「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

『ハッスルGP2008』の出場者第一弾を発表!!
7・16福岡での一回戦・豪華2試合が早くも大決定だ!!

2008年6月9日

6月9日(月)、東京・半蔵門にある株式会社エンターブレイン社屋内『WinPa』にて、高田総統が『ハッスルGP2008』に関する記者会見を行なった。

再生する


5・24『KYORAKU presents ハッスル・エイド2008』(有明コロシアム)にて、高田モンスター軍・高田総統から開催を発表された『ハッスルGP2008』。“ハッスラーNO.1”を決めるハッスル史上最大規模のこのシングルトーナメントには、世界各国から総勢782名がエントリーという、予想を遥かに超える反響の多さから急きょ、『ハッスルGP2008最終予選』の開催が決定。高田総統の独断によって各ブロックに振り分けられたハッスラーたちは、現在、世界各地でGP出場を目指し、シ烈な争いを繰り広げている。

この日は、報道陣だけでなく、ハッスル・オフィシャル・メンバーズサイトで招待したファンたちも多く詰めかけ、いつもと雰囲気が異なる、熱い熱気を含んだなかで行なわれた会見には、モンスター軍から高田総統、アン・ジョー司令長官、島田二等兵が出席。本題に入る前に高田総統は、6月よりハッスルエンターテインメントの事務所がこれまでの表参道から半蔵門に移転したことに触れ、「私に許可なく勝手に引越しやがって、コノヤロー! 私はな、こう見えても、半蔵門よりも表参道のほうが、なにかと都合が良かったんだよ!」と、まずはチクリ。さらに、社屋に社員食堂があるという情報をキャッチしていた高田総統が、昨今の物価上昇によって庶民の生活が脅かされるなか、ラーメンが一杯200円と破格値であることに、「俺も行きたいよ!」と本音を漏らすと、会見場はのっけから大きな笑いに包まれたのだった。

そして、話はいよいよ本題へと突入! 司令長官にGP最終予選の進捗状況を説明させた高田総統は、すでに最終予選を制して『ハッスルGP2008』に駒を進めた10選手の名前が記されている極秘資料が入った封筒を二等兵から受け取ると、封を開けてついに発表へ! と、思いきや、封筒の中に封筒、さらにその封筒を開けると、中にはより小さい封筒が! このやり取りに会場から笑いが漏れるなか、「古典的だよ! 俺達はスケールのちっちゃいお笑いトリオじゃないんだぞ!」と、二等兵にツッコミを入れた高田総統は、ようやく出てきた極秘資料を手に、『ハッスルGP2008』出場決定選手を発表! 厳しい最終予選を勝ち抜いてきた10名は、この男たちだ!


▼『ハッスルGP2008』出場決定選手
ボノちゃん(U-18代表)

天龍源一郎(寿司屋代表)

タイガー・ジェット・シン(インド代表)

ボブ・サップ(アメリカ代表)

川田利明(栃木県代表)

アン・ジョー司令長官(司令長官代表)

長尾銀牙(銀牙軍団代表)

モンスター℃(アルファベット代表)

坂田亘(アホ代表)

TAJIRI(変態代表)

「K-1をパクったわけじゃないからな!」と、高田総統の前置きが入った『U-18(18歳以下)』ブロックは、エントリー最年少(10ヶ月)のボノちゃんが、代表決定戦の“相撲マッチ”でカンフーくんを倒してGP進出決定! 母・インリン様の魂を受け継いだボノちゃんが、GPでその成長ぶりを見せつけることができるのか!? 

腕に覚えのある寿司職人たちが集結した『寿司屋』ブロックは、某有名寿司チェーン店という強豪を相手に、東京・桜新町『鮨処 しま田』のオーナーである天龍が、「あの声にはかなわないな」と高田総統も認める“ダミ声マッチ”で圧倒的な勝利を収め、代表の座を獲得した模様。シングルトーナメントの経験が少ない出場者のなかで、百戦錬磨を誇る“ハッスル大将”天龍は、やはり優勝候補筆頭か!?

最終予選は国単位でも行なわれている。世界第2位の人口数というだけあって、多数のエントリーを集めた『インド』ブロックは、“狂虎"シンのエントリーに恐れをなした他の参加者が続々辞退したことにより、シンが不戦勝で難なくGPへと進出! GPを血の海で染めてしまうのか!?

そして、オリンピックや国際会議に欠かせない「〜代表」といえば、という短絡的な理由で予選が行なわれた『アメリカ』ブロックは、「You Tubeでも観たが、あれはヒョードルvsミルコを超えたぞ!」と高田総統も絶賛する代表決定戦で、スコット・ノートンとの肉弾戦を制したボブ・サップが、坂田戦での敗戦から復活を賭けてGPに臨む!

一方、国代表として勝ち上がってきたシン、サップに対して、『栃木県』ブロックという楽なブロックを勝ち上がってきたのは、“モンスターK”川田利明。愛する故郷・栃木でのハッスル開催は実現するのか!? この『栃木県』ブロックに関して、高田総統は不快な表情を浮かべノーコメントを貫いた。

他にも、モンスター軍内の200もの部署に存在するという“司令長官”達の間で争われた『司令長官』ブロックからはアン・ジョー司令長官、『銀牙軍団』ブロックの長尾銀牙、『アルファベット』ブロックのモンスター℃、『変態』ブロックのTAJIRIと、ハッスルにレギュラー参戦するハッスラーたちが順当にGP進出を決めるなか、今大会で最も混戦となったのが『アホ』ブロックだ。「そもそもどこに集合するのか? 何をするのか? アホばっかりだから説明に手間がかかってしょうがなかった!」と、高田総統も呆れ返るブロックを制したのは「アホの中のアホ」(総統)こと、坂田亘だ! 7月24日には盛大な結婚披露宴も控えている坂田。GPを制覇し、幸せとハッスルを独り占めできるか!?


以上10選手に加え、6・18『ハッスル・ハウスvol.37』(後楽園ホール)では、鬼蜘蛛ブロック代表者決定戦が行なわれることが発表された。対戦カードは以下となる。


▼6・18『KYORAKU presents ハッスル・ハウスvol.37』(後楽園ホール)決定対戦カード

【鬼蜘蛛ブロック代表決定戦】
赤鬼蜘蛛
vs
青鬼蜘蛛
vs
黄鬼蜘蛛
vs
エンジ鬼蜘蛛



鬼蜘蛛だけで何百色の種類がいるなか、最強を決める4WAYマッチ。“鬼蜘蛛の中の鬼蜘蛛”は果たして、誰だ……!?

そして、7・6『ハッスル・ツアー2008〜7.6 in FUKUOKA〜』(福岡国際センター)から開幕するトーナメント一回戦に出場できるのは、総勢16名を予定。現在も世界各地で最終予選が行なわれており、今後も新たな代表が続々と名乗りを挙げることとなる。これに関して、高田総統は「あっと驚く大物も混じってるかもしれないぞ」と、大物のGP出場を示唆している。そんななか、この日の会見で発表された10選手の顔ぶれを見た高田総統が、「ぜひとも、見たいカードを2つ思いついた」と、早くも開幕戦となる7・6福岡大会のカード2試合を発表した!


▼7・6『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜7.6 in FUKUOKA〜』(福岡国際センター)決定対戦カード

【『ハッスルGP2008』トーナメント一回戦】
ボノちゃん(U-18代表)
vs
天龍源一郎(寿司屋代表)

ボブ・サップ(アメリカ代表)
vs
タイガー・ジェット・シン(インド代表)



トーナメント一回戦としては、あまりにも豪華な2試合にどよめく会見上。「どうだ、面白いだろ?」と、自信を持って発表したカードにすっかりご満悦の高田総統は、「『ハッスルGP2008』を楽しみに待つがいい! それでは、今日はこれまでだ! バッドラックだ!」と言い残し、その場から去って行ったのだった。

ということで、『ハッスルGP2008』の一部出場者、ならびにトーナメント一回戦のカード2試合が早くも決定! GP進出を賭けて、残り6枠を争う熾烈な闘いが現在も行なわれてるなか、ビビって、たじろぐ、さらなるビッグサプライズの発表は、はたして……!?

関連人物:青鬼蜘蛛赤鬼蜘蛛アン・ジョー司令長官エンジ鬼蜘蛛“モンスターK”川田利明黄鬼蜘蛛坂田亘ザ・モンスター℃タイガー・ジェット・シンTAJIRI天龍源一郎長尾銀牙ボノちゃんボブ・サップ
関連大会:ハッスル・ツアー2008〜7.6 in FUKUOKA〜ハッスル・ハウス vol.37
関連ニュース:ただいま世界各国で最終予選を開催中! 『ハッスルGP2008』、7・6福岡大会よりいよいよ開幕!!
チケット情報はこちら