「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

「両国の前にケリがついてしまうかもしれんな」
高田総統、アルマゲドンに向けて“最終兵器”投入!!

2009年6月10日

6月10日(水)、ハッスルエンターテインメントに高田総統からのコメントが到着! 高田総統は、きたる6・25『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2009〜6.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)ならびに6・27『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2009〜6.27 in GUNMA〜』(桐生市民体育館)に、アルマゲドンに向けて“最終兵器”の投入を宣言! あわせて、両大会の追加対戦カードを発表した。


2009年上半期の集大成となる7・26『ハッスル・エイド2009』(両国国技館)にて、アルマゲドン(最終戦争)が起きると高田総統が不気味な予告をしているなか、きたる6・25『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2009〜6.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)ならびに6・27『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2009〜6.27 in GUNMA〜』(桐生市民体育館)に向けて、高田総統から以下のコメントが届いているぞ!

【高田総統のコメント】
前回のシリーズで、あのマグナムとかいうあんちゃんに2度も不覚を取ったカウボーイ・ランス・ケイドとレネ・ボナパルトのテキサス・ナポレオンズ。
本来ならば、エージェントのフランソワーズもろともクビにしてやるところだ。

しかし、前回のシリーズ終了後、テキサス・ナポレオンズの二人が、「もう一度だけチャンスが欲しい」と私に懇願してきた。
そこで私は、ある条件を奴らに突きつけてやった。
「もしもモンスター軍に戻りたいのならば、私の改造ビターンを受ける覚悟があるか?」とな。
その改造ビターンを受ければ、もう二度と元のランスとレネには戻れない。
「それでも残りたいのか?」と訊ねたところ、奴らはそれをOKした。

よって、次回の後楽園、そして桐生では新たに最終戦争用にパワーアップした二人を
お目にかけようじゃないか。


▼6・25『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2009〜6.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)決定対戦カード

X&X
vs
ボノくん&TAJIRI


▼6・27『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2009〜6.27 in GUNMA〜』(桐生市民体育館)決定対戦カード

“モンスターK”川田利明&X&X
vs
マグナムTOKYO&天龍源一郎&越中詩郎


新たなに生まれ変わったテキサス・ナポレオンズは、まさにアルマゲドンのために生まれた“禁断のラストウェポン” だ。
この二人が大暴れすれば、両国の前にハッスル軍との抗争は、ケリがついてしまうかもしれんな(ニヤリ)。


高田モンスター軍 高田総統



先シリーズ、ハッスル軍のマグナムTOKYO&TAJIRIと2連戦で激突した高田モンスター軍のカウボーイ・ランス・ケイドとレネ・ボナパルトのテキサス・ナポレオンズ。ところが、結果はまさかの連敗。テキサス・ナポレオンズの二人は、高田総統の期待を大きく裏切ってしまったのだ。

この結果を受け、高田総統は、ラストチャンスとして改造ビターンでパワーアップさせることをテキサス・ナポレオンズに提案。二人は、アルマゲドンに向けた“最終兵器”として生まれ変わることとなった。

はたして、テキサス・ナポレオンズは高田総統の改造ビターンによって、どのように生まれ変わるのか!? そして、迎え撃つハッスル軍は、アルマゲドンの前にこの恐るべき最終兵器によって、7・26『ハッスル・エイド2009』(両国国技館)を前に終戦を迎えてしまうのか!? 6月シリーズ、ハッスルのリングに“恐怖の使者”が降り立つ!