「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

ついに坂田がハッスルの再始動を正式に表明!!
「ボクの全人生と全人格を懸けて臨みます」
4・30『坂田“ハッスル”亘〜審判の日〜』の開催を発表!!

2010年3月26日

3月26日(金)、坂田亘が、都内・代官山の自身が経営する居酒屋『和風ダイニングわたる』にて記者会見を実施。4月30日(金)に後楽園ホールにて、『坂田“ハッスル”亘〜審判の日〜』を開催することを発表した。


ついにハッスルが再始動だ。2月12日に会見を開き、ハッスルの再開を宣言していた坂田。あれから約1ヵ月が経ち、「春先に再開する」との約束通り、現実に興行の開催を発表するまでに漕ぎ着けた。
坂田は、「ボク自身がハッスルを背負って、ハッスルの再興を掲げた以上、リングネームも坂田“ハッスル”亘に改名させていただきます」とリングネームの改名も発表。「ボクの全人生と全人格を懸けて臨みます」と、文字通りハッスルを背負って、再興に向けて一歩を踏み出す。
気になる中身に関してだが、現時点では具体的に発表できることはないとのこと。しかし、「今まで皆さんが観て、感じてきたハッスル。それを既存のハッスルとすると、それをマネしようとか、復活させようとかは考えていません」と、ファイティング・オペラ路線の継承はキッパリと否定。「それをぶち壊して、新しいハッスルを作らないと野垂れ死んでしまう。現時点でもビビってたじろぐことを考えています」と、生き残りを懸けて新たなハッスル創造に着手する。
料金設定も、裁判官シート:5,000円、陪審員シート:3,000円、傍聴席シート:2,000円と安めの設定。これに関して坂田は、「時代背景もありますけど、低価格を売りにしたいわけじゃありません。現時点では売り物はボクしかないですから、いろいろ考えてこの設定になりました」とのこと。もちろん、昨年起きた一連の興行キャンセル騒動に対するお詫びの気持ちもある。しかし、「それを大々的に言うつもりはないです」と坂田。「最終的にはファンの方に、『坂田はハッスルしてるな! 俺もハッスルしよう!』というふうに思ってもらいたい」と、低料金はあくまでもハッスルが生きているということを確認してもらうための手段の一つに過ぎないことを強調した。
参戦選手に関しては調整中とのことだが、「全ての人が暖かく迎えてくれるとは思っていません。厳しい状況であることは覚悟しています。選手や関係者の中にもよく思っていない人もいると思います」と現状は認識している。しかし、「この会見を通して、興味を持ってくれるなら、遠慮なく名乗り出てほしい」と、ハッスル縁の選手を含めて広く門戸を開く考えだ。また、ハッスルとは縁の浅くないZERO1の大谷晋二郎社長とも会談を持ち、協力を要請。大谷が参戦するかどうかはべつにして、興行への協力に関しては、「こころよく」という返事をもらったという。

一方で、活動休止の原因のひとつともなった選手や業者への未払い問題についてもコメント。「数万円や数十万円単位だったら、解消していたと思いますけど、そうではないですから。今回の再始動は返済に向けての第一歩でもあります」と、おざなりにするつもりはないようだ。
また、「新たなスポンサーを獲得できたのか?」との問いには、「現時点ではない」と告白。「目に見えないモノにはお金は出せないでしょう。こっちとしても、見てもらわないと要請もできない。でも、見切り発車ではないです。まずはハッスルが死んでないというところを見せないと。このまま野垂れ死んだら、今までお金を出してくれたスポンサーの方々にも顔向けできないですから」。坂田の今大会に対する思いは、「ハッスルが生きていることを確認してもらいたい」ということに尽きるようだ。
なお、この日はかつてハッスルで活躍していたTAJIRIらが参加するSMASHの旗揚げ戦の日でもある。しかし、坂田は「全然意識してないです」と、わざと会見をぶつけたことを否定。「チケット発売が4月1日なんで、いろいろ考えて今週しかない、と。一昨日思い付いただけですから、何の意図もないです。SMASHはSMASHで頑張ってもらいたいですね」と偶然であったことを強調している。
最後に、「ボクが生きていくことがメインストーリー。言葉では思い付かないけど、命を吹き込んでいく作業になると思います」と鼻息荒く語った坂田。ハッスルの四文字を背負い、そしてハッスルするため、坂田“ハッスル”亘は4月30日に後楽園のリングに立つ!

【大会開催概要】
■日時:平成22年4月30日(金) 午後7時(開場:午後6時15分)
■場所:後楽園ホール
■大会名:『坂田“ハッスル”亘〜審判の日〜』
■主催:ハッスル制作委員会
■入場券料金
・裁判官シート:5,000円
・陪審員シート:3,000円
・傍聴席シート:2,000円
■チケット発売日:4月1日(木)
■券売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード816-178) http://t.pia.jp/
〔ぴあ店頭販売、ファミリーマート、サンクス、サークルK各店〕
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:36182) http://l-tike.com/
〔ローソン各店〕
・e+(イープラス) http://eplus.jp/battle/(パソコン&携帯から)
・後楽園ホール 03-5800-9999
・闘魂SHOP 03-3511-9901
・チャンピオン 03-3221-6237
・BACKDROP 03-3255-8701
・書泉ブックマート 03-3294-0011

■お問い合わせ/電話予約 03-5730-3988 ハッスル制作委員会

関連人物:坂田亘