「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

「プロモーション気分で来たら大火傷するぞ」
川田が鼠先輩との“歌勝負”を承諾!!

2008年6月7日

6月7日(土)、ハッスルエンターテインメントに川田利明から、突如降って沸いたムード歌謡歌手・鼠先輩からの挑戦状に対するコメントが届いた。


“オープニングの鬼”が怒った! 今年初めに抗争が勃発し、壮絶な激闘となった崔領二との『観客ジャッジ歌合戦』。そして、崔を撃破して勝ち取った、5・24『KYORAKU presents ハッスル・エイド2008』(有明コロシアム)のオープニングでは、愛する栃木県に捧げる歌『TOCHIGI』を同郷のガッツ石松と熱唱するなど、“モンスターK”川田利明は、いまやハッスルのオープニングには欠かせない存在だ!

そんな“歌って踊れる”真のハッスラーに対して、「川田はただの歯のない場末のカラオケ好きな男」と挑戦状を送りつけてきたのが、現在大ブレイク中の黒人演歌歌手ジェロを抜いて、着うたの演歌チャートで1位を獲得した“演歌界の超新星”鼠先輩(ねずみ・せんぱい)だ! 本業であるはずのプロレスよりも、オープニングでの弾けっぷりで注目を浴びるようになった川田を、プロレスラーとして更生させたい、そんな想いで“歌勝負”を挑んできた鼠先輩に対して、川田から以下のコメントが届いた!


【川田利明のコメント】

おい……。鼠先輩とやら。
この俺をタダのカラオケ好き呼ばわりしてるから、さぞかし凄い奴かと思って、お前の歌、着うたでダウンロードしちゃったよ。
そしたら、なんだあのふざけた歌は!
この程度の実力でメジャーデビュー……? 俺にはさっぱり理解できない。
確かに俺は、歌手としてはまだまだこれからの人材だ。
だがな、歌を人の心に届けようとする気持ち、そして実力は間違いなく俺の方が上だ!
こうなったら、同じ板の上で、本物とまがい物の差をはっきりと証明したうえで、お前を撃沈してやる。
6月18日の後楽園、単なるプロモーション気分で来たら大火傷するぞ。ユニバーサルレコードの担当者も心して来い!
こんなしょっぱい男をデビューさせるなら、俺をCDデビューさせろ。
その方がよっぽどビジネスになるぞ! そういうことだよ。バッドラックだ!
モンスターK 川田利明


 
 なんと川田は鼠先輩の挑戦をアッサリ承諾したどころか、自身のCDデビューまで要求してきたのだった! ハッスルのオープニングで数々の伝説を残してきた“オープニングの鬼”が、デビュー初日の“演歌界の超新星”を叩き潰し、文字通り“袋のネズミ”にしてしまうのか!? 6・18『ハッスル・ハウスvol.37』(後楽園ホール)のオープニングから目が離せない!

関連人物:“モンスターK”川田利明
関連大会:ハッスル・ハウス vol.37
関連ニュース:「川田はただの歯のない場末のカラオケ好きな男」 ジェロを超えた“演歌界の超新星”鼠先輩が川田に挑戦状! ・・・
チケット情報はこちら