「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

「私に負けたら、二度とリングで歌わないでください」
鼠先輩が川田に“負けたら歌封印”を要求!!

2008年6月16日

6月16日(月)、ハッスルエンターテインメントに、6・16『KYORAKU presents ハッスル・ハウスvol.37』(後楽園ホール)で川田利明と“歌対決”を行なう鼠先輩からコメントが到着!


デビュー曲『六本木〜GIROPPON〜』の記念すべき発売日である6月18日(水)に、『ハッスル・ハウスvol.37』(後楽園ホール)のオープニングで、“モンスターK”川田利明と歌対決で激突する“歌謡界の超新星”鼠先輩。ハッスル参戦発表以降、テレビや雑誌等の各メディアから、さらに大チュー目を集めている鼠先輩より、川田との大一番に向けてのコメントが届いた! 内容は以下の通りだ。

【鼠先輩のコメント】

皆さん、こんにちは。2日後にメジャーデビューを控えております私、鼠先輩です。
そして、同日に幼少より憧れていたプロレスラー川田利明との対戦、そう、先日『ハッスル・ハウスvol.37』への参戦表明をさせて頂き、川田を更生すると心に強く誓い、宣言致しました。今もその気落ちは変わっておりません!
目には目を、歌には歌をです。“歌謡界の超新星”である私は、デビューという、ある意味“勝負の日”に、川田利明との勝負をあえて選んだのです。

しかしながら……やはり超新星の私は、数多くのテレビ出演や雑誌の取材などが決定しており、超多忙極まりない生活を送っています。正直! 18日という記念すべき日は、他の仕事のオファーが山ほど来てるんですよっ! 普通だったらバンバン番組に出るでしょう!
計算が狂ってしまいました。こんなに世間から注目されているなんて……。
川田、あなたは「俺と絡んだ芸人は売れるんだよな〜」なんて呑気な事を言ってるようですが、逆も逆。真逆ではないでしょうか? むしろ、私と絡んで“オイシイ”と思っているはず。
ただ、私は言った事は曲げません。その、どこから沸いてくるのかまったく分からない自信と、天狗ぎみの鼻を折って差し上げましょう。
そして、あの頃の川田利明に戻って頂きたい。むしろ、私に負けたら、二度とリングで歌うなんてやめてください。どうですか? 川田さん。どうぞご検討ください。

鼠先輩




なんと鼠先輩は、川田に“負けたら歌封印”という仰天要求を突き付けてきたのだった! ハッスルのオープニングで数々の伝説を残し、“歌って踊れる”真のハッスラーを自負する川田だが、これはあまりにもリスクの高い勝負といえよう。負けたらハッスルで大好きな歌が歌えなくなる……、鼠先輩の要求に対して、川田はどう応えるのか!?

そして、さらに鼠先輩からファンに向けて嬉しい朗報が! 鼠先輩の記念すべきデビュー日に伴い、同日開催の『ハッスル・ハウスvol.37』(後楽園ホール)会場にて、デビューシングル『六本木〜GIROPPON〜』の販売が決定!
さらに、会場にてご購入されたお客様には、なんと鼠先輩の直筆サインプレゼント&握手会という、スペシャル特典もあるぞ! またとないこのチャンスを見逃すな!

※握手会は、休憩時間中に会場ロビー物販コーナーにて開催。ご購入の際に整理券を配付致しますので、こちらをお持ち下さい。

関連大会:ハッスル・ハウス vol.37
関連ニュース:「プロモーション気分で来たら大火傷するぞ」 川田が鼠先輩との“歌勝負”を承諾!!
関連ニュース:「川田はただの歯のない場末のカラオケ好きな男」 ジェロを超えた“演歌界の超新星”鼠先輩が川田に挑戦状! ・・・
チケット情報はこちら