「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

M軍の度重なる侮辱行為に、泰葉サイドが大激怒!
まさかの公開練習中止で、泰葉のマニア出場は白紙撤回か!?

2008年12月18日

12月18日(木)、都内・ハッスル道場にて、12・30『KYORAKU presents ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)に出場する泰葉が公開練習を敢行……と思いきや、高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官&小路二等兵の乱入で思わぬ事態に!

再生する


当初の予定では、9日の『ハッスル・マニア2008』参戦会見以降、試合に向けて猛特訓を積んできた泰葉が、公開練習を行なうはずだった。もちろん、泰葉本人も、この日集まった大勢の報道陣を前に、猛特訓の成果をアピールしようと気合十分だったに違いない。ところが、公開練習直前になって、高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官&小路二等兵が乱入! アンはさっそく、17日に高田総統から発表された対戦相手候補の名前を読み上げながら、「水かけババア……ユーのことデース! 死ね死ねメールマン……ユーのことデース!」と、泰葉に対して侮辱行為を繰り返すと、ここで思わぬ事態が起こってしまう。

アンから侮辱されて、「高田モンスター軍! 私をバカにするのもいい加減にしろ!」と怒りをあらわにする泰葉。ところが、泰葉以上の怒りをアンにぶつけてきたのは、なんと泰葉のマネージャーだ! 「ちょっといい加減にしてくださいよ! 話が全然違いますよ!! こんな状態だったら、泰葉を『ハッスル・マニア』に出場させません!!」と、アンに猛抗議をするマネージャーに対し、すかさず「は? いいデスカ! ここに並んでいるのは、すべて過去の自分デスヨ。その過去の自分にしっかりと向き合えないで、何が生まれ変わりたいデスカ! そんな奴はリングの上で絶対に歌わせないからな!!」と、一喝するアン。

この緊迫した空気を打破すべく、「私は歌いたいんだ! こんなもの!!」と、アンが手にしていたボードを蹴り上げた泰葉だったが、ここでついにマネージャーが、「すみません、これ以上、侮辱するのであれば、会見は終わりです。これで帰らせていただきます!」とアンに告げると、行われる予定だった公開練習を急遽ストップ! この裁定に対して、「なんで!? 私から試合と歌を奪うな!」とリングから降りようとしない泰葉だったが、マネージャーは泰葉を強引に引き上げさせてしまったのだった。

公開練習中止という、まったく予期せぬ事態に、「都合が悪くなったら、すぐに逃げ出す。これが、あの女のやり方デスヨ!」と、呆れ果てるアン。さらに、公開練習の模様を生中継で全国のお茶の間に伝えようとしていた芸能レポーターたちも、「これは一体、どうなってるんだ!?」とざわめくなど、一転して道場が殺伐とした雰囲気となる。するとここで、泰葉のマネージャーがふたたび登場し、報道陣に対して事情説明を行なった。
「前日、ハッスルさんからいただきました対戦相手に関するリリースについて、ハッスルさんとの信用関係を元に成り立ってたこの試合なんですが、リリースの内容自体が事務所側としては誠に遺憾であります。そもそも、歌を歌うという体裁で、今回の出場を決意させていただいたんですけど、歌うんぬんよりも、ハッスルさん側からのこういった態度を受けた以上は、事務所側としても出場辞退を検討させていただければと考えています」

度重なるモンスター軍の侮辱行為に対して、遺憾の意を表明した泰葉サイドは、さらになんと泰葉の12・30『ハッスル・マニア2008』出場の白紙撤回を示唆! この後、興奮が収まり、スーツに着替えて報道陣の前に現われた泰葉は、「私は試合をしたいです! 絶対に歌いたいです!!」と、事務所側の意向に反して出場への意欲を燃やすと、報道陣のリクエストに応えて得意技である“思い切りやるキック”を披露したのだが、はたして……!?

なお、この緊急事態を受け、主催側であるハッスルエンターテインメントは、ただちに泰葉サイドと泰葉参戦に向けての協議を行なう予定とのこと。泰葉本人はやる気満々なのに、事態は思わぬ方向へ突入! はたして、泰葉はマニアのリングに立つことができるのか!?

関連大会:ハッスル・マニア 2008
関連ニュース:いよいよ18日、泰葉が公開練習を敢行! さらに、泰葉の対戦相手もその場で発表か!?
関連ニュース:昨日の泰葉〜Road To HUSTLE MANIA2008〜
関連ニュース:泰葉、本格始動!
関連ニュース:「殴って、ボコボコにしたことがあります」 泰葉会見および、山口代表の囲み会見の模様をお届け!!
チケット情報はこちら