「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

「俺はこれからもハッスルするぞ!」
坂田亘、たったひとりでハッスル再始動を表明!!

2010年2月12日

2月12日(金)、都内・旧ハッスル道場跡地にて、坂田亘が緊急会見を開き、今春にハッスルを再始動させることを表明した。


昨年の10・10『ハッスル・ジハード2009』(両国国技館)を最後に約4ヶ月間、活動休止状態となっているハッスル。そんな中、“アイ・アム・ハッスラー”がついに沈黙を破った!

この日、都内にある旧ハッスル道場跡地で緊急会見が開かれ、会見には坂田亘が出席。会見冒頭、坂田は「みなさん、こんにちは。ご無沙汰しております」と集まった報道陣に挨拶をすると、「この数ヶ月、ファンの皆様には、大変なご心配とご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございません」と深々と頭を下げ、ファンに謝罪。そして、「ハッスルが活動休止になって以来、われわれにとっては暗いニュースばっかりだったと思うんですが、僕個人のことを言わせてもらえば、以前とまったく変わらず、まったくブレていません」と現在の心境を明かすと、「“今、ハッスルしないで、いつハッスルするんだ!?”ということで、俺とハッスルは、春先から動き出すことに決めました」と、今春のハッスル再始動を力強く表明した。

ついに沈黙を破った坂田の口から明かされた、ハッスル再始動の電撃表明。この直後に行なわれた報道陣による質疑応答では、「新団体の旗揚げか?」という問いに、坂田は「新団体ではない」とキッパリ否定すると、「あくまでもハッスル。俺がやることは、ハッスルだと思ってるし、具体的に言えば、ハッスルエンターテインメントはまだ潰れたわけではないし、生き残ってるわけだから。ただ、今も危機的状況であることに変わりはない。でも、このままの状況でいたら野垂れ死ぬだけなんで、簡単に言えば、生きる道を選ぶということかな」と、これまで通りハッスルエンターテインメントが運営する形でのハッスル再始動を明言した。

さらに、坂田は、再始動するハッスルの参戦選手が現時点で自分ひとりだけであることを明かすと、「とは、言っても、俺ひとりで試合することはできないんで、その辺は春にまでいろいろと詰めていかなくてはいけないし、やると言った以上、後には引けない。選手レベルで言えば、今ハッスルに関わることにリスクがあることは間違いないし、安易に声はかけられないけど、追々いいニュースをみなさんに提供できれば」と示唆。また、他団体への参戦や、新団体の旗揚げ等、既に別の道を歩み始めているハッスルの元所属選手に関して、坂田は「現実問題として、みんな生活があるわけでそこをとやかく言うつもりはない。これは批判でもなんでもなく、ハッスルへの気持ちだったり、愛だったりという部分では俺とは違ったのかな。だから、方々に散っていった選手には頑張ってもらいたい。ただ、それだけ」とエールを贈った。

その一方で、活動休止状態となる原因のひとつでもあった未払い問題について、坂田は「無責任な言い方ではなく、現実的に、ハッスルエンターテインメントという組織の中で、僕は役員に入ってるわけではなかったので、細かいところまで理解はできていません。とは言え、実際に迷惑をかけた業者の方々、もちろんファンの前売りチケットだったり、大会チケットに関する払い戻しはできていると確認しています。ただ、去年予定していた栃木大会の払い戻しで、送り先が不在のために一部こちらに戻ってきているものもあるので、このニュースを聞いて、心当たりがある人がいたら、責任を持ってちゃんとやっていきます」と、大会チケットの返金については誠心誠意の対応をしていくことを表明。さらに、坂田は「未払いに関して、法的なことで言えば、もちろんわれわれのトップであった山口日昇(ハッスル代表取締役)にも責任がわるわけで、そこに対しても無責任な対応をするつもりはまったくないです。彼とはコミュニケーションをしっかり取ってますし、僕的な言葉で言わせてもらえば、彼の首根っこは掴んでいるので、責任説明などについては然るべきタイミングでやらせます」と断言した。

「本当に生きるか死ぬかなんで、生きる道を選んだ。もちろん、死にたくはないし、“こんなところで終わってたまるか!”という気持ちもある」と、ハッスル再始動に向けて悲壮なる覚悟で臨むことを明かした坂田。現時点で、ハッスルが再始動する具体的な日程および開催場所は未定とのことだが、坂田は「俺が“春先には”と言った以上は、なんらかの形を見せないといけない」と決意を示すと、「今後もハッスルを続けていくことを決めました! 今後もよろしくお願いいたします!」と力強く宣言! そして最後に坂田は、春先の再始動に向け、「俺は今後もハッスルするぞ!」と入魂のハッスルポーズで会見を締めくくった。

愛し続けたハッスルと共に生き抜く覚悟を決めた坂田。ハッスルと坂田亘の本当の闘いが、今ここから始まる。

■『ハッスル・ツアー2009〜8.23 in TOCHIGI〜』チケット払い戻しに関するお問い合わせ先

株式会社ファーストオンステージ内ハッスル事務局
TEL.03-5730-3988
FAX.03-5730-3965