「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

インフォメーション

高田総統プロデュース・ジンギスカン専門店『モンゴリアン・チョップ』が東京・田町と大阪・難波にオープン!


3月10日(木)に高田総統プロデュース・ジンギスカン専門店『モンゴリアン・チョップ』の東京・田町店がオープンしました!(大阪・難波店も、2月26日にオープン)オープンを記念して、高田総統からお祝い(?)のメッセージが届きました。


 松がとれ、節分だと思っていたらもう桃の節句となり、私も何だか気ぜわしい日々を送っているが、下々の諸君はいかがお過ごしかな?我こそは全国いや全世界、いや、銀河系にもその名を知られ、命ある全ての者たちから尊敬・崇拝されている偉大で、高貴な高田モンスター軍総統・高田だ。昨年はどこかのチキン君が「ハッスル!ハッスル!!」と悪ふざけをして、今年は酉年ということでさらにハシャイデいるそうだが、まぁそんなことはどうでもいい。友人であるPRIDEの統括本部長の紹介で知り合ったサクラバと久しぶりにディナーでもと思い立ち、今時の若者はどんなものを食しているのかと興味もあって「稲」の学章で賑わう『田町』を歩いてみたのだが(ウン?!私としたことが、「稲」ではなく「ペン」であった。危ない、危ない!)誠に残念きわまりなかった。この表現が下々の諸君に理解できるかな?なぜ残念と感じたかって?それは、あるべきはずの店が見当たらなかったからだ。脂肪分を燃焼させる『カルニチン』が豚肉の10倍もあり、女性が眼の色を変えて励んでいるダイエットに効果抜群、コレステロールもほとんど含まないラム肉の『ジンギスカン料理』の店が無いのだ!蒙昧な下々の諸君は知らないだろうが、聖書のなかにもこのラム肉の事は記されているくらい、古くからなじみの深い食肉なのだ。聞けばこの界隈にはエリートサラリーマンの通う大企業も数あるというではないか。所詮、東京は田舎モノらが右へ習えでひしめくだけの街のようだな。そこで、私はどうせ中途半端な食事しか摂っていない諸君たちの為に飛びっきり美味しい、極上のジンギスカンを食べられる機会を与えてやろうという考えに至った。野菜もタップリとれる上に『早い』『安い』『旨い』『ヘルシー』と、私の推奨する味を存分に味わってくれたまえ。ちなみに店名はサクラバの必殺技「モンゴリアン・チョップ」と名づけたのでIQの低い諸君等にもよく理解できるのではないかな。よって必ず覚えておくように!(マントを翻し)私の最終目的は日本のプロレス界と同様『遅い』『高い』『マズイ』食文化を根こそぎブチ壊す事にある。まずは試してみるがいい!!
イッツ・モンスター・ディナー
2005年3月10日
高田モンスター軍総統・高田

『モンゴリアン・チョップ』田町店
場所:〒108-0014 東京都港区芝5-17-11(慶応仲通り沿い)
営業時間:17:30〜24:00(L.O)
     17:30〜25:00(L.O)(金曜日)
     定休日 日曜日(祝日は営業)
電話番号:03-5444-2941
『モンゴリアン・チョップ』難波店
場所:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-7-19
営業時間:17:30〜24:00(L.O)
     17:30〜25:00(L.O)(金曜日)
     年中無休
電話番号:06-6643-8929

インフォメーション一覧