「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

モンスター軍がハッスル軍壊滅へ怒濤の10月攻勢!
10・16後楽園でダンプ、10・26栃木で鬼怒川三人衆を投入!!

2008年10月3日

10月3日(金)、都内・ハッスル道場で高田モンスター軍が記者会見を行ない、10・16『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜10.16 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)と10・26『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜10.26 in TOCHIGI〜』(宇都宮市清原体育館)の追加対戦カードを発表した。

再生する


先日の9.28『ハッスル・ツアー2008〜9.28 in NAGOYA〜』(愛知県体育館)では超大物・ダンプ松本を投入するなど、勢いに乗るモンスター軍。この日も10月シリーズの追加対戦カードを3試合発表し、ハッスル軍潰しの狼煙を高らかに上げた。

会見の冒頭では、司会役として登場した小路二等兵がいきなり、「進行を務めるのは、私。♪ヘーイヘイヘイ二等兵の小路二等兵です……」と恥ずかしげに一発ギャグを絡めた自己紹介を披露! どこかで聞いたことのあるフレーズだが、これはかつて、特命係長・島田工作員が二等兵時代に持ちネタにしていた一発ギャグだ。特命係長に昇進したために、持ちネタまでも小路二等兵に譲渡したということか? ところが、せっかく意を決して披露したものの、あまりにも思い切りの悪い歌いっぷりに、島田工作員からは、「おい! やる気あんのか!? もっと腕を振って!」とダメ出しされる始末だ。

そんな島田工作員も、目薬を差しながら、「記者会見に、島田工作員が…キターッ!!」と織田裕二のモノマネをする山本高広のネタを披露! しかも、ア然とする報道陣を尻目に、アン・ジョー司令長官に「どうですか、俺の新しいギャグは!」と得意げな顔をするから恐れ入る。当然、司令長官からは、「新しいって、パクリじゃないですか」ともっともなツッコミを入れられるのだが、ハイテンションの島田工作員はどこ吹く風だ。挙げ句の果てには、「特命係長になって、出世しているにもかかわらず記事の扱いが小さいんですよぉ! 俺が今後、ナベアツ級の男になっていくんだから、おまえらもっとゴマをするように!」と報道陣に無茶な要求をするなど、そのテンションの高さは天井知らずだ。

そして、その勢いで発表したのが、以下のカード。

▼10・16『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜10.16 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)決定対戦カード

ダンプ松本&小路二等兵
vs
KUSHIDA&\(^0^)/チエ


名古屋大会ではチエを蹂躙し、圧倒的な凶暴さを見せつけたダンプを再び投入! 「バカ女が私が連れてきたダンプ様に刃向かったので、後楽園ホールでダンプの姉御に若い奴らをまとめてやっつけてもらう!」と、一騎打ちを要求していたチエの意志を無視して、KUSHIDAもろとも後楽園ホールで葬る魂胆だ。

さらに島田工作員は「私のミッションである天龍(源一郎)潰しは完了したと言っていいでしょう」と天龍との抗争を勝手に終結宣言。そして、「俺に盾突いているどっかの田舎侍もどっかでやってやるってってって!」と、次なる標的として、越中詩郎に狙いを定めたのだった。

続いては、司令長官からの発表だ。司令長官が発表したカードは以下のタッグマッチ。

▼10・16『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜10.16 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)決定対戦カード

モンスター℃&ニセHG
vs
HG&RG


「後楽園では完全に人気で食われちゃっていますから、また再びHGに赤っ恥を掻かせてやりますよ! そして、いかに人気がないのかを思い知らせてや〜りますよ!」と、会場人気では一二を争うモンスター℃&ニセHGを投入し、HGを精神的に追い込む考えだ。特に掛け声合戦において、HGは毎回、モンスター℃に対して分が悪い。はたして、HGは後楽園でこの屈辱的な状況を打破できるのか?

さらに司令長官は『2008ハッスルGP』の決勝戦が行われる10・26栃木大会の追加対戦カードとして、以下のカードも発表!

▼10・26『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜10.26 in TOCHIGI〜』(後楽園ホール)決定対戦カード

鬼蜘蛛&ザ・モンスター℃&ザ・ピラニアン・モンスター
vs
HG&RG


今年の春先、川田利明とのシングルマッチを目指していたHGが、その川田からの刺客として対戦したのが鬼蜘蛛、ザ・モンスター℃、ザ・ピラニアン・モンスターの3人だ。彼らが、川田の出身地である栃木の名所・鬼怒川にちなみ、“鬼怒川三人衆”と呼ばれていたのは記憶にも新しい。司令長官は、ご当地・栃木でこの鬼怒川三人衆をHG潰しのために再度招集。「まあ、HGの背中にモンスター軍のマークが浮かんだりとか、いろいろストーリーは進んでいますが、そんなの終わらせてやりますよぉ!」と、HGをハンディキャップマッチで抹殺する腹積もりだ。

そして、ここで高田総統から携帯電話で呼び出された司令長官は、「あとは任せますよ!」と会見場から退場。すると、再び島田工作員が、「おい、小路二等兵! おまえ、切れ味悪いぞ! 本当にやる気あんのか!?」と、掴みのギャグが弱火だったり、カードの書かれたフリップを逆さまに提示したりと、司会役すら覚束ない小路二等兵を説教だ。と、ここで「お〜い! 何やってんだよぉ!」とけたたましい怒鳴り声が聞こえてくるではないか!

なんと、\(^0^)/チエがどこからともなく会見場に乱入! チエは、ダンプへの一騎打ちの要求を無視され、勝手に後楽園大会でタッグマッチを組まれたことに、「なんで、シングルじゃないの!?」と怒り心頭の様子だ。そして、小路二等兵に羽交い締めにされながらも、島田工作員の金的に蹴りを一撃! 「俺のミルコが……。俺のミルコが……」と悶絶する島田工作員を尻目に、チエは小路二等兵の股間も蹴り上げると、最後はトドメのスリーパーだ! そして、「この前の名古屋みたいにいかないからな! ダンプのババアにも言っとけよ!」と吐き捨て、会見場をあとにしたのだった。

「俺のミルコを……」と呻く島田工作員に対し、「わたくしのポニョが……」と顔をしかめる小路二等兵……。「ポニョじゃねえよ! 二等兵! 後楽園であんな小娘に負けたら許さねえぞ!」とサングラス越しに怒りの表情を見せた島田工作員は、「歯を食いしばれ!」と小路二等兵に気合いの張り手を食らわし、怪気炎を上げていた。

チエに出鼻をくじかれ、赤っ恥を掻かされた島田工作員が復讐に躍起になるのは必至。ダンプという巨大戦力を手にしたこともあり、モンスター軍のは10月攻勢はハッスル軍にとって、苛烈なものになりそうだ。

関連人物:アン・ジョー司令長官小路二等兵島田工作員
関連大会:ハッスル・ツアー2008〜10.16 in KORAKUEN〜
チケット情報はこちら