「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

イン乳拡販でTAJIRIとバボが韓国へ
出発前に2人が仲間割れ!?

2007年5月14日

 イン乳拡販と韓国WWA出場のために、TAJIRIとジャイアント・バボが、5月12日(土)成田空港から韓国に向けて出国。無事に日本を出発すると思われた矢先、2人は思わぬところで仲間割れをすることに……。


 高田モンスター軍のTAJIRIとジャイアント・バボが韓国遠征する目的は2つ。まず1つは、WWAという韓国のプロレス団体からのオファーを受けたため。ちなみにこの団体の会長は、先日の『ハッスル・ハウス vol.24』(5・9後楽園ホール)でインリン様の魔法のランプ(略してインランプ)から降臨したアブドーラ・ザ・ブッチャーが務めている。

 そして2つ目は、高田総統から韓国行きを命じられたTAJIRIが、これを機会に韓国でイン乳を拡販すること。新生ハッスル軍のKUSHIDA&\(^o^)/チエの2人を洗脳させ、イン乳販売代理店のセールスをさせる予定であったが、ことごとく失敗しているTAJIRI。この失態を高田総統が黙っているわけがなく、「いつまでも投資に見合った働きをしない場合は、そのイン乳を取り上げるぞ!」と、かなりのご立腹の様子だとか。
 もう崖っぷちに追い込まれているTAJIRIは、「韓国でイン乳の販売網を確立させ、高田総統に認めてもらう」と息巻いた。
渡韓1時間前になり、ふとトイレに行きたくなったTAJIRIは「これを持っていて下さい」と、バボにイン乳を渡した。飲めば力が増大すると言われているイン乳。“モンスターKユ”佐藤耕平も販売代理店になりたいと立候補するなど、モンスター軍の中では現在大人気である。
以前からイン乳に興味のあったバボは、ふと妄想を働かせた。「もしかしたら今これを飲めば、俺も強くなるんちゃうか? 天龍、川田を一気に抜いてナンバー2や! そして、マイクアピールでも絶対噛まなくなる!」
バボがイン乳を吸おうとした瞬間、トイレから戻ってきたTAJIRIが「こら! 待ちなさい! ボクのイン乳に触るな!」と、大絶叫で“ストップ・ドント・ムーブ”を投げかける。

イン乳を飲むチャンスを逃すまいと慌てるバボに対し、TAJIRIは命の次に大事なイン乳を取り上げようと必死。厳戒体勢で静まりかえる空港内で、人目もはばからず渾身の力でイン乳を奪回したTAJIRIは一安心。不満そうなバボはぶつぶつ一人言を言いながら、出発ロビーに向かうTAJIRIの後を追うのだった。
イン乳をめぐって、2人の間に溝が出来たことは誰の目から見ても明らか。韓国で一騒動なければいいのだが……。