「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

まさかの不覚?
TAJIRIが前哨戦で棚橋と激突!!

2009年11月24日

11月23日(祝・月)、都内・後楽園ホールにて新日本プロレス『NEW JAPAN ALIVE』が行なわれ、ハッスルから参戦しているTAJIRIがタッグマッチで棚橋弘至と激突した。


12・5新日本プロレス愛知大会にて、一騎討ちを行なうTAJIRIと棚橋弘至。11・23後楽園大会では、その前哨戦として、12・5愛知大会で同じく一騎討ちを行なう田中将斗(ZERO1)、後藤洋央紀とそれぞれタッグを組み、激突した。

試合は、TAJIRI&田中がゴング前に奇襲攻撃を棚橋&後藤洋央紀に仕掛け、いきなり場外戦に。ところが、TAJIRIは逆に棚橋から鉄柱攻撃を受けてしまう。そして、リングに戻ってからは、一進一退の激しい攻防を展開が繰り広げられる。

中盤に入り、TAJIRIが棚橋を捕らえている間に、田中が後藤を場外に誘い出すと、テーブルクラッシュ、さらにはセコンド陣も加勢し、後藤を戦闘不能に陥らせる。すると、孤立した棚橋を田中が一気に攻め立て、TAJIRIがフォールを狙っていく。

これに対し、ローンバトルを強いられた棚橋はスキを狙って反撃に出るも、パートナーの後藤が場外でグロッキーとなっているためタッチできず。それでも孤軍奮闘でTAJIRI&田中を蹴散らした棚橋は、ようやくここで息を吹き返した後藤にタッチ。ここから、後藤が猛反撃に出ると、田中にジャーマンスープレックス、さらにはTAJIRIに牛殺しを炸裂させる!

ここで後藤からタッチを受けた棚橋は、TAJIRIにスリングブレイドを見舞うと、すぐさまコーナーに駆け上がり必殺ハイフライフローを発射! これをTAJIRIは返すことができず、前哨戦はなんと棚橋がTAJIRIからピンフォールを奪うという、まさかの結末に終わった。

しかし、試合はこれだけでは終わらない。試合後、リング上でマイクアピールをする棚橋を尻目に、なんとTAJIRIが本部席で観戦していた菅林直樹社長めがけてグリーンミストを発射! 前哨戦で敗れはしたものの、鬱憤を晴らす格好となったのだった。はたして、12・5新日本プロレス愛知大会で行なわれる因縁マッチの行方はいかに!?


▼11・23新日本プロレス『NEW JAPAN ALIVE』(後楽園ホール)

○棚橋弘至&後藤洋央紀
[17分44秒、ハイフライフロー→エビ固め]
×TAJIRI&田中将斗

関連人物:TAJIRI
関連リンク:新日本プロレスオフィシャルサイト