす山口代表に対して、「本当に大変なのは、これからですよ。でも、歌以外で、あそこまで真剣になった泰葉を初めて見ました」と、感慨深げに語る清水氏。すると、ここぞとばかりに山口代表は、「でしょ! ハッスルとしても、泰葉さんの新たな一面を引き出したいんですよ」とアピールだ!

ここで、清水氏は「山口社長、僕の仕事は、泰葉を全力で守ることです。もしも泰葉に何かあったら、そのときは、こっちも黙っていませんよ」と、改めて山口代表に念を押す。これに対して、「大丈夫ですよ! 何かあったら、責任は全部こちらで取りますから!!」と威勢良く答えた山口代表だったが、この言葉に安心して清水氏が部屋を出て行ったところで、山口代表は「責任、そう言えば責任なんて、俺、取ったことねえな」とポツリ。はたして、本当に大丈夫なのか!?


第2ハッスル

12分37秒 体固め

スーパーHG、モンスター軍完全撃破への道!!

ハードゲイ、HGは、改造人間である。高田モンスター軍の策略にはまり拉致されてしまったHGは、モンスター軍最高医局長のドクター中松より、改造手術を施されてしまった。

ところが、間一髪、脳の改造手術の前に脱走に成功したHGは、その後、ハッスル軍専属の天才医学博士、“ドクターK”こと木下博勝氏の手により再改造手術を受け、新ヒーロー・スーパーHGへと変身する新たな力を手に入れた!

そんなHGに対し、高田総統は次々と刺客を送り込むも、パワーアップしたスーパーHGの敵ではなかった。このまま一気呵成に高田モンスター軍撃破か!? と思った矢先、HGに思わぬ罠が待ち受けていた!

スーパーHGに変身するたびに、刻々と変化を遂げていた背中のモンスターマークが突如ナゾの発熱! これにより、HGは原因不明の体調不良に陥り、11月シリーズを欠場するはめに……。ところが、そんなエースを欠いたハッスル軍に思わぬ助っ人が現れる! それが、“香港帰りのナゾの探偵”アラン黒木だ!

期待の若手だった長尾浩志の退団、そしてエース坂田亘がナットーマンへ変身するなど、選手の迷走状態が目立ったここ最近のハッスル軍にとって、アラン黒木の助っ人参戦はこれ以上ない朗報となった。先日行なわれた『ハッスル・クリスマスSP』では、ナゾの体調不良から回復したHGと初タッグを結成! 当初はギクシャクしながらも、最後は見事なコンビネーションでモンスター軍を撃破した。

ところが、試合後にニセHGが、『ハッスル・マニア2008』で、ドクター中松の手によって改造を受けた新モンスターの投入を予告! はたして、この新モンスターとは、一体……!?

完全復帰もはたし、目指すはモンスター軍の壊滅! スーパーヒーローHGの闘いが、いま幕を開ける!!


ここで場内ビジョンが切り替わり、モンスター軍控室が映し出されると、そこにはアン・ジョー司令長官の姿が! どうやら、新モンスターがまだ現われないようで、焦るアン。すると、そこに高田モンスター軍最高医局長のドクター中松が登場! 中松は「慌てんでもよい! 準備はすでに整っておる!」と新モンスターの投入の準備が整ったことをアンに伝えると、アンは「ヘイ! ドクター中松! ジャイアント・シルバは、本当にパワーアップしたんでしょうネ?」と最終確認。そう、中松が改造を施したのは、“南米の巨神兵”ジャイアント・シルバだったのだ!

これに対して、中松は「いえーす、うでんわ!」と持ちネタを披露すると、「任しておけ! 私の発明に失敗はない!! パワー、スピードともにアップさせたわ! これで視聴率もアップだな!」と、太鼓判を押して改造の成果をアピール! これでスーパーHG対策はバッチリだと胸をなでおろしたアンに、中松は「なんじゃお前ら、HGのことを心配しとったのか? あいつなら大丈夫だ。あの木下がどんな医者か知らんが、ちょっとやそっとの改造じゃ、私の仕込んだトラップは避けようがないはずだ!」とニヤリ。はたして、中松が企むトラップとは、一体なんなのか!?

閉じる最初に入場したのはハッスル軍。リング上でモンスター軍を待ち受ける。一方、モンスター軍の入場に先立ち、ドクター中松がステージに登場! 場内の大声援を受けた中松は、「私の発明に失敗はない! 出て来い! 改造ジャイアント・シルバよ!!」と呼び出すと、おなじみのテーマ曲に乗って現われたのは、改造されて“南米のロボット巨神兵”と化した、改造ジャイアント・シルバだ! 中松はそのままモンスター軍のセコンドに付いた。試合はHGとニセHGでスタート。二人はリング中央で掛け声エルボー合戦を展開すると、ここはHGがフライングニールキックを炸裂させて、「本物、フォー!」とポーズを決めた。ここでハッスル軍優勢と見たか、RGがタッチを要求。しかし、HGは無視して黒木とタッチした。まず、黒木はHGとのダブルショルダータックル、ダブルエルボードロップをニセHGに炸裂させると、続いては人狼と対戦。意外にクラシカルなレスリングを得意とする人狼の腕攻めに対して、ヒザ蹴りなどの得意の打撃技で対抗する黒木。トップロープからミサイルキックを打ち込んでキザなポーズを決めた。続いて、モンスター軍からはついに改造シルバが登場! 黒木は無理矢理RGにタッチしてしまう。なんとか己を鼓舞して立ち向かうRG。しかし、直立式のボディアタックは弾き返され、背中にきつい張り手を食らわされる。さらにビッグブーツを浴びせられると、ノドを掴まれてコーナーに無理矢理上がらされたRG。そのままロープに股間を強打した。このRGのピンチにHGと黒木が救出に入る。しかし、ニセHGと人狼は蹴散らしたものの、改造シルバ一人に全く歯が立たない。3人まとめてコーナーに叩き付けられると、改造シルバは恐怖の串刺し式ラリアットを発射! HGと黒木が間一髪避けたために、RG一人が被弾してしまうことになった。さらにRGはコーナーに追い詰められる。ところが! ここで改造シルバの動きがストップ! 慌ててドクター中松がうでんわを駆使して動かそうとするが、動く気配がない。その隙にHGと黒木がニセHGを捕まえて、一気呵成に攻め込む。HGがダイビングヘッドを炸裂させると、続けてRGもRGプレスを発射! しかし、ここで改造シルバがようやく動き出した。ニセHGに覆い被さるRGにストンピングを入れると、これを合図にモンスター軍の反撃だ。HGは花道でニセHGの69ドライバーで叩き付けられ悶絶。黒木は改造シルバに苦戦し、RGもリング上で人狼にいたぶられる。救出に入ったKGまでもがやられてしまった。ハッスル軍の大ピンチだ。と、ここで会場が暗転! 怒りが頂点に達したHGがスーパーHGに変身するのだ。しかし、いつもと様子がおかしい。HGが何やら苦しんでいる。するとスクリーンに高田総統が映し出され、「HGよ、今日からおまえはモンスターHGだ」と言っているではないか! スモークが晴れると、そこには不気味な顔となったHGの姿が。モンスターHGは不気味な足取りでリングに近付くと、心配なそうに歩み寄ってきたKGと黒木を蹴散らし、RGに対してはペティグリー! これでノックアウトされたRGをニセHGが押さえ込み、モンスター軍の勝利となった。


試合後、スーパーHGのまさかの裏切りに静まる場内。するとここで、、マイクを持った中松は、「だから言ったであろう! ドクター中松が仕込んだトラップは避けられないんだぞ!」とニヤリ。さらに、場内ビジョンに映し出されたのは、高田総統だ! 高田総統は、「残念だったなハッスル軍よ!」と不敵な笑みを浮かべると、続けて「HGが変身するたびに刻々と変化を遂げていた背中のモンスターマーク。よもや、気付かなかったわけではあるまいな? あのマークはな、スーパーHGに変身するたび、その怒りのパワーを体内にため込む装置だったのだよ! そして、リミットをオーバーすると、モンスターに生まれ変わる、いわばタイマーだったのだ!」と、まさかの衝撃告白! この言葉に唖然とする黒木&RGに対して、高田総統は「どうした? 言葉もないか? うん? 来年からの新シリーズ、モンスターHG編がスタートする。乞うご期待だ!」と言い残し、高笑いで消え去って行った。

この高田総統の衝撃メッセージが終わった瞬間、なおも黒木&RGに攻撃を加えるモンスターHG。すると、場内にグチャグチャと納豆をかきまぜる音が鳴り響き、“大豆な場面”で客席から現われたのは、ナットーマンだ! 颯爽とリングインしたナットーマンは、「HG、どうなってしまったんだ! お前、まさか本当にモンスター軍に……なんとか言ってみろ! クソー、モンスター軍。HG、俺が成敗してやる!」と威勢良くモンスターHGに突っかかって行くも、アッサリと返り討ち。あまりにも情けないナットーマンの姿に、場内も失笑だ。

するとここで、ニセHGがマイクを持つと、「ニセーイ! ナット〜マン、あなたの間の悪さ、もはや芸術品で〜す。ということで、来年からはニセHGと、モンスターHGのWHGで盛り上げていきますんで、楽しみにしてくださ〜い。ニセモノでした〜」と、ニセHG&モンスターHGのコンビ結成をアピール! これに続いて、中松が「最後に言っておこう! ドクター中松の発明に失敗はな〜い!!」と言い残すと、モンスターHGを引き連れて、消え去ってしまったのだった。まったく予想もつかなかった、HGの裏切り。はたして、この先、いったいどうなってしまうのか!?


第1ハッスル

12分8秒 バズソーキック

12・25『ハッスル・ツアー2008〜12.25 クリスマスSP part.2〜』(後楽園ホール)で、高田モンスター軍に仮採用で入団した期待の新戦力、レイ大原。メキシコで5年間修行してきたルチャ殺法と、複雑難解なメキシカンストレッチを武器に、2日連続で“ハッスル超新星”KUSHIDAからギブアップ勝ちを奪うなど、早くも高い評価を得ている。

今宵、連敗中のKUSHIDA&\(^o^)/チエにTAJIRIも加わり、モンスター軍との対抗戦に臨むハッスル軍。はたして、大原の快進撃は止めることができるのか!?

閉じる入場時、小路二等兵が一度花道を降りてリング下へ。なんと、北京五輪の柔道金メダリストにして、総合格闘技転向を表明している石井慧がリングサイドにいるではないか! 小路はその石井と握手して、記念撮影。『ハッスル・マニア』という大舞台でいきなりのサプライズを見せつけた。試合で先発を買って出たのは大原とKUSHIDA。しかし、大原はKUSHIDAを無視して、TAJIRIを指名だ。いきり立つKUSHIDAを制して、TAJIRIがリングイン。この二人で試合開始だ。二人ともメキシコ仕込みの華麗な攻防を展開。ここでTAJIRIが大原をストレッチ技で捕らえると、KUSHIDAがドロップキックをぶち込んだ。続いて、KUSHIDAは小路に対しても優勢に展開。続くチエは小路の一本背負いを連続で食らってしまうものの、コーナーに飛び乗ってから小路に飛びつきフランケンシュタイナーで投げ飛ばして気勢を上げた。続いてはKUSHIDAと赤鬼蜘蛛の攻防を挟んでから、大原登場。ライバル心を剥き出しにしているKUSHIDAは猛然と襲いかかる。しかし、ここでもKUSHIDAは大原に劣勢。コーナーから叩き付けられると、モンスター軍3人がかりのストンピングまで浴びてしまった。続く、赤鬼蜘蛛からもリバースのロメロスペシャルを食らったKUSHIDA。小路からはフロントチョークで絞められ、さらに場外へと連れ出される。すると、先程小路と握手した石井が小路に加勢! なんとKUSHIDAの胸板に逆水平チョップをぶち込んだ。KUSHIDAの劣勢はまだまだ続く。見かねて救出に入ったチエも大原にバックブリーカーを食らって悶絶だ。さらにKUSHIDAは大原から肩を固められてしまう。しかし、なんとか挽回を図りたいKUSHIDAは、ブレーンバスターを切り返すと、さらにスイング式DDTで大原を叩き付け、窮地から逃れた。すると、代わったTAJIRIが鬱憤晴らしにモンスター軍を蹴散らしていく。隙を見せた大原にKUSHIDAがミサイルキックをお見舞いだ。さらにTAJIRIの場外ダイブを合図に両軍入り乱れての空中戦を展開だ。珍しくチエもプランチャ、小路にいたっては難易度の高いキリモミ式のプランチャを発射する。そして、最後はKUSHIDAがステージを長駆してのトペ・コンヒーロ。これで有利に運ぶかと思われたハッスル軍だが、KUSHIDAがTAJIRIの誤爆を食らってしまう。だが、そんなことではハッスル軍の勢いは止まらない。赤鬼蜘蛛の蜘蛛の糸を大原に誤爆させると、チエが小路にスピアー! KUSHIDAも大原に馬乗りになって押さえ込む。その間にTAJIRIが必殺のバズソーキックで赤鬼蜘蛛から3カウント。まずはハッスル軍が幸先良いスタートを切った。


オープニング

「元気ですかーっ!」。場内暗転からスポットライトに照らされて入場ゲートから姿を現したのは、かつてハッスルにも参戦したことがある人気お笑い芸人・アントキの猪木だ! おなじみの『炎のファイター』に乗って颯爽とリングインした猪木は、「猪木が笑えば世界が笑う、猪木がハッスルすれば、不景気なんて吹っ飛ばす! 『ハッスル・マニア』に、まったく呼ばれていないのに、やって来ました!!」とさっそくぶちかますと、「スタッフからもう巻きが出てるな……」とボヤきつつ、まずは対戦カードを発表!

カード発表を終えたところで、猪木は「今日このオープニング、もう一組、素晴らしい男たちを呼んでいる! 俺だけじゃ不安か! この野郎!!」といきなり怒りを爆発! そして、「今日は、あのM-1チャンピオンに来てもらっている。出て来〜い!!」という猪木の呼び出しで現われたのは、昨年の『M-1グランプリ』覇者・サンドウィッチマンだ!

サンドウィッチマンは、「NON STYLEで〜す!」とさっそくひとボケかますと、サンドウィッチマン&猪木の音頭で、明日、大みそかにテレビ東京系列にて、夜9時半から放送される『大晦日ハッスル・マニア2008』のオープニング収録が行なわれ、観客全員で「どんな逆境でもハッスルするぞ!!」の大合唱! そして、収録も無事に終わり、最後に猪木が恒例の「1、2、3、ダーッ!!」でオープニングを締めくくった。


オープニングムービー

いま、日本は、逆境のど真ん中に!
   
2008年、まるでわれわれの未来への希望を削ぐかように、次々と襲い掛かってきた、社会問題や、凶悪犯罪に、自然災害。もはや、現代ニッポンは、経済大国の自信も揺らぎ、なんの手も打たないまま、衰退への道を突き進んでいるかに見える。

社会に失望……。世界に目を向けず、益々、内に篭ってゆくニッポン人。いまの世の中、逃げ道はたくさんある。だが思う。こうして現実から目を背け続けた結果に、いまの逆境があるのではないか……?

2008年の集大成である今宵。恐れ多くもわれわれは、すべての日本の人々に、言いたいことがある! “人はどんな逆境でもハッスルできる!”

今年一年、メディアに叩かれ、そして、家族にも勘当された、2008年最大の逆境タレント・泰葉。過去の自分にケリをつけ、歌手として生まれ変わるため、今宵、泰葉が、ハッスルデビュー戦でみそぎマッチに挑む! 四面楚歌、八方ふさがり状態の泰葉が見せる女の意地! はたして、勝って歌うことはできるのか!?

今年、母インリン様をなくし、逆境のなかを生きてきたボノちゃんが、パパであるグレート・ムタと再会。そして、1年ぶりの親子タッグを結成する! 対するは、これぞまさに逆境タッグ! 『ハッスルGP2008』王者“モンスターK”川田利明が、齢73才、普通の老人の父とまさかのタッグを結成! 逆境のなかで見えてくる、家族の絆とは!? ハッスルが世に問う、渾身の問題作がここに完結する!

さらに、“逆境芸人”HGに今年最大の罠が! そして、“中高年の星”50代コンビの天龍源一郎&越中詩郎には、凶悪モンスターが迫り来る!
   
例え、逃げたところで、現実は変わらない。現実を変えたいのなら、その場に踏みとどまり、自分自身を変えるしかない。安易な道は模索せず、例え面倒でも、いま、できることを、覚悟を決めて、積み上げる。それこそがハッスルなのだ!

日本国民よ! いまこそハッスルするのだ!!

ハッスルして逆境から立ち上がれ! ハッスルしたその先には、きっと何かが見えてくる!!


前説

「有明コロシアムにご来場のみなさん! ハッスルしてますかー!?」。恒例となった高田モンスター軍の小路二等兵による前説でスタート! 小路は自己紹介を済ませると、“正しいハッスルの観戦方法”をレクチャーだ! そして、小路は自ら音頭を取って、観客と一緒に、高田総統の「総統」コール、ザ・モンスター℃の「C」コールの練習を開始!

するとここで、突然割って入って来たのは、ハッスル中継の実況でおなじみの高橋大輔アナウンサーと、ハッスル・バックアッパーズの折原みかちゃん。二人は、今大会で開催されるUGA着メロ工房『モンスター軍vsハッスル軍 お宝動画ダウンロード対決』の概要を観客に説明。なんと、この動画ダウンロード対決に勝利した軍団のダウンロードをした方から抽選で1名様には、高田総統劇場に参加できるといううれしいプレゼント付きだ! これには、「みなさん、ぜひハッスル軍のダウンロードをよろしくお願いしま〜す!」(折原)、「いやいや、モンスター軍をぜひとも、よろしくお願いします!」(小路)と、さっそく火花を散らす両者。

そして最後に、小路が会場でのマナーを注意して前説を締めくくったのだった。