「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ファイトカード

高田総統劇場

高田総統以下、高田モンスター軍の面々がステージに勢揃いすると、さっそくアン・ジョー司令長官&特命係長 島田工作員らが観客に「総統」コールを促す。ところが、場内からパラパラとしか「総統」コールが起こらないことに、腹を立てた高田総統は「今日は一見ばっかりか!? こ〜んの〜やろ〜!!」と激怒! すると、場内から大「総統」コールが沸き起こる。それでも、「まだ4割だな。でも、ありがと」と不満ながらも観客に礼を述べた高田総統は、「豚インフルエンザ、大変だな。まっ、諸君らも、豚のインフルエンザにならないよう、十分に気をつけるんだな。でも、味噌カツは食べるよ!」と不敵な笑みを浮かべると、「我こそが高田モンスター軍総統、そして、ハッスルの偉大なる支配者、高田だ!」と自己紹介。すかさずアン&島田らが「総統」コールを観客に促し、またしても場内は大「総統」コールだ。

ここで高田総統は、坂田に目を向けると「おい、アホの坂田よ! 貴様、だてにナットーマンをやってきた訳じゃないな。前よりも、粘り強くなったんじゃないの?」と、珍しく坂田を高評価。一方、坂田に敗れた川田に対して、高田総統は「それにひきかえ、モンスターK! なんで負けちゃってんの? 貴様、去年の『ハッスルGP』のチャンピオンじゃないのかよ!?」とピシャリだ! 高田総統のお叱りを受けて、川田は「だって、試合中に変な声が聞こえたんですよ。それが気になって……」と言い訳。ところが、高田総統は「ほほう、さては貴様、二日酔いだな?」と聞く耳を持たない。

ここで川田は、「ねえ、お客さんも聞こえたよね?」と観客に振ると、高田総統も「本当に聞こえのか?」と観客に確認。すると場内からは、「聞こえてないよ!」という声が飛び、これを聞き逃さなかった高田総統は「聞こえてないって言ってるじゃないか! さては、お前、ナットーマンがうらやましいんだろ?」と、川田に揺さぶりをかける。

すると、「待て!」とナットーマンボイスで会話に割って入った坂田亘は、「あの声は、坂田亘でもない、ナットーマンの声でもない。大豆の神様の声だっ!」と、いきなり衝撃発言! これには場内の誰もが呆気に取られるなか、高田総統は「ん? 大豆の神様?」と坂田に聞き直すと、坂田は「やっとわかったぞ。俺がナットーマンになった本当の理由が! 俺は、ほんの思いつきでナットーマンになったとばかり思っていたが、それは違ったんだ。名古屋と言えば八丁味噌。八丁味噌と言えば、納豆と同じ大豆の発酵食品なんだよ!」と熱弁を振るう。

ところが、坂田の話が唐突すぎるので、高田総統が「お前、何を言ってんだよ!」と茶々を入れると、坂田は「名古屋生まれの俺は、小さい頃、よく八丁味噌を食べていた。要するに、俺と大豆は、納豆の糸のように運命の糸で結ばれていたんだよ。俺がナットーマンになって吹っ切れたのも、そして、この名古屋で復活できたのも、すべては大豆の神様のお導きだったんだよ!」と力説。すると今度は、川田が「あいつ、大豆の神様って……。総統、ドクターを呼んだほうがいいんじゃないですか?」と茶々を入れると、高田総統も「おい、貴様。今、自分がどれほど危険なことを言ってるのか、わかっているのか?」と、川田に続く。

周りの心配をよそに坂田は、「お前らがわかるように説明してやろう! よ〜く聞け!」と切り出すと、「坂田亘のカラダの半分は、大豆でできています」と、またしても衝撃発言! すかさず高田総統から、「知らないよ、そんなこと!」とツッコミが入る。続けて、高田総統は「さすがの私もどう絡んでいいか、わからないよ。このまま、お前と絡んでたら、ある意味、危険だな」とボヤくと、「おい、パンチ・ド・C! 5月4日の横浜大会、アホを横浜港に沈めて、消してこい!」と、なんとパンチに“坂田抹殺”を指令! これを受けて、パンチは“C”ポーズで意気込みを示すと、坂田は「おい! パンチ・ド・Cとやら。残念ながら、大豆にはビタミンCが含まれていない。ちなみに、お前のCとやらは、レモンに例えると何個分なんだ?」と、突拍子もない質問を炸裂だ!

もちろん、パンチはこの質問に答えるわけもなく、代わって高田総統が「やばい、本当にやばいよ。もう、関わるのはやめよう」と一蹴すると、「名古屋の諸君に聞きたいんだが、八丁味噌を食べ続けると、こんなふうになっちゃうの? 諸君もそうなら、ああならないよう気をつけたまえよ」と観客に注意を促し、「では、今日は気持ちが悪いからここまでだ! バッドラックだ!!」と言い残して、去って行ったのだった。

モンスター軍が去った一方、リング中央では、坂田が天を仰いで、手を合わせながら祈りを捧げている。すると坂田は、「大豆の神様、俺を守ってくれたんですね。ありがとう!」と感謝を述べると、ハッスル軍の面々に向かって「ハッスル軍のみんなもありがとう! どうだ? 今夜は、俺の実家で八丁味噌パーティだ!」と、ひとりで大はしゃぎだ。ところが、明らかにドン引きしているハッスル軍の面々に、坂田は「どうした?」と確認すると、ここでRGが「TAJIRIさん、今日は確か、日帰りでしたよね?」と振ると、TAJIRIも「あ……ああ、そうだね。急がないと、新幹線の時間に間に合わないな。残念ですけど、僕らすぐに帰らないといけないんで。また、今度!」と、やんわり断って、その場から逃れようとする。

ハッスル軍からの冷たい視線を受けて、坂田は「待て! 俺は、べつにおかしくなったわけじゃねえぞ!」と話を切り出すと、「高田総統やモンスター軍らとやり合うには、狂わないとダメだ。狂うと言っても、前向きに狂うんだよ。とにかく邁進するんだよ! 今、世の中は、不景気だからな。そんな不景気に、ドンドン前向きになって狂っていかなきゃ、絶対に勝てないぞ! この意味が伝わったかどうかはわからないけど、とにかくそういうエネルギーが必要なんだよ!」と、高田総統に対抗するには“狂う”ことがポイントであるとアピール! するとここで、マグナムが「坂田さん、なんかその姿勢、好きだな。今日のアンタ、めちゃくちゃカッコイイよ!」と同調すると、坂田は「マグナムTOKYOか……お前のことはよく知ってるよ。カッコイイよなダンス。うらやましい。正直、今のお前を見ていると焦るよ。もし俺が女だったら、抱かれてもいいな」とマグナムをベタ褒めだ。さらに、ここで坂田は「でも、いつか、このリングで闘うときが、来るかもしれねえな」と将来的な対戦を示唆! もちろん、マグナムも「そのときが来たら、楽しみにしてます!」と呼応し、坂田と視線を合わせる。

するとここでRGが、「坂田さん、ハッスル軍には戻って来てくれるんですか?」と確認すると、坂田は「それは、わからん」と結論を先延ばしにしながらも、「でも、今日はひさしぶりにみんな揃ったから、一緒にハッスルポーズで締めようぜ!」とアピール! そして、最後は「とにかくエネルギーがあれば、人を愛することも、感動させることも、絶対にできると思っている! だから、俺は、みんなの心をひとつにして、ハッスルするぞ!」という坂田の音頭のもと、観客と一緒にハッスルポーズを決めて、締めくくったのだった。

メインハッスル

20分52秒 スーパーキック2009

あなたは、伝説のあのヒーローを知っているだろうか?

昨年10月の『ハッスルGP2008』決勝戦で、高田モンスター軍の“モンスターK”川田利明に敗れ、心に大きな痛手を負ったハッスル軍・坂田亘が、己を模索するために扮したローカルヒーローを。

「運命の糸が引いたとき、お前を助けにやって来る! 大豆な場面でやって来る!」

ハッスル軍のピンチを救うことで、かつての自信と、ハッスルへの愛を再確認したナットーマンは、腐りかけた坂田を発酵させ、ネバーギブアップ! 嫁の栄子は幻滅したという噂もあるが、坂田亘を見事、完全復活へと導いたのである。

そして迎えた4・23後楽園大会で行われた、ナットーマンのファイナルマッチ。相手は、因縁の相手・川田利明だ。ついに悪夢を振り払う最高の舞台が整ったのだが……絵に描いた様な復活ロードを歩みながらも、持ち前のドジっぷりがたたり、ネバり切れずに無様な敗北。ナットーマンは、最後の花道を勝利で飾ることができなかったのだ。

おい、坂田! ナットーマンはなんだったんだ!? 発酵したのは、なんだったんだ!? ワラに包まれ、おいしいトコだけもってきやがって! ナットーマン、いや坂田亘よ! ホントに腐ってないのなら、今度こそ、ネバってネバって、勝利の糸を引き寄せろ!!

閉じる両者、リング中央でのロックアップからスタート。続いて、グラウンドの攻防に移った坂田と川田。いつしか、二人はお互いにアキレス腱固めを仕掛け合う展開へと移っていった。ここで坂田は川田の顔面を踏みつけることで脱出。すると、今度はリング中央で逆水平チョップ合戦だ。川田がローキックを放つと、「チョップで来い!」と要求する坂田。こうなると意地の張り合いだ。両者、意地剥き出しでチョップを打ち合う。だが、川田がダンシングドールキックを見舞って、この状況を打開。ニードロップを坂田の頭部に投下し動きを止めると逆片エビ固めで絞り上げる。続いて川田は坂田を場外に連行。鉄柵、放送席に叩き付けて徹底的にいたぶる。リングに戻るとフロントキックをぶち込んだ川田は、坂田をコーナーに詰めてからチョップ、キックの連続攻撃。片ヒザで耐える坂田に容赦なくキック、ヒザ蹴りをぶち込んでいく。坂田もチョップで反撃してくるが、川田はカカト落としを背中に投下して応戦。それでも屈しない坂田にニーリフト、ローリングソバット、串刺し式フロントハイキック、サッカーボールキックの絨毯爆撃を見舞い、ストレッチプラムでギブアップを迫る。やっとのことで逃れた坂田はエルボー、チョップで川田に立ち向かう。川田のチョップ攻撃にもエルボー攻撃にも怯まない。遂には顔面へのビンタまで繰り出してみせた。これには川田も激怒! 坂田の顔を左右の手で張り飛ばして、ブレーンバスターの体勢に捕らえる。しかし、坂田はこれを踏ん張ると逆にブレーンバスターで投げ飛ばし、続けてカウンターのドロップキックを炸裂させる。そして、次に狙ったのがダイビングフットスタンプ。しかし、川田は起き上がってコーナーで坂田を捕らえると、逆に雪崩式ブレーンバスターでマットに叩き付ける。それでも坂田は屈しない。再びエルボーで反撃だ。坂田のエルボーに押され気味になり始めた川田だったが、カウンターのジャンピングハイキックを炸裂させる。さらにジャンピングハイキック、ラリアットを連続で決める川田。だが、坂田を仕留めるには至らない。ならばとミドルキックを連打してから、フロントハイキックで顔面を蹴り飛ばす。坂田は前転するように転がるなど、ダメージは大きい様子。ならばと、川田はパワーボムで勝負に出る。しかし、坂田もキックアウト。まだまだ決着は付かない。川田はもう一度、パワーボム! だが、今度は坂田もウラカン・ラナで切り返した。と、ここで場内が暗転しスクリーンにナットーマンの映像が!

「おい、どうした! ここで終わるのか? 坂田亘ぅ! お前は一体なんのためにナットーマンをやってきたんだ? ここで負けたら、“不景気だ! 不景気だ!”って言ってるサラリーマンと変わらんぞ!」

これは坂田の心の中の声なのか? ナットーマンが坂田に叱咤激励を与えているではないか! 場内が明るくなると、相変わらず川田が坂田を蹴り飛ばしている。しかし、坂田は両手の拳を握って絶対に倒れない。そして、渾身の力を込めたラリアットで川田をなぎ倒すと、必殺のスーパーキック! これが見事に川田の顔面を打ち抜いて、3カウント! 川田の息の根を止め、坂田が激闘に決着を付けた。

川田との死闘を制し、見事リベンジをはたした坂田。ここで「アホの坂田! なんとか生き残ったようだな」という声が! すると場内に『威風堂々』が鳴り響き、ステージに姿を現わしたのは、高田総統だ!


セミハッスル

7分8秒 ダイビングテキサス

キャプテン・ボノくん、ただいま失踪中!

2007年、ここ名古屋で卵から孵化したボノくんは、現在1歳8ヶ月。おしゃぶりをくわえていたボノくんは、ハッスル軍を引っ張るキャプテンにまで成長した。そんな折、ボノくんの前に現れたのが、高田モンスター軍海外エージェントのフランソワーズ。表の肩書きは海外エージェント、だがその正体は、己の美貌を巧みに操る女戦士だったのだ!

フランソワーズは、女性に対しうぶなボノくんを再三に渡り、色仕掛けで誘惑。その結果、すっかり調子をおかしくしたボノくんは、この2ヶ月、連戦連敗でキャプテンとしての資質に疑問符がつき始めている。

そして、事件が起きたのは、6日前の4・23後楽園大会の試合後。この日も試合中にフランソワーズの介入を受け、敗れたボノくんは、フランソワーズがトラウマとなり、恐れをなしてまさかの逃亡! そんな情けないキャプテンを見かねてか? それとも単なる下心か? 今宵は、急遽代理として“フンコロガシ”RGが、ケツおやじのパートナーに名乗りを挙げたが……。

フランソワーズに翻弄されるハッスル軍。5日後の5・4横浜大会にて、ケツおやじとRGとのタッグでフランソワーズとの初対決を控えているボノくん、そして今宵前哨戦で対決するケツおやじとRGの運命は、はたして!?

閉じるハッスル軍が待ち受けるリングにテキサス・ナポレオンズがフランソワーズを伴って入場。しかし、リングに上がろうとしたところを越中が奇襲! 場外で一人でランス&レネに立ち向かっていく。一方のRGはリング内で無責任に「こっしなか!」コールをするのみ。多勢に無勢で当然、越中は場外で痛めつけられ、テキサス・ナポレオンズの矛先はRGに向く。巨漢外人二人を目の前にして怯えるRG。見るに見かねてか、レネはランスに攻撃を辞めるように訴え、紳士的に手を差し出す。ところが、これが罠! RGはレネの握力でねじ伏せられ、一人で果敢にも逆水平チョップで反撃したものの、袋だたきに遭ってしまった。これはたまらんと場外逃亡を図ったRGだが、あえなく捕獲されてランスのアトミックドロップでお約束のように、吹っ飛ぶ。続けてレネのアトミックドロップを食らうと、今度はダブルのアトミックドロップを食らわされてしまった。ここでようやく越中にタッチ。しかし、越中とRG共に捕まる大ピンチ。だが、燃えるケツ親父はそう簡単に引き下がらない。得意のヒップバットでランスを痛めつけると、ミサイルヒップもお見舞いだ。そして、フランソワーズを捕獲してヒップバット! さらにRGを呼び込み、生肛門スターを繰り出すように促す。フランソワーズ危機一髪! しかし、ここでランス&レネがフランソワーズを救出! フランソワーズがビンタを食らわせると、テキサス・ナポレオンズは二人がかりで越中を痛めつけていく。そして、レネがフレンチティクラーからのフィストドロップを投下! 最後はランスがトップロープからのダイビングエルボードロップで越中にトドメを刺した。

試合後、マイクを持ったテキサス・ナポレオンズは、「ケツオヤジ、バカ!」「ケツオヤジ、ヤブレタリ!」とそれぞれ日本語で越中を挑発! 続いて、フランソワーズが「ケツおやじ、何度やっても結果は同じよ! 今度の横浜が楽しみだわ……。この手で、直接、たっぷりいたぶってあげる」とSっ気たっぷりに越中を罵倒すると、テキサス・ナポレオンズを引き連れて意気揚々と去って行った。

一方、試合に敗れたRGは「越中さん、キャプテンは、一体どこに行ったんですかね? もしかしたら、助けに来てくれると思ったのに、キャプテンがいないと……」と弱音を吐くも、越中は「バカ野郎!」とこれを一蹴! そして、「横浜は戦(いくさ)だ、戦! やってやるってー!!」と、“やるって節”でリベンジ宣言をしたのだった。


これがケツ論だって! part.2

またまたケツおやじコーナーがスタート!

「ヨッシャー! なんでも質問しやがれ!」と、バランスボールに乗って準備運動をしながら気合十分の越中。ところが、気合が入りすぎて越中は、後ろにひっくり返ってしまうと、あられもない姿に。これは越中が狙ってやったものなのか、それともガチなのか、ビミョーな沈黙が流れるなか、なんとそのままコーナーは終了となってしまったのだった……。


第3ハッスル

10分39秒 高角度回転エビ固め

アノ男がついに帰ってきた!

2年前、マット界から忽然と姿を消した闘うエゴイスト、マグナムTOKYOが完全復活! 昨年秋、ハッスルに、香港を中心に活動中という謎の探偵がふらりと現れる。“九龍の鬼”ことアラン黒木と名乗るその男は、高田モンスター軍の陰謀に苦戦を強いられるハッスル軍の助っ人となったのだ。

かつて、香港中のマフィアを恐怖のどん底に陥れたという武闘派の黒木は、ナイフのような切れ味鋭い技を繰り出し、モンスター軍を次々と撃破! だが、その結果、モンスターたちの恨みを買い、その身を狙われる羽目に。中でも、まるで舌なめずりするかのように執拗に対戦を迫ったのが、悪に魂を奪われた改造人間・モンスターHGだ。タダ者でない格闘センスを持つ黒木の正体を、かつて日本マット界に君臨したマグナムTOKYOであると見破ったモンスターHG。こうして、両者は今シリーズで地獄のシングル3連戦を闘うことになった。

開幕戦の4・23後楽園では、実に2年ぶりとなるダンスを披露したマグナムは、切れ味鋭い、一瞬の決め技で、完全復活を見事に果たす! ところが、負け惜しみたっぷりでリベンジ宣言をしたモンスターHGは、これまでの狂気がさらに暴走! はたして、マグナムはそれを撃ち抜けるか!? 危険度が加速する3連戦第2ラウンド……DEAD OR ALIVE?

閉じる前回の後楽園では2人だった女性ダンサーがなんと4人に増殖! そのダンサーたちが躍るリングに今日もマグナムが降臨だ! タップリと躍って会場を盛り上げる。一方のHGはリングに上がるなりマグナムを急襲! しかし、マグナムもすぐに応戦し、ローキックを連打すると場外にHGを落とす。しかし、HGは追ってきたマグナムをニーリフトで迎撃。客席の中に連れ出すと、イス攻撃などのラフファイトで痛めつけ、試合の主導権を握る。リング内に戻ると、PW、チョーク攻撃、噛み付き攻撃でマグナムに反撃の隙を与えない。マグナムの反撃もフライングニールキックで遮断すると、ブレーンバスターをお見舞いだ。一方的に攻撃を付け続けていたマグナムだったが、カニ挟みでHGをコーナーに叩き付けてようやく反撃。先程までのお返しにストンピングを連発だ。さらにHGの噛み付き攻撃を振り切り、串刺し式ラリアットからフェースクラッシャーの連続技。続けて、ミサイルキック、ラリアットを食らわせると、エレクト・スマッシュで叩き付ける。そして、HGをコーナーの最上段に据えると、腰振りフランケンシュタイナーの体勢だ。しかし、HGはなんとマグナムの股間に噛み付いて、これを回避。昇天ドロップを食らわせると、マグナムの飛びヒザもなんのそのでタイガードライバーを狙う。だが、マグナムもローリングソバット、延髄斬りを食らわせて反撃だ。それでも今日のHGは噛み付き攻撃にやたら拘る。またもマグナムの指に噛み付いて、エゴイストドライバー
を防御する。ならばとマグナムはHGの肩に飛び乗ると、メキシカン・ローリングクラッチホールド! 3カウントを奪い、HGに2連勝を飾った。

試合後、マイクを持ったマグナムは「なんだかんだ言って、今日も勝っちゃったよ」と2連勝の余裕を見せると、モンスターHGは「おいおい! なんだ今の勝ち方は? 肩が3秒ついたくらいで負け? なんだ、そんなユルユルのルールは? やってられねえよ!」と逆ギレだ! これには、「だったら、お前は何をやりたいんだよ! まあ、中途半端のままじゃ、俺には勝てねえな。もう俺とお前とじゃ、完全決着がついてるぜ」と真っ当な意見をぶつけるマグナム。するとモンスターHGは、「こんなルールで勝ったつもりか? 誰かが決めたこんなルールで決着つけられるか! いいか! 次の横浜、お前の真っ黒いペニーと、俺のペニーを合体させて、横浜ベイブリッジを完成させてやらあ! フ●●ク!!」と吐き捨て、退散したのだった。

あまりにも下品すぎるモンスターHGに、「聞いたか? あれは完全に欲求不満だぜ」と呆れ返るマグナムは、「まあ、この俺は公私共に充実してるから、仕事としてはぼちぼちってところだな。あとはプライベートだけだから、ひさしぶりの名古屋、これからダンサーたちとうまいもんでも食って帰るから。ありがとう!」と言い残して、去って行った。


これがケツ論だって! part.1

“ケツおやじ”というニックネームに、「ふざけんな、バカ野郎! 俺はサムライ・シローさんだって言ってるだろう!!」と相変わらずご立腹の越中詩郎だが、そんなことも構わずあのコーナーが今宵もスタート!

まずは、名称不明のキャラクターに、「ケツおやじとしては、今回、名古屋初上陸だよね」と振られると、「そうだな。感慨深いものがあるな」としみじみと語る越中だが、これはもちろんスルー。そして、名称不明のキャラからの「ここは、ビシッと“ケツ”意表明してくれよ!」というムチャ振りに、越中は「何をやらせるんだよ! バカ野郎!!」と逆ギレだ。

怒り心頭の越中に対して、名称不明のキャラは「はい、アドリブが滅法弱いケツおやじなんですが」と挑発すると、これに触発された越中は、「名古屋のみなさん、ケツおやじです!」とケツ意表明するも、越中が立ち上がってしまったために頭がフレームアウトしてしまい、ビシッと決まらず。すると越中は、ここで挽回とばかりに、「しゃちほこ!」「名古屋城」と形態模写を披露するも、あまりにも唐突だったために超スローでリプレイされるという辱めを受けるハメに。

さらに、「ケツおやじの好きな野球チームは?」という問いに、越中は「てめえな。サムライ・シローさんと言えば、わかってるだろ。敢えて教えない」ともったいぶるも、名称不明のキャラが「ね〜、いいから教えてよ」と執拗に迫ったため、越中はようやく答えることに。ところが、越中の口から出てきた野球チームは、「メキシコ・ロッカーズ」というなんともビミョーなチーム名。これには、場内が一瞬にして凍りつくと、絶妙なタイミングで名称不明のキャラが「これが世に言う、“滑った”という瞬間なんですが」と鋭い指摘だ!

まったく噛み合わないやり取りが続くなか、ここでようやく今日の質問へ。まず最初に出された質問は、「ケツおやじは、浅田真央と安藤美姫、どっちがタイプですか?」という名古屋にちなんだもの。ところが、「おい、もっとマシな質問はないのか!?」と逆ギレ! ところが、「はい、どっちも好きということでした」と名称不明のキャラに見事にスルーされると、続いての質問は「どうして石田純一は、靴下を履かないんですか?」という名古屋とはまったく関係ないもの。これには、越中も回答を放棄して、その場から去ってしまったのだった。


第2ハッスル

5分42秒 グラウンドコブラ・ド・C

名古屋と言えば、中日ドラゴンズのドアラ、愛・地球博のモリゾー&キッコロ、かつてハッスルを放送していた某局の新キャラクター・●●だほなど、名古屋は、数多くの名物キャラを輩出している。

一方、ハッスルの名物キャラと言えば、「シー!」コールで会場をひとつにする高田モンスター軍のザ・モンスター℃だ! ところが、この℃。あまりの「シー!」のやりすぎで肩を負傷し、手術のために長期欠場を強いられることに……。ハッスルにとっても、人気者℃の欠場は大きな痛手。そこで今年3月、緊急企画として行われたのが、『2代目モンスター℃オーディション』だ。

様々なジャンルから、2代目の座を狙う個性豊かな人材が集結し、アピール合戦を繰り広げた。そして、最後のバトルロイヤルを勝ち抜き、最終的に2代目℃に選ばれたのが、プロレス界の保守本流・方舟に乗ってやってきた、パンチパーマがトレードマークの志賀賢太郎!

モンスター軍に正式入団した志賀は、4・23後楽園大会で、高田総統から改造ビターンを受け、パンチ・ド・Cにモデルチェンジ! 初陣は、かつて志賀を世話したという“モンスターK”川田利明とタッグを組み、ナットーマン&きっこーまん組と激突した。だが、この日はナットーマンのファイナルマッチのため、場内はナットーマン応援ムード。しかし、そんなアウェーの空気もなんのその。パンチは堂々、ナットーマンからピンフォールを奪うという勝負強さを見せつけ、ハッスルにパンチの効いた新キャラが誕生したのだ!

ここで場内ビジョンが切り替わり、モンスター軍控室が映し出されると、そこには気合十分で「パンチ! パンチ!」とつぶやきながらミットにパウンドを打ち込む小路二等兵の姿が。すると、川田がやって来て「おい小路! ずいぶん気合入ってるじゃねえか。ははーん。さては、名古屋のキャバ嬢に招待券でも渡したな」とからかう。これに対して、「島田さんは渡してますけど、僕はそんなことしません。僕は、ただあのパンチ野郎が嫌いなんです! あんな奴、モンスター軍に来なければ良かったんだ!」と、パンチに激しい嫉妬心を燃やす小路。ところが、川田は「あいつを書類選考で選んだのはお前じゃねーかよ!」と、もっともなツッコミを入れる。

すると小路は、「どうして選んでやった僕が、奴より格下扱いなんですか! 川田さんもひどいですよ。この前の後楽園、奴をいきなりメインに抜擢するし。僕なんか、奴のせいで出番がなかったんですから!」と、川田に猛抗議! これを受けて、川田は「ま、俺は、あいつとは古い付き合いで、気心知れてんだよ。文句があるなら総統に言うんだな」と怒りの矛先をかわすと、小路は「こうなったら実力で証明します。“ノアだけはガチ”とか言ってるけど、ガチだったらボクのほうが上ですよ!」と、気合を入れて出撃したのだった。

閉じるリングに上がると、四方の客に向かって「シー!」ポーズを決めるパンチ。そして、ゴングが鳴ると小路の目の前で「シー!」ポーズを決めて威嚇だ。しかし、小路は構わず払い腰で投げ飛ばしてから、場外に逃げたパンチにトルニージョをお見舞いだ。気合い満点の小路。しかし、パンチはいきり立つ小路をかわしてリング内に戻ると、左腕に対して集中攻撃を敢行だ。アームブリーカーを決めながら、「シー!」とポーズを決めるパンチ。しかし、まだ観客の反応はいまいちだ。その隙に小路は腕十字、ヒールホールドと得意の関節技で攻め込む。ここでパンチはロープエスケープ。小路はパンチをロープから引き離そうと足を引っ張るが、パンチはロープを離さない。小路は意地になってロープを引っ張ったために、その反動で場外に落っこちてしまった。どうも気合いが空回りしている小路。だが、「シー!」ポーズを決めるているパンチを捕獲すると、フライングヘッドバット、ジャックハマーと大技を決めていく。さらにオクラホマスタンピートまで繰り出した小路。だが、パンチにはまだまだ余裕がある。自分の腕を「C」の字にして放つエルボースマッシュで反撃すると、最後はカウンターで決めたグランドコブラ! 貫禄タップリに小路から3カウントを奪った。


サプライズハッスル

7分7秒 バンザイプレス

アン・ジョー司令長官ら高田モンスター軍らの乱入により、ハッスル軍にはセコンドのKGが加わって6人タッグマッチが急遽行なわれることに! はたして、\(^o^)/チエは有終の美を飾ることができるのか!?

閉じるアンの合図でチエとTAJIRI、そしてKGに一斉に襲いかかるモンスター軍。TAJIRIとKGをリング外に蹴散らすと、チエ一人に竹刀で集中攻撃だ。しかし、チエは突っ込んできた大原の竹刀攻撃をかわすと、スピアーからマウントパンチ。さらに青鬼蜘蛛とのチャンバラ合戦に競り勝ってみせる。しかし、アンだけは一筋縄ではいかない。竹刀で滅多打ちにされると、エルボー、ストンピングを食らってたちまち劣勢に陥る。代わった大原からも強烈なビンタを食らうチエ。青鬼蜘蛛も竹刀攻撃で大原に加勢してくる。チエ、大ピンチだ。だが、チエも最後の試合で無様な姿は見せられない。ウラカン・ラナで大原を吹っ飛ばすと、青鬼蜘蛛にも攻撃を見舞う。そして、ハッスル軍3人揃ってモンスター軍にパンチ攻撃を浴びせ、さらに3人揃ってのドロップキックだ。息を吹き返したチエの勢いは止まらない。TAJIRIとKGのアシストを得て、トップロープから場外にいるモンスター軍の3人に向かってダイビングボディアタック! リングに戻ると大原を捕まえ水車落としを披露したチエ。大原のゴリーエスペシャルも回避して、ランドスライドで大原を叩き付けた。しかし、このハッスル軍のチャンスに青鬼蜘蛛の蜘蛛の糸を発射! 途端にハッスル軍の3人は失速してしまう。リングに一人孤立したチエは、大原のブレーンバスター、青鬼蜘蛛のダイビングボディプレスを連続で被弾。さらにモンスター軍はコーナーにチエを叩き付けると、トレイン攻撃でトドメを狙う。しかし、ここで最初に突っ込もうとしたアンにTAJIRIが横から出てきてグリーンミスト! さすが師匠、グッドタイミングだ! さらにKGが大原をウラカン・ラナで蹴散らすと、リング上にチエと青鬼蜘蛛だけの状況を作る。このチャンスにチエは青鬼蜘蛛にバンザイパンチを食らわせてから、トドメはバンザイスプラッシュ! 最後は青鬼蜘蛛から3カウントを奪い、引退試合を勝利で飾った。

試合後、引退セレモニーが行なわれ、リング上にはチエのお父様である石井勝利さん、さらに北京五輪女子レスリング金メダリストの吉田沙保里選手が花束を持って登場! 二人がチエに花束を渡すと、これにはチエも感極まって涙が……。

そして、最後にチエは、「みなさん、今日はご来場いただきありがとうございます! TAJIRIさん、KG、そしてハッスル軍のみなさん、モンスター軍のみなさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました! チエはハッスルに入って2年半、“プロレスラーになる”という夢を叶えることができました。夢を叶えることができて、本当に幸せです。今日はたくさんのお子さんたちが来てくれていますが、みんなもしっかりと自分の夢を持って、夢を叶えられるように夢追い人になってください。本当に2年半、応援していただき、これからもハッスルを受け入れていただきたいです。チエも次の夢に向かって、ハッスルして幸せになります! 本当にありがとうございました!!」とラストメッセージを残すと、場内からは大きな拍手と赤い紙テープが飛ぶ。

そして、チエは「ハッスルはこれからも続きます! 明るく、仲良く、元気良くハッスルするぞ!!」とアピールすると、観客と一緒に\(^o^)/バージョンのハッスルポーズを決めて、有終の美を見事に飾ったのだった。

ありがとう、\(^o^)/チエ! キミの笑顔を永遠に忘れない!!


第1ハッスル〜\(^o^)/チエ引退試合〜

6分23秒 スモールパッケージホールド

それは、ヤフーのトップページに載るほどの衝撃だった……。

「みなさん! 私、\(^o^)/チエは来月の名古屋大会でハッスルを引退することになりました!」

“ハッスル天然少女”\(^o^)/チエが引退する。彼女がハッスルに入団したのは、2006年10月。吉田沙保里や伊調姉妹を輩出したレスリングの名門、中京女子大で活躍したチエは、全日本学生選手権で準優勝するなど輝かしい実績を持って、鳴り物入りでのプロ転向だった。

しかし、ハッスルのリングで闘うのは、自分よりも遥かに大きく屈強な相手。現実は厳しかった。泣くこともあった。そして、天然だった。でも、彼女は女の子であることを忘れ、来る日も来る日もがむしゃらにトレーニング。いつしか、男とも対等に渡りえるほど成長し、プロレスラーになるという大きな夢を叶えたのだ。

でも、わかってほしい。チエもそろそろお年頃、夢より大切なモノがあることを。

「実は、チエ。ごくごく近い将来、結婚するんだ!」

それは、女性にとって最高の幸せ。彼女も中身は、ごくごく普通の女の子だった。

ラストハッスルの相手は、TAJIRI。入団以来、プロレスのいろはを教えてきた\(^o^)/チエの育ての親だ。でも、ハッスルはプロの世界、師弟の情は一切無い!

\(^o^)/チエ、人生最高のハッスルへ向け、いざ、ラストハッスル!

閉じるセコンドに後輩のKGを伴い、チエが最後の入場。リングに上がり、師匠・TAJIRIを待ち受ける。ゴングが鳴ると会場からは大きな「チエ!」コールが発生。その中をTAJIRIとチエはガッチリと握手をしてから、まずはレスリングの攻防を始めた。続いて、ロックアップからTAJIRIがショルダータックルでチエを吹っ飛ばすと、チエもアームドラッグで応戦。両者一歩も譲らない。ならばとTAJIRIはキック攻撃に逆水平チョップ。コーナーに追い込むと厳しいエルボーでチエを攻め立てる。さらに思いっきりコーナーに叩き付けてから、ブレーンバスターを決めたTAJIRI。そして、自身の代名詞とも言うべきタランチュラを極めてみせる。だが、TAJIRIの攻撃は緩まない。何発もボディスラムで叩き付けてから、スリーパーで絞めていく。チエも場内の歓声に奮い立ちエルボーで対抗すると、ロープの反動を利用したブルドッキングヘッドロック、ドロップキックを決めて、バンザイパンチを狙う。ところが、TAJIRIはこれを見抜いてスクールボーイで切り返す。ならばとチエはそれを利用して、腕十字だ。これを脱出したTAJIRIにスピアーをぶち込んだチエ。今度こそはとバンザイパンチを放ったが、またもTAJIRIにかわされ、ジャーマンスープレックスを食らわされてしまう。そして、最後はスモールパッケージ。遂に3カウントが入り、チエのハッスルでの闘いが終わった。

試合後、場内から大きな拍手が沸き起こるなか、TAJIRIはマイクを持つと「チエちゃん、2年半本当にありがとう! 優秀な逸材だと思ってたから残念だけど……幸せになるんだよ!」とチエにエールを贈ると、二人はガッチリ握手。そして、引退セレモニーへ……と思いきや、ここで「なんデスカ? このちょっと辛気臭い空気は! 引退セレモニーだと? くっだらねえ! お前ら、誰に許可とって、こんなくっだらねえことやってんだヨ!」と、いちゃもんをつけてきたのは、高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官だ!

大事な場面をアンにぶち壊され、「ちょっとあなたたち! 不謹慎ですよ! 最後くらい、きちんと送り出してあげなさいよ!」と怒りをあらわにするTAJIRI。これに対して、アンは「不謹慎? たかだか2年半だぞ! なんの実績もねえ奴が、引退セレモニーなんて生意気なんじゃねえのか?」とバッサリ斬り捨てると、「どうせ引退するならな、この世界に未練を残さないように、ミーたちが最高の送り出しをしてやるヨ!」と、ここでモンスター軍のREY大原&青鬼蜘蛛がリングイン! この緊急事態に、TAJIRI&チエは慌てながらも、セコンドに付いていたKGが加わって臨戦態勢を整えると、ここでふたたび試合開始のゴングだ!


オープニング

場内暗転からスポットライトに照らされてリングに姿を現したのは、名古屋の生ける都市伝説“セーラー服おじさん”こと安穂野香だ! さっそく、安は十八番の『ナイスピース』を熱唱! 観客が手拍子で合わせるなか、かわいらしく踊り付きで歌いあげた安は、どうも、はじめまして! シンガーソングライターの安穂野香です!」と挨拶をすると、「では、続いての曲は……」と2曲目に突入しようとしたところで、場内に「おい、そこのおっさん! でらハッスルしとるな〜」という声が! そして、現われたのは、ご当地選手の坂田亘だ!

坂田は、安をじろじろ見ながら「ちょっとどうしていいのか……」と困惑しながらも、「今日は僕の地元ということで、オープニングハッスルを決めようと思ったんですけど、感心しました!」と安を大絶賛だ。そして、最後に坂田は絡みづらい安と共に、多少グダグダになりながらもハッスルポーズを決めて、オープニングを締めくくったのだった。


オープニングムービー

日本のプロレス界壊滅を目論み、謀略、そして悪の限りを尽くす高田モンスター軍。そして、その侵攻を食い止めるべく立ち上がった正義、覇権奪回に燃えるハッスル軍。誇りを賭けた、はてしなき物語から繰り出すファイティングオペラ、それがハッスルである。

4・23後楽園大会で、モンスター軍のSEXYエージェント、フランソワーズの色仕掛けにより行方をくらましたハッスル軍キャプテンのボノくんだが、今宵、絶体絶命のピンチを迎えてしまった越中詩郎&RGは、跳ね返すことができるのか!?

ついに復活をはたした“ミスター・エゴイスト”マグナムTOKYO。モンスターHGとの3連戦は、今日が2戦目。はたして、どうなる!?

4・23後楽園大会でナットーマンのマスクを脱ぎ捨て、素顔で再出発をし、地元・名古屋で再起を図る坂田亘。因縁の相手・“モンスターK”川田利明に、『ハッスルGP2008』決勝戦で敗れた借りを返せるのか!?

ハッスルに吹き荒れる春の嵐が名古屋に上陸! 最後まで見逃すな!!


前説

「名古屋のハッスルファンのみなさん、こんばんはー!!」。ハッスル審判部の野口大輔レフェリーだ! 「ハッスル軍の選手が登場したとき、また、選手が素晴らしいパフォーマンスをしたときには大きな拍手を。高田モンスター軍の島田工作員が卑劣な行為をしたときには、大きなブーイングをお願いします」と応援方法を観客に説明した野口レフェリーは、拍手&ブーイング練習だ! するとここで、「待ってください!」と現われたのは、中京大学出身で名古屋は“第2の故郷”となるモンスター軍の小路二等兵だ!

「恥ずかしながら、前説に帰ってまいりました! モンスター軍の小路二等兵であります!」と観客に挨拶を終えた小路は、さっそく観客と一緒に「総統」コールの練習開始! 「そんな小さな声だと総統が帰っちゃいます! もっと元気に!」といつも以上に観客を煽りながら応援指導をする小路に、観客も大「総統」コールだ。

続いて、野口レフェリーが小路にパンチ・ド・Cの「シー!」コールの練習を促すと、小路は「あんな奴、僕は今日対戦するんで、やりませんよ!」と拒否。ということで、小路に代わって野口レフェリーが「シー!」コールをレクチャーすると、最後は会場でのマナーを観客に注意して前説を締めくくったのだった。