「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

坂田が靖国神社でハッスル再始動をPR!
さらに越中の4・30後楽園大会参戦が決定!

2010年4月11日

4月11日(日)、東京・靖国神社相撲場で開催されたZERO1『大和神州ちから祭り』の休憩前に坂田“ハッスル”亘が挨拶を行い、4・30『坂田“ハッスル”亘〜審判の日〜』(後楽園ホール)の開催をPR。さらに、坂田はこの日のセミファイナルに出場した越中詩郎に4・30後楽園大会の参戦を直談判し、越中の参戦が決定となった。


この日、東京・靖国神社相撲場で開催されたZERO1『大和神州ちから祭り』の休憩前に登場した坂田“ハッスル”亘は、開口一番「みなさん、ハッスルしてますかーっ!」と観客に呼びかけ、集まった大勢の観客もこれを大歓声で応えると、坂田は「わたくし、坂田亘改め坂田“ハッスル”亘でございます!」と力強く挨拶。続けて、坂田は「来る4月30日、後楽園ホールにて、ハッスルを再興するためにイベントを行うことになりました。そして、大谷社長を始め、ZERO1のみなさまにも全面的にご協力をいただくことになりました。そのご好意と熱意に負けないよう、私自身、全身全霊でハッスルいたしますので、どうか4月30日は後楽園にぜひご来場ください!」と、、4・30『坂田“ハッスル”亘〜審判の日〜』(後楽園ホール)の開催をPRし、ファンの前ではひさびさとなるハッスルポーズでその決意をアピールした。

さらに、坂田はこの日のセミファイナルに出場した“侍”越中詩郎に対し、試合後のリング上で「越中さん! まだハッスルは潰れてないですよ! 4月30日、もう一度、俺と一緒にハッスルしてみませんか!!」と4・30後楽園大会の参戦を直談判! すると、越中は坂田からの参戦オファーに対して、「坂田! 4月30日、出陣だな! よっしゃ、俺が行ってやるぞ、こら!!」と参戦表明し、越中の4・30後楽園大会の参戦が決定した。

また、坂田の挨拶の後に行われた囲み会見には、坂田と共に山口日昇ハッスル代表も出席。坂田は、「前回、前々回の会見でも言いましたが、ついに山口日昇を引っ張ってきました!」と集まった報道陣に笑顔でアピールすると、「ネガティブな話題ばかりで逃げ回ってるように思われていたかもしれないですけど、そうではなく、いろいろ整備するのに時間がかかりまして、まだ全面的にイベントに関わることはできないのですが、今日はみなさんの前でご挨拶させていただきます」と山口代表の近況を説明。これを受けて山口代表は、「みなさん、ご無沙汰しております。ハッスルエンターテインメントの山口です」と挨拶すると、「まずはこの場をお借りしまして、去年10月以降にイベントを中止にしたこと、それからご心配をおかけしたファン、関係者の皆様、そしてスタッフの皆様にお詫び申し上げます」と、深々と頭を下げて謝罪。続けて、山口代表は「先ほど、坂田選手からご説明があった通り、私も水面下でハッスル再興に向けて動いていました。一部では、雲隠れしたとか、行方不明になっているという噂ものぼりましたけど、決してそんなことはなく、もちろん選手の一部に未払いがあったり、債権者の方々に未払いがあったりというのは事実なのですが、ひとつひとつ頭を下げてご理解をいただきながら、ハッスルの再興に向けて4月30日、『坂田“ハッスル”亘〜審判の日』というイベントを行います。ハッスルエンターテインメントはまだ潰れたわけではありませんし、これからイベントを正式に打てるように動いている最中です」と近況を報告。さらに、「今度の4月30日の大会はハッスルエンターテインメント主催という形ではないんですけど、ハッスルエンターテインメントでもう一度、グレードアップしたハッスルをお見せできるよう、しばらくは坂田亘に頑張ってもらい、イベントを続けていこうと思います。坂田選手からの説明にもあった通り、私はイベントを後ろから個人的に支える形になってしまうんですが、どれくらい時間がかかっても地盤を整備して、ご迷惑をおかけした関係者の方々、ファンの方々にお詫びをしながら。そして、新しいハッスルを見せられるように前向きにやっていきたいと思います」と意気込みを語った。

そして、ハッスルの今後について山口代表は、「ハッスルエンターテインメントは皆様もご存知かと思うのですが、本当に倒れるか倒れないかの瀬戸際であることは間違いないんですけど、事実まだ潰れたわけではありませんので、きちんと未払いのことも含めて整備していきながら、会社として体力を付け直していきたいと思います。その体力を付け直す間までは、ハッスル制作委員会でイベントを打っていく形になると思います」とコメント。さらに、山口代表は「まだ正式発表はしていないのですが、5月も後楽園ホールを押さえております。5月30日です。正直、今の体力の中で後楽園ホールというのは、われわれにとっても大会場ですが、ただ、ハッスルも後楽園ホールにはゆかりがありますし、去年の10〜12月の大会を中止しているということもあって、もう一度、あの後楽園ホールの熱気を戻すことが先決だと思います。無謀な挑戦と言われようと必ずやり遂げます」とハッスル再始動第2弾大会となる5・30後楽園大会の開催を示唆した。

また報道陣からハッスルの方向性についての質問が飛ぶと、山口代表は「まあ、“新しい”というのも使い古された言葉なんで、何が新しいのかは具体的に答えにくいのですが、今までの完全ファンタジー路線ではなく、坂田亘の生き様を表現していく舞台になると思います」とコメント。そして、4・30後楽園大会に関しては「今度の大会も『坂田“ハッスル”亘〜審判の日〜』という大会名をつけさせていただいたんですけど、5000円、3000円、2000円とわれわれの気持ちも含めてチケットを低めに設定してですね、ファンのみなさんに坂田亘がハッスルを背負っていける人物なのかどうか、器なのかをジャッジしてもらうと。われわれもひじょうに怖い部分もあるんですが、そこでハッスルが存続していけるかどうかファンにジャッジメントしてもらいたいと思っています。われわれにとっても真剣勝負の場になっているので」と、ハッスルが従来から打ち出していたファン参加型のカラーをより濃くしたイベントになることをアピールした。

最後に坂田は、「今日を持って、僕の口からはネガティブな話題は出したくないですね。前の会見でも言ったように、イベントを打つことによってご迷惑をおかけした方々にお詫びを申し上げながら、みんなで上にあがっていきたいので、今後、僕の口からは極力発言しませんし、ファンのみなさんもいい加減聞き飽きていると思うので、やっぱり楽しく前向きなハッスルを見ていただきたい」と、4・30後楽園大会に向けて前進し続けていくことを誓った。

ハッスルのリングで共に闘ってきた同志である越中の参戦も決定し、徐々に形が見え始めてきた4・30『坂田“ハッスル”亘〜審判の日〜』(後楽園ホール)。次なる参戦選手は一体誰なのか!? ハッスルし続ける坂田の動向から目が離せない!!

【大会開催概要】
■日時:平成22年4月30日(金) 午後7時(開場:午後6時15分)
■場所:後楽園ホール
■大会名:『坂田“ハッスル”亘〜審判の日〜』
■主催:ハッスル制作委員会
■入場券料金
・裁判官シート:5,000円
・陪審員シート:3,000円
・傍聴席シート:2,000円
■券売所
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード816-178) http://t.pia.jp/
〔ぴあ店頭販売、ファミリーマート、サンクス、サークルK各店〕
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:36182) http://l-tike.com/
〔ローソン各店〕
・e+(イープラス) http://eplus.jp/battle/(パソコン&携帯から)
・後楽園ホール 03-5800-9999
・闘魂SHOP 03-3511-9901
・チャンピオン 03-3221-6237
・BACKDROP 03-3255-8701
・書泉ブックマート 03-3294-0011

■お問い合わせ/電話予約 03-5730-3988 ハッスル制作委員会

関連人物:坂田亘
関連ニュース:「とにかく『ハッスル』を不動の物にする。それが俺の使命」坂田“ハッスル”亘インタビュー
関連ニュース:ついに坂田がハッスルの再始動を正式に表明!! 「ボクの全人生と全人格を懸けて臨みます」 4・30『坂田“ハ ・・・
関連ニュース:「俺は絶対に『ハッスル』をやり通す!」坂田亘インタビュー
関連ニュース:「俺はこれからもハッスルするぞ!」 坂田亘、たったひとりでハッスル再始動を表明!!