「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

インフォメーション

小路晃、リアルジャパン『BREAK OUT』タイトル奪取ならず


9月11日(金)、東京・後楽園ホールで行なわれたリアルジャパンプロレス『BREAK OUT』に参戦した小路晃は、アレクサンダー大塚が持つレジェンド王座に挑戦したが、惜しくも敗戦。自身初のタイトル奪取はならなかった。


【リアルジャパンプロレス『BREAK OUT』】
★9/11(金)東京・後楽園ホール
レジェンド選手権

◯アレクサンダー大塚(王者)
[13分48秒、ドラゴンスープレックスホールド]
×小路晃(挑戦者)


初代タイガーマスクのライバルだった“虎ハンター”小林邦昭さんが認定証を読み上げ、行われたレジェンド選手権。自身初のタイトル挑戦となる小路に対して、王者・大塚はゴング直後から先制攻撃を仕掛けるも、小路は一歩も引かずに応戦する。
中盤以降、小路は払い腰3連発&ラリアットを大塚に叩き込むも、カウント3ならず。逆に、大塚はコーナーポストに登った小路を捕獲すると、強烈なヘッドバッドから雪崩式ブレーンバスターへと繋いで反撃に出る。
これに対し、大塚の猛攻を受けながらも粘りを見せる小路だったが、最後は大塚のドラゴンスープレックスホールドに沈み、カウント3。小路は惜しく敗れ、自身初のタイトル奪取はならなかった。

インフォメーション一覧