「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

「本物のニセモノは俺だ!」
RG、“HG殺法”でニセHGを追放宣言!!

2008年6月26日

6月26日(木)、7・6『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜7.6 in FUKUOKA〜』(福岡国際センター)でニセHGと対戦するRGを、東京スポーツのハッスル取材班がキャッチ! RGが試合に向けての意気込みを語った。


5・24『ハッスル・エイド2008』(有明コロシアム)で“モンスターK”川田利明に僅か58秒で秒殺され、ハッスル追放となったHG。そのHGのDNAを利用し、高田総統の手によって生み出されたのがニセHGだ。6・18『ハッスル・エイドvol.37』で初めて姿を現したニセHGは、川田とタッグを組んで天龍源一郎&RGのWARGコンビと激突。衣装やファイトスタイルまで本物のHGそっくりのニセHGは、ニセ69ドライバーでRGを撃破している。

このニセHGの登場によって、大ピンチを迎えてしまったのがRGだ。そもそもHGブームに便乗する形で現在のキャラを作り出し、相方のHGにおんぶにダッコだったRGにとって、自分以外のパクリキャラは脅威以外の何ものでもない。これに関してRGは、「ニセHGは、本物以上に“2丁目色”が強いじゃないですか。ボクが本物のニセモノで、あいつはニセモノのニセモノ。ボクの仕事が減っちゃうかもしれないじゃないですか!」と、突然の出来事に困惑しつつも、やはり身に迫る危機を感じているようだ。

そんな中、7・6『ハッスル・ツアー2008〜7.6 in FUKUOKA〜』(福岡国際センター)で、RGはニセHGと一騎討ちで激突する。この試合に向けてRGは、「69ドライバー、昇天ドロップ、PW……。相方の技で退治してやる。本家の意地を見せてやりますYO!」と、10年以上連れ添ってきたHGのハードゲイ殺法で、闘いに臨むことを明かし、「勝ってニセHGをハッスルから追放してやりますYO!」と、ニセHG追放をブチ上げたのだった。

モンスター軍の改造手術から脱走したHGとは、未だ連絡が取れていないRG。「早く帰って来てください! コンビの仕事がなくなっちゃったじゃないですか!」と、相方の心配よりも自身の芸人としての大ピンチに悲痛な叫びを上げているRGだが、果たして、そっくりなだけでなく実力も兼ね備えているニセHGに“HG殺法”で勝機を見出すことはできるのか!?